学部・学科の3つの方針

学部・学科の3つの方針

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

工学部工学研究科

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

工学部工学研究科

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

工学部工学研究科

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

工学部

日本大学工学部は、日本大学教育憲章に基づき、「日本大学の目的及び使命」を理解し、次表に示す「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」、「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力に基づく本学部における能力を修得した者に、「学士(工学)」の学位を授与する。

日本大学教育憲章 (「自主創造」の3つの構成要素及びその能力)
構成要素(コンピテンス) 能力(コンピテンシー)
豊かな知識・教養に基づく高い 倫理観 豊かな知識・教養を基に倫理 観を高めることができる。
世界の現状を理解し、説明する力 世界情勢を理解し、国際社会 が直面している問題を説明することができる。
論理的・批判的 思考力 得られる情報を基に論理的な思考、批判的な思考をすることができる。
問題発見・ 解決力 事象を注意深く観察して問題 を発見し、解決策を提案することができる。
挑戦力 あきらめない気持ちで新しいことに果敢に挑戦することができる。
コミュニケー ション力 他者の意見を聴いて理解し、 自分の考えを伝えることができる。
リーダーシップ・ 協働力  集団のなかで連携しながら、 協働者の力を引き出し、その活躍を支援することができる。
省察力 謙虚に自己を見つめ、振り返りを通じて自己を高めることができる。
卒業の認定に関する方針
構成要素(コンピテンス) 能力(コンピテンシー)
豊かな知識・教養に基づく高い 倫理観 工学技術が社会と環境に及ぼす影響を理解し、幅広い知識・教養に基づく高い倫理観を涵養することができる。
世界の現状を理解し、説明する力 グローバル化する社会における工学技術者として、多文化や異文化に関する知識や国際社会が直面している問題を理解し説明することができる。
論理的・批判的 思考力 体系化された継続的な学修により工学の基礎力を身につけ、工学技術者として論理的、批判的な思考をすることができる。
問題発見・ 解決力 工学の基礎力に基づいて、自ら問題を発見し考察できる発想力と分析力を持ち、問題の解決策を提案できる。
挑戦力 地球環境の保全や健康的な生活に工学の立場から寄与し、持続可能な社会の実現のために、あきらめない気持ちを持って果敢に挑戦することができる。
コミュニケー ション力 社会性を持つ工学技術者として、常に他者の意見に耳を傾け、自らの意見を相手に伝えることができる。
リーダーシップ・ 協働力  工学技術者の立場から他者との協働を通して、リーダーとして他者の力を引き出し、その活躍を支援することができる。
省察力 自己を見つめ、自らの言動を謙虚に振り返り、工学技術者として自己を高めることができる。

土木工学科

土木工学科では、「日本大学教育憲章」、本学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシー、並びに土木工学科の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」に基づく教育課程において、規定の在籍期間で以下に定める各項目を満たした学生に対して、学士(工学)の学位を授与します。

  • 社会基盤や環境の保全と防災力向上、資源の循環といった社会の要請に応える専門技術者として、豊かな教養、自然科学及び情報処理に関する基礎を養った上で、土木工学に関する基礎的な知識を有する。
  • 高い倫理観と国際的な視野に立ち、国際社会や地域社会における多様な価値観の中で、自然との共生を図りつつ、健全で持続可能な社会システムのあり方について考えることのできる能力を有する。
  • 人間性豊かな技術者として、自主的かつ継続的に物事を考え、行動すると共に、他者とのコミュニケーションや協働を通して、総合的に課題を解決できる能力を有する。
  • 社会基盤の整備に実践的に従事できる技術者として、土木工学分野で求められるものづくりに対する基礎技術・技能を養い、多様な資格取得を目指すことのできる能力を有する。

建築学科

建築学科では、「日本大学教育憲章」、本学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシー、並びに建築学科の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」に基づく教育課程において、規定の在籍期間で以下に定める各項目を満たした学生に対して、学士(工学)の学位を授与します。

  • 建築学に関する幅広い知識と、 専門性の高い「計画・設計」、「構造・材料」、「環境・設備」の知識を有する。
  • 持続可能な社会の実現のために地球環境の保全や健康的な生活に建築学の立場から寄与できる能力を有する。
  • 自らの専門分野で倫理観や責任感を持ち、幅広い教養と知識を活用して、自主的に実践できる能力を有する。
  • グローバル化を意識しながら、建築を通して幅広く社会に貢献できる能力を有する。

機械工学科

機械工学科では、「日本大学教育憲章」、本学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシー、並びに機械工学科の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」に基づく教育課程において、規定の在籍期間で以下に定める各項目を満たした学生に対して、学士(工学)の学位を授与します。

  • 機械エンジニアとしての基本的な能力を有する。
  • 機械と人間、社会及び自然との関係を深く理解し、地球環境保護、資源再利用などの課題に挑戦できる基本的な能力を有する。
  • 健康で持続可能な暮らしのために、「ロハスの機械」に関する知識を養い、工学の立場から寄与できる基本的な能力を有する。

