研究室紹介

研究室紹介

建築計画

建築計画研究室

教授:浦部 智義

建築空間における人の心理・行動と建築空間との関係性を探る研究

kenchikukeikaku人々のライフスタイルや価値観が多様化の方向に向かっていると云われます。それに伴って、人が建築空間から受ける印象や、建築空間における人の行動のあり方も時代によって変化する部分もあります。一方、新しい素材や構法・技術によって、建築空間のあり方も進化しています。それらの建築空間における心理・行動と建築空間との関係性を分析することで、建築空間の計画・設計の際に有効な指針となる様な研究を目的としています。研究テーマの設定・研究手法は、研究成果を誰に見て欲しいか、また利用・実践して欲しいかで変わってきますので、多岐に及びます。

【主な研究テーマ】
●文化・医療など施設計画・評価に関する研究
●劇場・コンサートホールに関する多角的な研究
●農村舞台など地域資源の役割・活用に関する研究
●二地域居住など住まい方・暮らし方に関する研究
●環境デザイン・パッシブ建築に関する研究
●震災後の復興・まちづくりに関する研究

 

都市計画研究室

教授:廣田 篤彦

 

【主な研究テーマ】
●災害時におけるコンビニエンスストアの運用に関する研究
●熊本地震における車中泊の実態に関する研究
●福島県のイメージと風評被害に関する研究
●空き家の実態と対応状況に関する研究
●都市の嗜好性と観光資源に関する研究
●路線式地域地区指定の効果に関する研究

 

空間デザイン研究室

特任教授:渡部 和生

空間デザインの多様性を探る

kenchiku_kukandesign実際に建築を見に行くこと。優れた現代建築の模型をつくってみる。ひとり一人が理想とする建築を実際に設計してみる。より具体的に建築の実態に触れることによって、建築を学ぶ楽しさがわかってきます。建築の設計は、大きな建物から小さなディテールのデザインまで実に多様です。それらを見て、触れることによって、次々に興味が広がっていきます。また、自分で着想し、設計してみると、建築の設計をすることが、だんだん好きになってきます。少しずつ、古い建物や現代の建築が理解できるようになり、自然に建築空間のデザイン・設計への道程が広がります。

【主な研究テーマ】
●空間デザインの実践的研究
●環境共生型建築の設計研究
●多様な公共空間の設計研究
●現代建築の道程の研究
●東日本大震災の復興計画の研究

 

住環境計画研究室

専任講師:市岡 綾子

居心地のよい空間・環境を考える

kenchiku_jyukankyokeikaku建築をデザイン計画するために役立つ重要な情報は、実際のフィールドにあります。まずは、興味を持った様々なフィールドに出て、人々を取り巻く空間や環境 と生活行動の関わりを、自分たちの目で確かめることから研究を始めています。フィールド調査から得られた情報を元に、居心地のよい空間・環境づくりについ て考えています。住宅地や学校空間を対象として、成長に応じてみられる行動や心理面の分析を通じて、子どもの生活行動と空間、環境の関わりを研究していま す。

【主な研究テーマ】
●景観まちづくりに関する研究
●生活環境における居場所形成に関する研究
●子どもの環境行動に関する研究
●廃校施設や遊休不動産の利活用に関する研究
●震災復興・まちづくりに関する研究

 

建築・地域計画研究室

専任講師:宮﨑 渉

 

【主な研究テーマ】
●温泉街のまちづくりに関する研究
●木質空間の印象評価に関する研究
●沿岸地域計画に関する研究

 

医療・福祉建築デザイン研究室

専任講師:山田 義文

すべてのひとにやさしい医療・福祉建築のデザインを探求する

kenchiku_jyukankyokeikaku医療・福祉建築は、私たちの健康維持をサポートし、個性豊かな生活を継続するために、かけがえのない建築です。多様な人々が利用する際に不便さや困りごとが生じないデザインが求められます。当研究室では、医療施設のほか、高齢者や障がい者の住まいや施設などを訪れて、利用者や支援に携わる専門職の方々へのヒアリングや観察、アンケート、実測、図面による建築特性の分析などを通じて人と環境との間に潜在するバリアを客観的に分析します。北欧の医療・福祉建築など国内外の先進的なシステムの特徴にも着目し、国際比較も行います。こうした各プロセスを基盤として、これからのニーズに順応し、利用者にも支援者にもやさしい医療・福祉建築のデザインを建築学と社会福祉学の双方の知見から提案する研究を実践しています。

