機械工学科の概要

将来を見据えた実践的なカリキュラム編成。
環境を考えたものづくりの技術と創造力を養う

0303機械工学はあらゆる産業において、生産活動の基盤となり、現代の技術を支えている存在です。本学科では、幅広い学びのなかでも、力学系基礎と設計・実験に重点を置いた実践的なカリキュラムを編成。次代の産業構造の変革に柔軟に対応できる技術者を養成します。

システムダイナミクス系

材料にかかわる科目、制御にかかわる科目などを履修し、機械を構成する材料の特性や評価、生産工場の自動化で不可欠となっているロボットの基礎や品質管理に関する基礎知識を修得します。

エネルギーシステム系

熱にかかわる科目、流れにかかわる科目、エネルギーにかかわる科目などを履修し、エネルギー変換の原理を学ぶことで環境に優しい熱・流体機械システムやエネルギー・環境問題の基礎知識を修得します。

システムインテグレーション系

ものづくりに直接かかわる部品、機械製品の設計や製図、要望に応じた寸法に加工した工作物の組立てと評価など、生産工程と情報の流れに関する基礎知識を修得します。

機械工学科の特色

土台づくりを重視し1年次に基礎を徹底

機械工学の基礎を1年次にしっかりと学修。幅広い専門分野を揃える機械工学科だからこそ、身につけた基礎力が将来を支える財産に。

時代の変化に対応するための柔軟な資質を養う

進化する技術に対応できる技術者となるため、熱や流体、材料などの力学系基礎科目と設計・実験に重点を置いた授業を展開。

将来に向け幅広い知見を養う実践的な授業

第一線で活躍する技術者の講演や企業等の工場見学など実践的な授業も充実。将来に向けて幅広い知見の修得をバックアップします。

医療と工学を複合的に学ぶ臨床工学技士課程を設置

医療現場で生命維持管理装置等を扱うスペシャリストとして、チーム医療に貢献することができる人材の育成をめざします。

 

学びのフィールド

各種発電システムなどのエネルギー機器

スマートフォンやデジタルカメラなどの精密機器

工場などで生産活動に使用する製造機械

自動車・新幹線・航空機などの輸送機械

生産や生活支援のためのロボットシステム

病院などの医療現場で用いられる 医療機器・福祉機

 

カリキュラム

力学系基礎と設計・実験で時流に対応する力を身につける

幅広い学びのなかでも、産業構造の変革に対応できる技術者の養成を目標に、熱、流体、材料などの力学系基礎科目と設計・実験に重点を置いていることが特徴。ヒューマンダイナミクスやロボット工学、自動車工学などの先端技術に関する科目にも力を入れています。また第一線で活躍する技術者の講演や工場見学など、実践的な授業も行っています。

1年次

「ロハスな」ものづくりの基幹を支える機械工学の技術は、汎用性が高いことが特徴ですが、その分、幅広い知識が求められる分野でもあります。1年次には将来の学びに備え、まずは基礎を徹底して学修。機械工学を学ぶための土台づくりを行います。

専門教育科目 ●機械力学Ⅰ及び演習●機械の基礎解析●数値計算リテラシー●基礎製図●ロハス工学Ⅰ
自然科学科目 ●工科系数学Ⅰ及び演習●工科系数学Ⅱ・Ⅲ●物理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ●物理学実験及び演習●化学Ⅰ・Ⅱ●化学実験及び演習
教養科目 ●自主創造の基礎1・2●日本語表現法●哲学Ⅰ・Ⅱ
外国語科目 ●基礎英語●英語読解Ⅰ・Ⅱ●英語表現法Ⅰ・Ⅱ●基礎日本語Ⅰ・Ⅱ
体育科目 ●体育・スポーツⅠ・Ⅱ

※留学生履修科目

2年次

機械工学の軸となる4力学のうち「熱力学」「材料力学」「機械力学」の3つを中心にカリキュラムを展開します。あわせて「ロハス工学」などを通して、自然環境と共生するためのものづくりについて、意識を高めていきます。

専門教育科目 ●材料力学Ⅰ・Ⅱ及び演習●機械材料●機械力学Ⅱ及び演習●計測工学●電気・電子工学概論●熱力学Ⅰ・Ⅱ及び演習 ●流れの力学Ⅰ及び演習●機械要素設計●機械製図●確率・統計●CAD・CAM●ロハス工学Ⅱ●機械工学実習
教養科目 ●日本国憲法●日本の文化
外国語科目 ●英語コミュニケーションⅠ・Ⅱ●実用英語Ⅰ・Ⅱ●日本語講読Ⅰ・Ⅱ
自然科学科目 ●工科系数学Ⅳ・Ⅴ

※留学生履修科目

3年次

4力学のうち「流体力学」には3年次から取り組みます。これら機械工学の応用的な技術・知識を学ぶとともに、「技術者倫理」などを通してエンジニアに求められる素養も培います。後学期からは研究室に所属します。

専門教育科目 ●材料加工●機械製作法●材料の強度●計算力学●制御工学●流れの力学Ⅱ及び演習●流体力学●熱機関工学●冷凍空調工学●流体機械●伝熱工学●機械設計製図●トライボロジー●機械工学実験●企業実習●技術者倫理●ゼミナール
教養科目 ●心理学Ⅰ・Ⅱ●経済学Ⅰ・Ⅱ
外国語科目 ●実用英語Ⅲ
体育科目 ●健康・スポーツ概論

4年次

具体的なテーマを選定し、卒業発表に向けた研究を進めていきます。加えて「ヒューマンダイナミクス」や「自動車工学」「ロボット工学」といった最先端分野への知見も広げていきます。

専門教育科目 ●ロボット工学●エネルギー工学●航空宇宙工学●自動車工学●ヒューマンダイナミクス●卒業研究
外国語科目 ●技術英語

臨床工学技士課程科目

2~4年次 ●看護学概論●医学概論●人体の構造及び機能Ⅰ・Ⅱ ●病理学●生化学●臨床薬理学●臨床免疫学●医用工学概論●生体物性工学●医用材料学●生体機能代行装置学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ●医用機器学Ⅰ・Ⅱ●医用機器学実習●生体計測装置学●医用情報工学●生体計測装置学実習●医用安全管理学●医用工学総論●臨床医学総論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ●臨床工学関係法規●臨床工学総論●臨床実習事前・事後指導●臨床実習

 

シラバス

Pick up講義

機械工学実験

講義により修得した専門知識を実践により体得し、卒業研究の素地を養います。

CAD・CAM

CAD・CAMの生産工程における位置づけを確認し、その機能及び応用について学びます。

機械製図

機械の分解スケッチを行い、製図の能力や、図面から機械を想像できる力を修得します。