教員の活躍

教員の活躍

第34回東北建築作品賞受賞

『「地形舞台」-中山間地過疎地域に寄り添う集落づくり拠点-』が東北建築賞作品賞に輝く 建築学科浦部智義准教授と浦部研究室が計画・設計に携わったプロジェクト『「地形舞台」-中山間地過疎地域に寄り添う集落づくり拠点-』が、一 […]

教員の活躍

第61回日本金属学会論文賞受賞

論文賞受賞は研究水準の高さが認められた証しさらに 独自の試験法確立と次世代材料開発を目指して  総合教育の藤原雅美教授(写真右)と高木秀有専任講師(同左)等が発表した論文「押込み試験とモデリングによるベキ乗則材料の単軸ク […]

教員の活躍

本学部電気電子工学科の酒谷教授が資生堂と共同でストレス状態を判定する小型診断システムを開発

最先端の医工連携によるアプローチで人々を健康にする医療システム開発に挑む  この度、電気電子工学科の酒谷薫教授は、大手化粧品メーカーの資生堂と共同で、ストレス状態を判定する小型診断システムを開発しました。 医学博士であり […]

教員の活躍

日本設計工学会優秀発表賞受賞

肩こり・触診治療効果計測装置の開発研究が高く評価され日本設計工学会優秀発表賞を受賞 公益社団法人日本設計工学会2012年秋季研究発表講演会において、機械工学科長尾光雄准教授が発表した論文が優秀発表賞に選ばれ、2013年春 […]

教員の活躍

2012年度日本雪工学会学術賞受賞

路面温度予測モデル構築の研究論文が学術賞に輝く 土木工学科堀井雅史教授が、6月24日に福井大学教育地域科学部で開催された2013年度日本雪工学会総会において、2012年度日本雪工学会学術賞を受賞しました。この賞は、最近5 […]

教員の活躍

総合教育の植竹大輔准教授が著書を出版

アメリカの実像に迫る学術論文をまとめた著書が話題に  比較文化論を研究テーマに、文学を映画や絵画などの表現芸術と比較して、作品のテーマを明確にする研究に取り組んでいる総合教育の植竹大輔准教授。この度、これまでに発表した1 […]