【主な研究テーマ】
●医療的ケアを必要とする重度肢体不自由者の居住環境整備に関する研究
●ユニバーサルデザインやまちづくりの視点に基づく医療・福祉住環境の改善プロセスに関する研
●高齢者・障がい者の心身特性に基づく医療・福祉建築物におけるインクルーシブデザインの有効性と課題に関する研究
●高齢者生活支援ハウスを拠点とした豪雪中山間地域における高齢者の地域居住継続に関する研究
●復興公営住宅における地域包括支援及び地域産業との連携に関する研究
●ノルウェーのLife time care homeにおける建築特性と国際比較に関する研究

 

建築環境・設備

環境工学研究室

教授:濱田 幸雄   

建築と音環境を幅広く探求

kenchiku_kankyokogaku都市・建築物の設計手法・工法に反映できる技術の開発を目指し、多角的な研究を行っています。無響室を用いた実験では、日常生活における様々な音を立体的に再生し、高齢化社会に対応した居住空間の音環境を研究しています。さらに、模型実験やフィールド測定を通して、物理的計測手法、予測手法の開発、評価方法の検討に取り組み、産・官・学連携の研究も行っています。

【主な研究テーマ】
●床衝撃音の評価方法に関する研究
●高性能遮音構造の開発研究
●集合住宅の遮音性能評価水準の作成に関する研究
●レーザードップラー振動計の音響計測への応用研究
●風力発電システム発生音の伝搬シミュレーションモデルの構築

 

建築設備・防災研究室

教授:森山 修治

 

【主な研究テーマ】
●病院や住宅の省エネルギーと災害時の生活継続計画の研究
●古民家や歴史的建造物の防災と保護に関する研究
●古民家の居住快適性に関する研究
●浜通り地方の津波避難計画に関する研究
●重要伝統的建造物群保存地区における火災安全性の研究

 

建築歴史・意匠

建築歴史意匠研究室

教授:速水 清孝

私たちが生きる都市や建築の現在は、どのように形づくられたのかを探る

kenchiku_kenchikurekishiisyo私たちの身近にある環境は、都市を彩るような建築よりはむしろ、住宅はじめありふれた事物の集積で成り立っています。建築という行為の周辺だけを見ても、ごく少数の建築家だけでなく、それを造り、また護る、無数の無名の人がいる。日本の近代を中心に、華やかな先端だけでなく、そうした忘れられがちな周辺にまで広く目を配ることを通して、目からうろこが落ちるような、物事の見方の変わる発見に努めています。

【主な研究テーマ】
●日本の近代を中心とする建築の歴史に関する研究
●近代を中心とする都市の歴史に関する研究
●建築技術の歴史に関する研究
●建築士法を中心とする建築技術者の法制度史に関する研究
●歴史的建造物の保存に関する研究

 

建築史研究室

専任講師:山岸 吉弘

歴史的な発想で建築と都市を考える

kenchiku_kenchikurekishiisyo建築とは何か、都市とは何か、と自問したときに、いろいろな答え方があることに気が付きます。それだけ建築や都市は、多様で複雑な事象であることが分かります。学び理解し習得すべき対象が、つかみどころのない曖昧なものであっては、目指すべき先への道程は険しく困難です。幸い現代を生きる私たちは数千年以上の人類の叡智を参照することができます。その中には、先の難問に答えるために役立つことがきっとあるはずです。歴史的な発想で建築と都市を考えるために、日々の活動を行っています。

【主な研究テーマ】
東北地方を中心とする伝統的建造物の歴史と特徴
民家の再生と活用を目指す理論構築および計画提案
職人を主体とする生産史と技術史
集落構造の類型化と分析

 

