情報工学科・情報工学専攻

Department of Computer Science
Computer Science Course

情報工学科の概要

教育内容、カリキュラムなど情報工学科の特色がわかります。

情報工学専攻の概要

大学院での学びの特色や研究分野について紹介します。

研究室紹介

各研究室のスタッフや研究内容について紹介します。

就職・資格

情報工学科・専攻の就職データや取得できる資格です。

NEWS

情報工学専攻を修了した澁谷拡世さんが2021年度精密工学会春季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞を受賞

橋梁点検を支援する情報技術開発の研究が高く評価される 3月16日(火)から22日(月)に公益社団法人精密工学会主催『2021年度精密工学会春季大会学術講演会』が行われ、当時情報工学専攻2年だった澁谷拡世さん(生産システム […]

情報工学専攻2年江澤一煕さんが日本写真測量学会学術講演会論文賞を受賞しました

AIによる広葉樹の樹種判別の研究成果が 若手研究者の発表の中で高く評価される 11月5日(木)・6日(金)に一般社団法人日本写真測量学会令和2年度秋季学術講演会が行われ、情報工学専攻2年の江澤一煕さん(生産システム工学研 […]

令和3年度日本大学工学部情報工学科教員募集について(9/25締切)

標記のことについて、下記PDFの内容のとおり募集します。 日本大学工学部 情報工学科 教員公募

情報工学科の源田浩一教授が電子情報通信学会フェロー称号を贈呈されました

通信業界にインパクトを与えた革新的な技術が 高く評価される  情報工学科の源田浩一教授は、学問・技術面における先駆的な研究による学会への貢献等が評価され、一般社団法人電子情報通信学会より平成30年度フェロー称号を贈呈され […]

記事一覧

情報工学科の教育目的

情報社会の基盤づくりに貢献できる技術者となるために、自然科学の知識を基礎として、プログラミング、ネットワーク、計算機システム、情報処理などの基礎技術を修得し、問題を論理的に分析し目標の実現を図る論理的思考能力と実務処理能力を身につけ、他者との的確なコミュニケーション能力を有する人材を養成します。

情報工学専攻の教育目的

博士前期課程

情報システムと情報処理に関する先進的な教育・研究を通じて、論理的に物事を考える習慣をつけると共に、他者との的確なコミュニケーションを図りながら、問題を正しく認識し、その解決に向けて努力することができる技術者を育成する。また、情報技術者としての責任と義務を自覚し、高度な情報システムを扱うことができ、もって、人類社会並びに情報工学とその周辺技術の発展に貢献できることを目的とする。

博士後期課程

情報システムと情報処理に関する先進的な教育・研究を通じて、論理的に物事を考える習慣をつけると共に、他者との的確なコミュニケーションを図りながら、問題の本質をとらえ、その解決に向けて努力することができる自立した研究者を育成する。また、情報技術者としての責任と義務を自覚し、高度な情報システムを開発することができ、もって、人類社会並びに情報工学とその周辺技術の発展に貢献できることを目的とする。