電気電子工学科

電気電子工学科では、「日本大学教育憲章」、本学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシー、並びに電気電子工学科の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」に基づく教育課程において、規定の在籍期間で以下に定める各項目を満たした学生に対して、学士(工学)の学位を授与します。

  • 情報通信・電気・電子の各分野における専門知識や技術を体系的に理解していると共に、応用・実践できる能力を有する。また、この分野の理解に必要な自然科学科目と基礎的な情報技術が活用できる能力を有する。
  • 国際的な視野に立って活躍するために必要なコミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力を有し、グローバル化する社会の一員として国際社会への貢献を実践し得る能力を有する。
  • 実社会における異なる専門分野の技術者集団の中で、協調と円滑な課題遂行のためのチームワーク力が発揮でき、自己のもつ専門性を発揮することができる能力を有する。
  • 社会人として倫理観をもち、情報通信及び電気電子技術に関わる社会環境の変化の新たな課題を自主的かつ継続的に解決することができ、第一線で活躍できる能力を有する。
  • 修得した知識・技能を活用し、持続可能な社会の実現のため、地球環境、エネルギー、健康・生活に関して電気電子工学の立場にたって考え、さらに応用できる能力を有する。

生命応用化学科

生命応用化学科では、「日本大学教育憲章」、本学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシー、並びに生命応用化学科の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」に基づく教育課程において、規定の在籍期間で以下に定める各項目を満たした学生に対して、学士(工学)の学位を授与します。

  • 工学の基礎力及び実験を通して、自主的に考察し判断できる発想力と解析力を持ち、他者との協働を通じて課題を解決する能力を有する。
  • 持続型社会の実現のため地球環境の保護や健康的な生活に工学の立場から寄与しようとする意欲と行動力及び継続的な学習能力を有する。
  • 応用化学、環境化学及び生命化学における体系的な工学の基礎力を有する。
  • 化学技術が社会と環境に及ぼす影響と、多文化や異文化に関する知識や国際社会が直面している問題を理解し、グローバル化する知識基盤社会の一員としての自覚を持てる幅広い教養と高い倫理観を有する。
  • 社会性をもつ化学技術者として、常に他者の意見に耳を傾け、自らの意見を相手に伝えることができるコミュニケーション力と、自己を見つめ、自らの言動を謙虚に振り返ることができる自己分析力を有する。

情報工学科

情報工学科では、「日本大学教育憲章」、本学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシー、並びに情報工学科の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」に基づく教育課程において、規定の在籍期間で以下に定める各項目を満たした学生に対して、学士(工学)の学位を授与します。

  • 社会や自分の将来について考えるための知識と能力を有する。
  • 工学系専門知識を修得するために必要となる基礎知識と応用能力を有する。
  • 情報系技術者としての倫理と職業観を有する。
  • 情報系技術者として必要な専門知識と応用能力を有する。
  • 課題を解決するために必要な論理的思考力及び実務処理能力を有する。
  • 職務を遂行するために必要なコミュニケーション能力を有する。

工学研究科

<博士前期課程>

日本大学大学院工学研究科は、本学の教育理念である「自主創造」に基づき、本研究科が定めた各専攻の教育課程を修め、最終審査に合格した者に修士の学位を授与します。

博士前期課程 土木工学専攻

本研究科が定めたディプロマ・ポリシーに基づき、土木工学専攻における地盤・構造・防災分野、環境分野、地域・都市計画分野の教育課程を所定の在学年数内において修め、最終試験及び修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与する。

博士前期課程 建築学専攻

本研究科が定めたディプロマ・ポリシーに基づき、建築学専攻の建築材料学、建築・都市計画、建築環境設備、建築構造学、建築歴史意匠などの教育課程を所定の在学年数内において修め、最終試験及び修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与する。

博士前期課程 機械工学専攻

本研究科が定めたディプロマ・ポリシーに基づき、機械工学専攻の教育課程を所定の在学年数内において修め、最終試験及びシステムダイナミックス系、エネルギーシステム系、システムインテグレーション系の3つの系から決定した研究テーマにおける修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与する。

博士前期課程 電気電子工学専攻

本研究科が定めたディプロマ・ポリシーに基づき、電気電子工学専攻における電気エネルギー、電気電子材料、情報通信、波動工学、及び医用工学の各分野の教育課程を所定の在学年数内において修め、最終試験及び修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与する。

博士前期課程 生命応用化学専攻

本研究科が定めたディプロマ・ポリシーに基づき、生命応用化学専攻の教育課程を所定の在学年数内において修め、化学技術を用い、健康で持続可能な社会を作るため、自主的に行動し、継続的な学修能力を有することができ、最終試験及び修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与する。

博士前期課程 情報工学専攻

本研究科が定めたディプロマ・ポリシーに基づき、情報工学専攻におけるハードウェア、ソフトウェア、システム、情報応用分野の教育課程を所定の在学年数内において修め、最終試験及び修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与する。