建築構造

コンピュテーション応用力学研究室

教授:ガン ブンタラ

建築分野における計算応用力学に関する研究

kenchiku_buntara_lab_l人類の歴史では、様々な形態の建築構造物が創造されてきました。建築構造物は、その用途や周りの環境に応じて、人が安心して快適に過ごすために優れた安全性と機能性を備えていなければなりません。そこで、構造物を建てるためには、その構造物の力学的な挙動を理解することが必要となり、応用力学ならびに計算力学、すなわち、計算応用力学を理解することが望まれています。最近のコンピュータの飛躍的な進歩に加えて、数学モデルや解析方法に関する多くの研究成果により、建築工学における計算力学による問題解決のための強力な手法として近年注目されています。私たちは、次のテーマを設け、コンピュータを用いた応用力学の理論、実験とシミュレーションの組合せ、研究に取り組んでいます。

【主な研究テーマ】
応用力学問題に関する理論・数値解析法に関する研究
建築物の形態創生・最適化アルゴリズムに関する研究
テンセグリティ構造創生に関する研究
人工知能・機械学習を利用した建築構造物の最適化
地震時における地盤・基礎・建物の相互作用に関する研究
傾斜機能材料(解析、実験)に関する研究
数学的な折り紙の解析手法(形態創生,展開図面)に関する研究

研究室ホームページ

 

振動システム研究室

教授:千葉 正裕 

高性能センサを用いて、様々な構造物や地盤の振動性状を明らかにする

kenchiku_sindosystem2当研究室では、測定のための設置が簡便な微動計12chと大規模構造物等の立体振動性状を把握するための微動計32chを所有しています。簡便な微動計では、主に2つのテーマについて研究を行っています。(1)木造住宅の揺れを測定し、地震時における振動性状や耐震性能について研究しています。(2)郡山市域の地表面の揺れを測定し、郡山市域全体の地盤特性を明らかにする研究を行っています。また、工学部構内に設置した地震動観測装置の記録から、郡山市域における実地震動の実情を明らかにする研究を行っています。その他には、建物の地震時シミュレーション解析を行うなど、建築振動学に関する幅広い研究を進めています。

【主な研究テーマ】
●木造住宅の振動性状に関する研究
●郡山市域の地盤特性に関する研究
●大規模構造物の立体振動性状に関する研究
●建物の振動解析法に関する研究
●工学部構内にある情報研究棟及びその周辺地盤における地震動観測

研究室ホームページ

 

構造解析研究室

専任講師:日比野 巧

 

【主な研究テーマ】
●耐震補強効果の評価手法に関する研究
●細長い平面形を有する建物の立体振動性状に関する研究
●建物の近似立体振動解析法に関する研究
●郡山市域の地盤及び建物の振動性状に関する研究
●情報研究棟及びその周辺地盤における地震動観測

 

鋼構造デザイン研究室

教授:浅里 和茂 

より安全で耐久性のある建物を目指して

kenchiku_kokozodesign2

鋼構造は、柱やはりに鉄骨を使用し、一般住宅や超高層ビルまで幅広く見られる建築構造です。現在は高さ300mを超えるビルも現れる一方で、日本最初の超高層ビルは完成から50年を超えました。東北地方太平洋沖地震からの復興が進む今、全国で地震のリスクはさらに高まっています。そのため、新築建物はもちろんのこと、高齢化したビルに対する耐震アンチエイジング技術も差し迫った重要な課題です。私たちの研究室では巨大な建物から小さな接合部までを対象にして、モデル実験とコンピュータシミュレーションを同時進行で行い、耐震性能向上のための研究を続けています。

 

【主な研究テーマ】
●鋼構造接合部の性能向上手法に関する研究
●既存鉄骨造建物の構造リノベーション手法に関する研究
●福島県内公共建築物の耐震化に関する研究
●建築構造物の長寿命化および高耐震化に関する研究開発
●火力発電所に現存する鉄筋コンクリート造煙突の耐久性能評価

研究室ホームページ

 

鉄筋コンクリート構造デザイン研究室

専任講師:堀川 真之

鉄筋コンクリート造建物がもつ「新の性能」とは?

