学修・教育環境

科学技術の進歩とともに変化し続ける社会環境に対応できる技術者を育成するためには、工学の基礎と専門分野の技術や知識はもちろん、幅広い視野やコミュニケーション能力などの社会性を身につけることが重要です。工学部で履修できる科目だけでなく、日本大学の他学部で履修できる科目や、他大学との協定に基づき履修できる科目など幅広く学ぶことにより、社会に貢献できる技術者を目指します。

相互履修制度

日本大学では、総合大学のメリットを活かし、他学部の科目を履修できる日本大学相互履修制度を設けています。この制度を利用することで、履修の幅がさらに広がり、工学以外の教養を身につけることが可能になります。学生の自主的学習意欲とその多様性に応えるべく、本学の多分野・学際領域にわたる教育・研究上の総合力を発揮して、学生の履修の幅の拡大及び専攻を異にする学生の共同学習による履修の深度の増大と活性化を図ることができます。

遠隔授業

日本大学では、衛星通信システム(NU-SAT)を利用することで、学内にいながら他学部の科目が受講できる遠隔授業を実施しています。 これは相互履修制度の一環として開講しているもので、工学部のほか、文理学部・経済学部・商学部・芸術学部・国際関係学部・理工学部・生産工学部・生物資源科学部の全9学部が参加しています。 それぞれに異なった学問分野の学生が、同一のプログラム授業を受講し、さらに卒業単位として認定される正課授業です。

国際交流

国際交流

春休みなどの長期休暇を利用した海外研修旅行を実施し、毎年多くの学生が参加しています。また、短期海外研修として、英国のケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジ、米国のエリザベスタウン・カレッジへのサマースクール制度があります。

その他、日本大学本部で北京大学、ワシントン州立大学、トロント大学、ストックホルム大学等との交換留学制度も実施しています。

日本大学本部国際交流室短期海外研修

アカデミア・コンソーシアムふくしま加盟大学間相互単位互換制度

工学部では、平成16年度から福島大学や福島県立医科大学、会津大学など県内19の大学・短期大学・高等専門学校との間で「単位互換制度」を実施しています。 受講希望者は書類審査によって受講が認められ、修得した単位は正規の単位として認定されます。詳細については、各大学にお問い合わせください。

本学部が開講する授業科目Adobe_PDF_file_icon_32x32
他大学のHPへのアクセスはこちら

臨床工学技士課程

本学部では、機械工学科と電気電子工学科に在籍する学生を対象として、「臨床工学技士」の受験資格が得られる臨床工学技士課程を設置しています。本学部は厚生労働大臣指定科目を修めて卒業できる大学として厚生労働省から認可を受けており、臨床工学技士課程の修了予定者は卒業年の3月に国家試験を受験することができ、合格者には卒業と同時に臨床工学技士国家資格を得ることができます。2年次から履修可能です。科目は課程に必要な専門教育科目に加えて、医療系と臨床工学系の29科目49単位を修得します。また、3・4年次の夏休みにはそれぞれ3週間の病院における臨床実習科目を修得することが必要です。

◇公衆衛生学 ◇医学概論 ◇解剖学 ◇生理学 ◇病理学 ◇医用機器学Ⅰ・Ⅱ ◇医用機器学実習 ◇生体機能代行装置学Ⅰ ◇臨床医学総論Ⅰ・Ⅱ ◇臨床工学関係法規 ◇生化学 ◇臨床薬理学 ◇臨床免疫学 ◇看護学概論 ◇生体機能代行装置学Ⅱ・Ⅲ ◇生体機能代行装置学実習 ◇医用治療機器学 ◇医用治療機器学実習 ◇生体計測装置学Ⅰ・Ⅱ ◇臨床実習Ⅰ

臨床工学技士課程の詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.