<博士後期課程>

日本大学大学院工学研究科は、本学の教育理念である「自主創造」に基づき、研究成果を論文としてまとめた「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与します。

博士後期課程 土木工学専攻

本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、土木工学の地盤・構造・防災分野、環境分野、地域・都市計画分野に関する「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与する。

博士後期課程 建築学専攻

本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、建築材料学、建築・都市計画、建築環境設備、建築構造学、建築歴史意匠に関する「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与する。

博士後期課程 機械工学専攻

本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、機械工学に関するシステムダイナミックス系、エネルギーシステム系、システムインテグレーション系の3つの系から決定した研究テーマにおける「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与する。

博士後期課程 電気電子工学専攻

本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、電気エネルギー、電気電子材料、情報通信、波動工学、又は医用工学分野の研究成果をまとめた電気電子工学に関する「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与する。

博士後期課程 生命応用化学専攻

本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、化学技術が社会と環境に及ぼす影響を理解できる高い倫理観をもち、健康で持続可能な社会を作るため、自主的に行動できる能力を有し、生命応用化学に関する「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与する。

博士後期課程 情報工学専攻

本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、情報工学に関するハードウェア、ソフトウェア、システム、情報応用分野における「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与する。

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

工学部

工学部は、卒業の認定に関する方針に適う人材を養成するため、次表に基づき、4年間を通じて、 体系的なカリキュラムを編成し実施する。また、各科目における教育内容・方法、成績評価方法及び評価基準をシラバス等で明示し、学生に周知した上で、実施する授業形態に即し、公正かつ厳正に評価を行う。

卒業の認定に関する方針
構成要素(コンピテンス) 能力(コンピテンシー)
豊かな知識・教養に基づく高い 倫理観 工学技術が社会と環境に及ぼす影響を理解し、幅広い知識・教養に基づく高い倫理観を涵養することができる。
日本及び世界の現状を理解し、説明する力 グローバル化する社会における工学 技術者として、多文化や異文化に関 する知識や国際社会が直面している問題を理解し説明することができる。
論理的・批判的 思考力 体系化された継続的な学修により工 学の基礎力を身につけ、工学技術者 として論理的、批判的な思考をする ことができる。
問題発見・ 解決力 工学の基礎力に基づいて、自ら問題 を発見し考察できる発想力と分析力 を持ち、問題の解決策を提案できる。
挑戦力 地球環境の保全や健康的な生活に工学 の立場から寄与し、持続可能な社会の 実現のために、あきらめない気持ちを 持って果敢に挑戦することができる。
コミュニケー ション力 社会性を持つ工学技術者として、常に他者の意見に耳を傾け、自らの意見を相手に伝えることができる。
リーダーシップ・ 協働力  工学技術者の立場から他者との協働 を通して、リーダーとして他者の力 を引き出し、その活躍を支援することができる。
省察力 自己を見つめ、自らの言動を謙虚に 振り返り、工学技術者として自己を 高めることができる。
教育課程の編成及び実施に関する方針
工学にかかわる分野で社会と環境に貢献できる工学的手法の習熟と、それらを駆使できる幅広い教養・科学の学 修を遂行し高い倫理観を涵養することができる。
日本大学並びに日本大学工学部の使命を理解し、自らの専門分野の日本および世界における工学的役割や諸問題 を幅広く見渡し、説明することができる。
工学にかかわる分野の基礎となる、論理的・科学的・批判的思考の重要さや手法を、体系化された継続的な学修によって理解・習得し、専門分野における幅広い知識の吸収と高度な技術力を身につけ、発揮することができる。
持続可能な社会の実現に向けた、工学にかかわる幅広い分野の知識や技術の学修を通して、問題解決型や提案型の思考に接することで想像力を養い、豊かな発想と高度な分析を通して、自ら問題を発見し解決できる。
持続可能な社会の実現に向けて自ら考え行動し、工学にかかわる分野で社会に貢献できる専門知識・技術を体系的に身につけ、自らのキャリアデザインも含めて、新しいことに果敢に挑戦することができる。
社会性を持つ工学にかかわる分野の技術者として、豊かな人間関係づくりの土台となる心身の健康、集団での行動、また多様なメディアを通してのコミュニケーション力を身につけ、自分と異なる立場の他者を理解・尊重しつつ、自らの考えを相手に伝えることができる。
学修における協働作業のなかで、他者と協働し社会に貢献できる人間性豊かな技術者になる素養を身につけ、集団のなかでリーダーとして他者の力を引き出し、その活躍を支援することができる。
工学にかかわる分野に関して、常に他者の意見や自己に対する評価を謙虚に受け止め、自らの学修や活動の達成度を謙虚に振り返り、新しい知識や技術の習得に励むことができる。

土木工学科

土木工学科では、日本大学並びに本学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに沿う、土木工学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の項目にある教育を行うカリキュラムを編成します。