鉄筋とコンクリートにより建設された建築物は、小・中学校やタワーマンションをはじめ、多くの人間が集まる建物として幅広く活用されています。たび重なる大地震を経験した日本は、耐震技術に磨きをかけ、地震に打ち克つ建築をつくりあげてきました。そして、耐震改修も広く普及した今、建物の長寿命化が進んでいます。百歳を超える鉄筋コンクリート造建物の一生を予測することを目標に、ユーザーに寄り添いながら、実験と高度な数値解析を駆使して、「構造」の枠を越えた「新の性能」に迫ります。

【主な研究テーマ】
●高経年化した鉄筋コンクリート造建物の耐久性能評価
●若材齢期における高強度鉄筋コンクリート造建物の挙動予測
●長期にわたるクリープを考慮した鉄筋コンクリート造建物の構造性能評価
●高層鉄筋コンクリート造煙突のライフサイクル性能評価
●ユーザー視点における鉄筋コンクリート造建物の印象評価に関する研究

 

空間構造システム研究室

准教授:野内 英治

空間構造の創造をめざす

kenchiku_kukankozosystem自由な形状、大規模、経済的、かつ、安全な建築空間を構成するには、建築の構造学を体系的に修得し、自由な発想で創造しなければなりません。また、それらを検証するために、理論的に裏打ちされた数値解析あるいは実験が必要不可欠です。当研究室では、建築の構造学について基礎学力を養い、理論と解析手法について学びます。現在、主要な研究テーマとして、空間構造物の極限状態における簡便な線材要素の開発と、歩行者の動線シミュレーションによる最適な空間構成に関する基礎的研究を行っています。

【主な研究テーマ】
●空間構造に関する実験・研究
●個別要素法を利用した歩行者の動線シミュレーションに関する研究
●構造物の崩壊解析に関する研究
●各種プログラミング言語を用いた構造解析ソフトウェアの開発
●耐震設計法に関する調査・研究
木質構造に関する研究

研究室ホームページ

 

建築材料・施工

建築材料学研究室

教授:出村 克宣  准教授:齋藤 俊克

各種材料の持つ隠れた性能を見直し、それを有効利用した建築材料とシステムの開発を目指して

kenchiku_kenchikuzairyogaku建築工学と材料工学の視野に立った建築材料の研究を進めています。環境調和型をキーワードに、天然素材を利用した建築材料とシステム、新しい建築材料やそれを用いたシステムの開発に取り組んでいます。また、コンクリートの劣化状況を診断して原因を探り、どういう材料・工法で補修すれば良いかを明確にするシステムの開発を目指しています。

【主な研究テーマ】
●ポーラスコンクリートの性能評価
●ポリマーセメントモルタルの性能評価法
●補修用ポリマーセメントモルタルの耐久性
表面含浸材の性能評価
●竹補強コンクリート・モルタルの開発
●鉄筋コンクリート構造物の補修システムの開発
●高耐久性塗料の性能評価

研究室ホームページ

 

鉄筋コンクリート(RC)構造・材料研究室

教授:サンジェイ パリーク

RC構造の実践的な耐震技術の開発および耐久性改善

kenchiku_RCkozo.zairyo鉄筋コンクリート(RC)構造建物は耐力と耐久力が要求されます。RC構造建物には地震力に対応できる強度と靭性が必要とされます。また、阪神大震災後、既存の建物について耐震診断と改修が行われていく中で、どう補強していくかが課題となっており、地震力を想定した柱・はりの接合部の弾塑性挙動に関する研究を進めております。加えて、各種連続繊維補強材(CFRP)を用いた補強や粘弾性物質材を利用した制震部材の研究など、実践的な幅広い耐震技術の開発に取り組んでいます。さらに、RC構造物の耐久性改善を目的とした新素材の研究開発を行っています。

【主な研究テーマ】
●自己修復機能型(インテリジェント)コンクリートの研究開発
ジオポリマー(セメント未使用)コンクリートに関する研究開発
建築用内・外装材料の防耐火性能の評価に関する研究開発
●超高強度コンクリートの研究開発
●高密度コンクリートの遮蔽性能に関する研究開発
長・短繊維によるコンクリート構造部材の補強工法の研究開発
●インドのCO2削減を目的に未利用資源を有効利用した無焼成レンガに関する研究開発
●インドの歴史的構造物及びインド住宅に関する調査研究

研究室ホームページ

PAGETOP
Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.