土木工学科

教員の活躍

『ロハスの花壇を活用した環境教育活動が21世紀の下水道のコンセプトの理解を促す広報活動として認められる』

郡山市上下水道局、郡山市ふれあい科学館と日本大学工学部の3者で開催した「謎解き☆きれいな水へのかえりみち バスツアー」(令和元年10月5日開催)が、令和2年度(第13回)国土交通大臣賞 循環のみち下水道賞 (広報・教育部 […]

報告

土木工学科構造・道路工学研究室が土木学会建設マネジメント委員会グッド・プラクティス賞を受賞

『住民主導型橋梁セルフメンテナンスモデルの構築と実践』が建設マネジメントの発展への貢献が認められる  8月3日(月)、公益社団法人土木学会建設マネジメント委員会において『2020年度 建設マネジメント委員会 研究成果発表 […]

教員の活躍

土木学会『土木広報大賞2019』優秀部門賞及び福島民報社『ふくしま産業賞学生金賞』など3つの賞を受賞

地域に根ざした『橋のセルフメンテナンスふくしまモデル』が様々な視点から高く評価される 土木工学科『構造・道路工学研究室(元コンクリート工学研究室:岩城一郎教授)』では、これまで住民との協働による道づくりや橋のメンテナンス […]

土木工学科

平成30年度土木学会東北支部技術研究発表会でロハスの花壇に関する研究成果が技術開発賞に選出されました。

 平成30年度土木学会東北支部技術研究発表会(平成31年3月2日)において発表したロハスの花壇に関する研究成果が技術開発賞(418件の発表論文中4件が受賞)に選出され、令和元年5月17日に開催された土木学会東北支部総会に […]

土木工学科

大学院工学研究科土木工学専攻博士前期課程1年生の横手亮太さんが、日本水処理生物学会第55回大会においてベストプレゼンテーション賞を受賞しました

2018年11月2-4日に日本大学工学部キャンパスで開催された日本水処理生物学会第55回大会において,「洗浄水自浄型トイレの水質浄化特性、衛生性及び快適性の評価」の演題で口頭発表した横手亮太が,ベストプレゼンテーション賞 […]

クローズアップ工学部

第2回インフラメンテナンス大賞において国土交通大臣賞を受賞しました

橋のセルフメンテナンスふくしまモデルが 国から高く評価される この度、土木工学科コンクリート工学研究室が取り組んでいるプロジェクト『みんなで守ろう。「橋のセルフメンテナンスふくしまモデル」の構築と実践』が、第2回インフラ […]