  • 全学共通初年次教育科目を含む教養科目、自然科学科目・情報処理科目を通し、自主創造やロハスの工学に関する概念を理解し、豊かな教養と自然科学に関する基礎知識を身に付ける教育を行う。その上で、専門教育科目を通し、社会基盤と環境に関する土木工学の基礎知識を修得できる教育を行う。
  • 外国語科目を通し、語学の基礎を学修すると共に、高い倫理観、安全性や自然との共生に関する基礎知識を養う科目を通し、国際社会や地域社会における多様な価値観を理解し、社会システムの基本とすべき事柄を修得できる教育を行う。
  • 実験・実習科目や、ゼミナール、卒業研究等を通し、人間性豊かな技術者として、自主的かつ継続的に物事を考え、行動すると共に、他者とのコミュニケーションを図り、協働して課題解決にあたる能力を修得できる教育を行う。
  • 土木工学の分野で求められるものづくりに対する基礎技術・技能を養う科目を通し、実践的技術者として多様な資格取得を目指すための基礎を修得できる教育を行う。

建築学科

建築学科では、日本大学並びに本学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに沿う、建築学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の項目にある教育を行うカリキュラムを編成します。

  • 建築士試験の指定科目と建築に必要な幅広い専門知識の学修を系統立てて全学年で行い、建築学に関する知識を自主的かつ継続的に身につける教育を行う。
  • 建築を取り巻く広い意味での環境を客観的に理解し、持続可能な社会に向けて他分野の幅広い人とも協働して取り組める力を身につける教育を行う。
  • 設計演習や実験科目を通して、専門的な情報を収集・整理・分析し計画的にまとめ上げ、自分の考えを適切にわかりやすく伝える力を身につける教育を行う。
  • ゼミナールや卒業研究を通して、論理的思考や創造的な建築技術を身につけ、社会における建築の役割を理解し、その課題の解決策を専門的に表現できる教育を行う。

機械工学科

機械工学科では、日本大学並びに本学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに沿った機械工学科のディプロマ・ポリシーを達成するため、以下の項目にある教育を行うカリキュラムを編成します。

  • 基礎製図、数値計算リテラシー、ロハス工学Ⅰを設置し、ロハスの機械を学ぶ上のモチベーションを高める教育を行う。
  • 4力学(機械力学、材料力学、熱力学及び流れの力学)を中心とする機械系基礎について充実した教育を行う。
  • 機械設計製図、機械工学実習、企業実習、コンピュータ援用に関する科目等による実践的教育を行う。
  • 学生の習熟度に応じた教育を行う。
  • ロハス工学、ヒューマンダイナミクス工学等の専門教育科目や総合教育科目による機械と人間、社会及び自然との関わりに関する知識を提供する教育を行う。
  • 実験、実習、ゼミナール等を通じて、まとめる力やプレゼンテーション力を高めるための直接指導による教育を行う。
  • ロハスの工学に関する卒業研究をはじめ、システムダイナミクス、エネルギーシステム及びシステムインテグレーションに関する卒業研究を指導することによる教育を行う。

電気電子工学科

電気電子工学科では、日本大学並びに本学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに沿う、電気電子工学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の項目にある教育を行うカリキュラムを編成します。

  • 電気回路、電磁気学、電子回路等の専門科目を通じて情報通信・電気・電子に関する基礎知識と技術を身につける教育を行う。また、工学の基礎であり、発展のためとなる物理学や工科系数学等の自然科学科目などの幅広い教養を身につける教育を行う。
  • 外国語科目の修得を通じて、国際的視野に立って活躍するために必要なコミュニケーション能力を身につける教育を行う。
  • 実験・実習を通じて工学的に考察できる能力に加え、社会貢献に寄与できる課題を設定し、解決するためのデザイン能力を身につける教育を行う。
  • 技術者倫理等の学修を通じて新たな技術要望に対応できるよう倫理観をもって自主的かつ継続的に学修する能力を身につける教育を行う。また、情報通信・電気・電子に関わる技術の社会環境の変化の新たな課題を認識し、柔軟で総合的な判断に基づいた遂行能力及びまとめる能力を身につける教育を行う。
  • 電気主任技術者、教員、臨床工学技士等の免許取得により、人類の生活と社会や福祉への貢献に際して、物事を総合的に判断し得る能力を身につける教育を行う。

生命応用化学科

生命応用化学科では、日本大学並びに本学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに沿う、生命応用化学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の項目にある教育を行うカリキュラムを編成します。

  • 全学共通初年次教育科目を含む教養科目では、人間性豊かな技術者になるための素養を身につける教育を行う。中でも全学共通初年次教育科目では、アクティブ・ラーニングを取り入れながら、自ら考え行動できる自主創造力を養い、また、応用化学及び生命化学分野の技術について、議論することにより、持続可能な社会の実現とのつながりを意識した幅広い専門教育科目への導入を目的とした教育を行う。外国語科目では英語の基礎力をつけるとともに生命応用化学分野の専門的な英語講読を行い、グローバルに活躍する技術者を目指す教育を行う。体育科目では、心身の健康を育み、また集団での行動が身につけられる教育を行う。
  • 自然科学科目では、数学、物理、化学について、入学前に学んだ基礎知識の再確認に加え、専門教育科目の理解の基礎となる分野についての教育を行う。
  • 専門教育科目及び専門共通科目では、健康で持続可能な社会の実現に向けて、自ら考え行動でき、社会に貢献できる専門知識を身につける教育を行う。そのため、基礎と実験を重視する学修を行っている。最終学年では卒業研究を通して、より実践的な自主創造の力を身につける。
  • 資格に関わる科目では、キャリア養成の一環として、教育免許(理科、数学、工業及び技術)の取得のための教育を行う。

