教員の活躍

教員の活躍

第17回建築史学会賞受賞

建築家とは、建築士とは何か? 建築士法の本質に迫る著書が建築史学会賞を受賞 この度、建築学科の速水清孝准教授の著書『建築家と建築士―法と住宅をめぐる百年』(東京大学出版会、2011年)が、第17回建築史学会賞に輝きました […]

教員の活躍

日本機械学会生産システム部門優秀講演論文表彰

ロハスな住環境をコンピュータで再現する見える化 システムの研究が優秀講演論文表彰に  この度、一般社団法人日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2012において、機械工学科遠藤央助教の講演が優秀講演論文表彰に選ばれま […]

教員の活躍

触れるだけで測れる世界初の血圧計を開発

世界中を驚かせた発明がこれだ! 触れるだけで測れる血圧計  本学部電気電子工学科の尾股定夫教授は、指先で触れるだけで血圧が測れる世界初の血圧計を開発することに成功しました。血流を圧迫する必要がないため、運動時の測定、高齢 […]

教員の活躍

2012グッドデザイン賞金賞受賞

福島の木造仮設住宅がグッドデザイン賞金賞受賞!!  建築学科浦部智義准教授及び建築計画研究室と福島県内を中心とする企業が協働で計画・設計・建設した木造仮設住宅が、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞 […]

教員の活躍

グラフィカルシステム開発コンテスト2012最優秀賞受賞

医療機器・多機能超音波凝固切開装置の開発に向けた 圧電超音波振動測定・制御システム  ナショナルインスツルメンツ(NI)製のソフトウェア・ハードウェアを使用したアプリケーションを、技術、コスト、革新性等の面から審査するグ […]

教員の活躍

JST戦略的創造研究推進事業「さきがけ」に採択

次世代バイオ燃料に役立つ酵素複合体の開発をめざす  国が定めた方針に基づいて、独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運営する戦略的創造研究推進事業「さきがけ」24年度新規研究課題に、本学部生命応用化学科 平野展孝准教授 […]

教員の活躍

2011年度日本機械学会賞受賞

快挙!!2011年度日本機械学会賞3部門で受賞 平成24年4月21日(土)、2011年度日本機械学会賞の授賞式が行われ、本学部の「ロハス工学とロハスの家」(機械工学科加藤康司教授・同橋本純教授・同伊藤耕祐准教授・建築学科 […]

教員の活躍

最先端・次世代研究開発支援プログラム

地球温暖化を防止するためにCO₂吸収の新技術開発に挑む 将来、世界の科学・技術をリードすることが期待される若手、女性、地域の研究者への研究支援及び「新成長戦略」に掲げられたグリーン・イノベーション、ライフ・イノベーション […]

教員の活躍

2011年度光化学協会賞受賞

世界最先端の研究「人工光合成」の技術開発に貢献  この度、日本大学工学部生命応用化学科の加藤隆二教授が2011年光化学協会賞を受賞しました。光化学協会とは、光化学、光技術領域の基盤研究から幅広い応用技術を担う専門家集団お […]