情報工学科

情報工学科では、日本大学並びに本学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに沿う、情報工学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の項目にある教育を行うカリキュラムを編成します。

  • 社会や人間を理解するために、社会科学や人文科学の基礎的な教育を行う。また、国際化社会において必要とされる基礎的な外国語教育を行う。
  • 数学、自然科学の基礎知識を理解し、物理・化学の基本的な実験を行うことができる能力を養うための教育を行う。また、コンピュータの仕組みや機能の概要を理解し、基本的な操作を行うことができる能力を養うための教育を行う。
  • 情報技術が社会に与える影響や、情報社会の一員としての責任と義務を理解するための教育を行う。
  • 情報系技術者として必要な1) コンピュータシステムやアーキテクチャの知識とその応用能力、2) アルゴリズムを理解する能力とプログラムを開発する能力、3) コンピュータシステムを利用した情報システムや情報処理の知識とその応用能力、 4) 情報工学の基礎となる数学の知識とその応用能力、を修得するための教育を行う。
  • 課題を解決するために、論理を積み重ねて検討や考察を行い、適切な解答を導くことができる能力を養うための教育を行う。また、課題を解決するために、具体的に実行すべき事柄を考え、自主的な努力や他者との協働ができる能力を養うための教育を行う。
  • 課題を遂行するために、協働者や指導者と適切なコミュニケーションをとり、得られた結果を文書や口頭で適切に報告することができる能力を養うための教育を行う。

工学研究科

日本大学大学院工学研究科は、アドミッション・ポリシーに基づいて選抜した入学者に対し、本学の教育理念である「自主創造」にのっとって定めた学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に従い、以下のポリシーによりカリキュラムを編成します。

<博士前期課程>

幅広い視野と高度な専門性に基づき、重要な職務を遂行する能力を持つ人物を養成することを目的として、そのために必要な、①技術者専門科目、②技術者応用科目、③技術者共通科目、④研究関連科目に大別した科目の履修と、最終的に修士論文の作成を求めます。

博士前期課程 土木工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、土木工学について専門知識・応用力を修得するために、地盤・構造・防災分野、環境分野、地域・都市計画分野に対応した講義や特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

博士前期課程 建築学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、建築材料学、建築・都市計画、建築環境設備、建築構造学、建築歴史意匠、建築職業倫理などに対応した講義や特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

博士前期課程 機械工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、機械工学について専門知識・応用力を修得するために、それに対応した講義やシステムダイナミックス系、エネルギーシステム系、システムインテグレーション系の3つの系から決定した研究テーマにおける特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

博士前期課程 電気電子工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、電気電子工学について専門知識・応用力を修得するために、電気エネルギー、電気電子材料、情報通信、波動工学、及び医用工学の各分野に対応した講義や特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

 

博士前期課程 生命応用化学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、生命応用化学について専門知識・応用力を修得するために、それに対応した講義や特別研究を配置したカリキュラムを編成する。
技術者専門科目では、化学技術の基礎となる分野を学修し、技術者応用科目では、それを工学に応用する内容を学修する。また、医療工学コースにおいては、生命および医療関係の内容について学修する。研究関連分野では、研究室の指導教員との議論を通し、知識からより実践的な行動ができるような教育を行う。

博士前期課程 情報工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、情報工学について専門知識・応用力を修得するために、ハードウェア、ソフトウェア、システム、情報応用分野に対応した講義や特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

<博士後期課程>

卓抜した専門性に基づき、高い能力を有する自立した研究者を養成することを目的として、専門分野における先端的な研究課題に取り組むために必要な科目の履修と、最終的に博士論文の作成を求めます。

博士後期課程 土木工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、土木工学についてより高度な専門知識・応用力を修得するために、地盤・構造・防災分野、環境分野、地域・都市計画分野に対応した特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

博士後期課程 建築学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、建築学についてより高度な専門知識・応用力を修得するために建築材料学、建築・都市計画、建築環境設備、建築構造学、建築歴史意匠などに対応した特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

博士後期課程 機械工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、機械工学についてより高度な専門知識・応用力を修得するために、それに対応したシステムダイナミックス系、エネルギーシステム系、システムインテグレーション系の3つの系から決定した研究テーマにおける特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

博士後期課程 電気電子工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、電気電子工学について高度な専門知識・応用力を修得するために、電気エネルギー、電気電子材料、情報通信、波動工学、及び医用工学の各分野に対応した特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

博士後期課程 生命応用化学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、生命応用化学についてより高度な専門知識・応用力を修得するために、それに対応した特別研究を配置したカリキュラムを編成する。
学位論文作成のため、指導教員の指導のもと研究を行い、新しい問題を提案でき、それを解決できる能力を身につける教育を行う。

博士後期課程 情報工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、情報工学についてより高度な専門知識・応用力を修得するために、ハードウェア、ソフトウェア、システム、情報応用分野に対応した特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

 

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

工学部

日本大学工学部は、日本大学の教育理念である「自主創造」の気風に満ち、自主的に考察して判断できる発想力と解決能力を持つ技術者を養成します。さらに、工学部が提唱する「ロハスの工学※」を理解し、調和のとれた持続可能な社会の実現に貢献できる人間性豊かな技術者の育成を目指します。
そのため、工学の各専門分野の知識や技術を修得する意欲を持ち、様々な分野で幅広く、グローバルに活躍することを意識している次のような人材を求めています。

  1. 本学部のカリキュラムを学修する上での基礎となる知識・技能として高等学校等における学習内容を理解している者。
  2. 自ら考え、行動・創造するための思考力・判断力・表現力等の能力を有し、高い倫理観とグローバルな視点を持つ、人間性豊かな技術者になる向上心がある者。
  3. 基本的なコミュニケーション力を有しており、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ意欲がある者。

また、その入学者選抜に当たっては、知識・技能、思考力・判断力・表現力などの能力や、多様な入学者とともに協働して学修する意欲を多面的に評価するために、一般入試・推薦入試・AO入試など、以下に示す様々な方式により選抜します。

※ロハスの工学:健康で持続可能な社会実現のために、「人の心と身体、地球にやさしい生き方」を支える工学的技術を研究開発すること。また、それを目的とした学問のこと。

一般入試

一般入試は、主として上記1.および2.の条件を重視し選抜する入学試験です。その評価方法として学力試験による選抜を行います。本学部の一般入試では、(1)一般入試A方式(本校試験)、(2)一般入試CA方式、(3)一般入試N方式第1期、(4)一般入試C方式(3教科型)、(5)一般入試C方式(4教科型)を実施し、入学者の選抜を行っています。それぞれの一般入試において、入学後の学修に必要な知識・技能を有している人を選抜します。

(1)一般入試A方式(本校試験)

当該一般入試は、入学後の学修に必要な知識・技能および思考力・判断力・表現力などの能力を評価するために、数学と理科(物理・化学・生物)を選抜科目としています。また、入学後にグローバルな視野を持つためには外国語、特に英語の修得が肝要であり、各学科の工学専門科目を学修する上で、英文の読解や英語を使用した表現記述も必要なことから、英語を選抜科目としています。以上の選抜科目の結果を通して、入学後の学修に必要な知識・技能を有しているかを総合的に評価します。

入試概要

(2)一般入試CA方式

当該一般入試は、大学入試センター試験の1教科の結果と本学部独自に作成した問題の結果を併用する入学試験となります。入学後の学修に必要な知識・技能や、思考力・判断力・表現力などの能力を評価するために、大学入試センター試験の理科(物理・化学・生物)を選抜科目としています。入学後にグローバルな視野を持つためには、外国語、特に英語の修得が肝要であり、各学科の工学専門科目を学修する上で、英文の読解や英語を使用した表現記述も必要なことから、大学入試センター試験の英語を選抜科目としています。また、多様な入学者とともに協働して学修するために必要なコミュニケーション能力および表現力について評価するために、大学入試センター試験の国語も選抜科目としています。さらに、入学後の学修には、本学部のいずれの学科においても高等学校において学習する数学の知識が重要であるため、その能力を評価するために、数学については本学部独自に作成した問題を使用し、選抜を行います。以上の選抜科目の結果を通して、入学後の学修に必要な知識・技能を有しているかを総合的に評価します。

入試概要

(3)一般入試N方式第1期

当該一般入試は、日本大学の複数学部を併願することが可能な入試であり、本学部への入学を希望する学生については、入学後の学修に必要な知識・技能および思考力・判断力・表現力などの能力を評価するために、数学と理科(物理・化学・生物)を選抜科目としています。また、入学後にグローバルな視野を持つためには外国語、特に英語の修得が肝要であり、各学科の工学専門科目を学修する上で、英文の読解や英語を使用した表現記述も必要なことから、英語を選抜科目としています。以上の選抜科目の結果を通して、入学後の学修に必要な知識・技能を有しているかを総合的に評価します。

入試概要

(4)一般入試C方式(3教科型)

当該一般入試は、大学入試センター試験の3教科の結果を利用する入学試験となります。本学部への入学を希望する学生については、入学後の学修に必要な知識・技能および思考力・判断力・表現力などの能力を評価するために、数学と理科(物理・化学・生物)を選抜科目としています。さらに、入学後にグローバルな視野を持つためには外国語、特に英語の修得が肝要であり、各学科の工学専門科目を学修する上で、英文の読解や英語を使用した表現記述も必要なことから、英語を選抜科目としています。また、多様な入学者とともに協働して学修するために必要なコミュニケーション能力および表現力について評価するために、国語も選抜科目としています。以上の選抜科目の結果を通して、入学後の学修に必要な知識・技能を有しているかを総合的に評価します。

入試概要

(5)一般入試C方式(4教科型)

当該一般入試は、大学入試センター試験の4教科の結果を利用する入学試験となります。本学部への入学を希望する学生については、入学後の学修に必要な知識・技能および思考力・判断力・表現力などの能力を評価するために、数学と理科(物理・化学・生物)を選抜科目としています。入学後にグローバルな視野を持つためには外国語、特に英語の修得が肝要であり、各学科の工学専門科目を学修する上で、英文の読解や英語を使用した表現記述も必要なことから、英語を選抜科目としています。さらに、多様な入学者とともに協働して学修するために必要なコミュニケーション能力および表現力について評価するために、国語も選抜科目としています。また、幅広い知識と教養をもつ学生を受け入れる目的で、社会(地理歴史・公民)も選抜科目に含めています。以上の選抜科目の結果を通して、入学後の学修に必要な知識・技能を有しているかを総合的に評価します。

入試概要

推薦入試

推薦入試は、主として上記2.および3.の条件を重視し選抜する入学試験です。推薦入試には、(1)一般推薦入試(指定校制・公募制)、(2)日本大学推薦入試(付属高等学校等)基礎学力選抜・国公立併願方式、(3)日本大学推薦入試(付属高等学校等)付属特別選抜があり、それぞれの推薦入試において、入学後の学修に必要な基礎学力を有し、自ら考え行動・創造できる能力や工学的な専門知識・技術の修得、また、将来的にそれらを用いた持続可能な社会の実現に向けて積極的に取り組める人を選抜します。

(1)一般推薦入試(指定校制・公募制)

出願時に提出される高等学校において作成された調査書、入学試験当日に実施される小論文および面接を通して、入学後の学修に必要な知識・技能、思考力・判断力・表現力などの能力および多様な入学者とともに協働して学修する意欲を総合的に評価します。

入試概要

(2)日本大学推薦入試(付属高等学校等)基礎学力選抜・国公立併願方式

日本大学付属高等学校等において実施される基礎学力到達度テストの結果および出願時に提出される日本大学付属高等学校等において作成された調査書を通して、入学後の学修に必要な知識・技能の到達度と多様な入学者とともに協働して学修する意欲を総合的に評価します。

(3)日本大学推薦入試(付属高等学校等)付属特別選抜

出願にあたり、本学部が提唱する「ロハスの工学※」を理解し、次の(a)~(e)のいずれかの条件を満たすことが必要となります。

(a) 地球環境に関するさまざまな問題を意識し、それらの解決に強い意欲を持っている。
(b) 本学部の特徴ある研究を理解し、その研究分野に関する高度な知識を得たいと考えている。
(c) 「ものづくり」に夢と情熱を持ち、人間性豊かなエンジニアとして社会に貢献したいという強い意志を持っている。
(d) 将来の活躍の場を海外と考え、日頃から、国際的な情報収集や語学力の向上に努めている。
(e) スポーツ・芸術・文化活動、ボランティア活動、資格取得などにおいて、充実した達成感を持っており、多様な人々と協働して学ぶ意欲がある。

また、日本大学付属高等学校等において実施される基礎学力到達度テストを受験した者の中から、出願時に提出される高等学校等において作成された調査書、入学試験当日に実施される小論文および面接を通して、入学後の学修に必要な思考力・判断力・表現力などの能力および多様な入学者とともに協働して学修する意欲を総合的に評価します。

AO入試

AO入試は、主として上記2.および3.の条件を重視し選抜する入学試験です。出願にあたり、本学部が提唱する「ロハスの工学※」を理解し、次の(a)~(e)のいずれかの条件を満足する必要があります。

(a) 地球環境に関するさまざまな問題の解決に強い意欲を持っている。
(b) 本学部の特徴ある研究を理解し、その研究分野に関する高度な知識を得たいと考えている。
(c) 「ものづくり」に夢と情熱を持ち、人間性豊かなエンジニアとして社会に貢献したいという強い意志を持っている。
(d) 将来の活躍の場を海外と考え、日頃から、国際的な情報収集や語学力の向上に努めている。
(e) スポーツ・芸術・文化活動、ボランティア活動、資格取得などにおいて、充実した達成感を持っており、多様な人々と協働して学ぶ意欲がある。

さらに、出願時に課す事前レポートと高等学校において作成された調査書および入学試験当日に実施される模擬授業とその内容に対する筆記試験を通して、入学を希望する学科の専門分野を学修する上で必要となる思考力・判断力・表現力などの能力を評価します。また、面接を通して、本学部進学に対する学修意欲を評価します。以上の評価を総合的に判断し、「ロハスの工学※」に強い関心を持ち、論理的思考力を有し、課題の解決に柔軟に取り組める人を選抜します。

入試概要

外国人留学生入試

本学部への入学を希望する外国籍を有する者を対象として実施する入学試験です。求める人材として、上記1.~3.の条件をバランス良く満たす者となります。日本において勤勉な態度で継続的に学修でき、物事を論理的に考えられる基礎的な学力を備え、日本の社会や文化を理解できる人を選抜します。入学後の学修に必要な知識・技能および思考力・判断力・表現力などの能力を評価するために、数学と英語の学力試験を実施します。また、面接を実施し、多様な入学者とともに協働して学修するために必要なコミュニケーション能力およびカリキュラムの学修に必要な日本語能力を評価します。以上の学力試験および面接を通して本学部への入学の適否を総合的に判断し選抜します。

帰国生入試

外国に在住し、本学部への入学を希望する日本国籍を有する者の他、日本における在留資格「永住者」を有する者又は「特別永住者」の学生を対象として実施する入学試験です。求める人材として、上記1.~3.の条件をバランス良く満たす者となります。入学後の学修に必要な知識・技能および思考力・判断力・表現力などの能力について、数学と英語の学力試験により評価します。また、面接を実施し、多様な入学者とともに協働して学修する意欲を評価します。以上の学力試験および面接を通して本学部への入学の適否を総合的に判断し選抜します。

 

土木工学科

本学部及び本学科のディプロマ・ポリシー並びにカリキュラム・ポリシーに則り設置したカリキュラムを学修し、土木工学の分野において将来活躍する上で必要な知識・技能の修得を強く希望する者を、本学部が定めたアドミッション・ポリシーに基づく各選抜方式により求めます。

建築学科

本学部及び本学科のディプロマ・ポリシー並びにカリキュラム・ポリシーに則り設置したカリキュラムを学修し、建築学の分野において将来活躍する上で必要な知識・技能の修得を強く希望する者を、本学部が定めたアドミッション・ポリシーに基づく各選抜方式により求めます。

機械工学科

本学部及び本学科のディプロマ・ポリシー並びにカリキュラム・ポリシーに則り設置したカリキュラムを学修し、機械工学の分野において将来活躍する上で必要な知識・技能の修得を強く希望する者を、本学部が定めたアドミッション・ポリシーに基づく各選抜方式により求めます。

電気電子工学科

本学部及び本学科のディプロマ・ポリシー並びにカリキュラム・ポリシーに則り設置したカリキュラムを学修し、電気電子工学の分野において将来活躍する上で必要な知識・技能の修得を強く希望する者を、本学部が定めたアドミッション・ポリシーに基づく各選抜方式により求めます。

生命応用化学科

本学部及び本学科のディプロマ・ポリシー並びにカリキュラム・ポリシーに則り設置したカリキュラムを学修し、生命応用化学の分野において将来活躍する上で必要な知識・技能の修得を強く希望する者を、本学部が定めたアドミッション・ポリシーに基づく各選抜方式により求めます。

情報工学科

本学部及び本学科のディプロマ・ポリシー並びにカリキュラム・ポリシーに則り設置したカリキュラムを学修し、情報工学の分野において将来活躍する上で必要な知識・技能の修得を強く希望する者を、本学部が定めたアドミッション・ポリシーに基づく各選抜方式により求めます。

工学研究科

<博士前期課程>

学問や科学技術の深奥を究め、人類の福祉向上及び人と自然が共生できる豊かな社会の構築に貢献でき、幅広い知識を有する、高度専門職業人及び工学研究者を目指す人を求めます。

博士前期課程 土木工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、土木工学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

博士前期課程 建築学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、建築学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

博士前期課程 機械工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、機械工学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

博士前期課程 電気電子工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、電気電子工学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

博士前期課程 生命応用化学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、生命応用化学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

博士前期課程 情報工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、情報工学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

<博士後期課程>

学問や科学技術の深奥を究め、人類の福祉向上及び人と自然が共生できる豊かな社会の構築に貢献でき、幅広い知識を有する、高度専門職業人及び工学研究者を目指す人を求めます。

博士後期課程 土木工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、土木工学の専門知識についての口述試問と外国語科目(英語)の筆記試験の合計点により合否を判定する。

博士後期課程 建築学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、建築学の専門知識についての口述試問と外国語科目(英語)の筆記試験の合計点により合否を判定する。

博士後期課程 機械工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、機械工学の専門知識についての口述試問と外国語科目(英語)の筆記試験の合計点により合否を判定する。

博士後期課程 電気電子工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、電気電子工学の専門知識についての口述試問と外国語科目(英語)の筆記試験の合計点により合否を判定する。

博士後期課程 生命応用化学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、生命応用化学の専門知識についての口述試問と外国語科目(英語)の筆記試験の合計点により合否を判定する。

博士後期課程 情報工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、情報工学の専門知識についての口述試問と外国語科目(英語)の筆記試験の合計点により合否を判定する。

PAGETOP
Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.