土木工学科の概要

department_top01

人と自然が共生する「暮らし」をつくる

土木工学科概要土木工学は英語で“Civil Engineering”(市民のための工学)といいます。道路や鉄道、橋やトンネル、都市空間から自然環境の整備まで、対象は多岐にわたります。そして近年では防災、環境、インフラの老朽化といった問題が生まれ、土木工学には新たな役割が求められています。街を“つくる”だけでなく、インフラを“なおす”、環境を“まもる”、災害を“ふせぐ”―。時代とともにそのフィールドは大きく広がっています。

社会基盤デザインコース

101社会基盤の保全と防災力向上に関する基本認識と、知識や技術を有し、自然災害に強い持続可能型社会をつくる技術者の育成をめざしたコースです。

カリキュラム一覧

 

環境デザインコース

環境の保全、資源循環などに関する基本認識と、知識や技術を有し、人間社会と自然環境との共生を図る技術者の育成をめざしたコースです。102

カリキュラム一覧

 

学びのポイント

  • number01学生の希望と社会の要望を背景に多彩な講義を設定

    学生の希望に配慮した分かり易い講義、社会のニーズを取り入れた多彩な科目で夢の創造や実現をサポート。近年は継続して高い就職実績を残しています。

  • number02充実した環境で着実に力がつく教育を実現

    学生と教員の距離が近く、実験・実習を取り入れた実学的な学びを用意。学科独自の入学前教育や、意欲ある1年生が対象のトップアップ教育も導入。

  • number03目指す目標は地域社会に貢献できるエンジニアの養成

    東日本大震災での経験を活かした災害に強く長持ちするインフラの実現、自立共生のまちづくりなどをめざす、地域に根差した最先端の研究に取り組むことができます。

 

 

学びのフィールド

安全・安心・快適な都市・社会空間を考える

持続可能な技術開発やシステムを考える

限りある資源の有効活用を考える

自然と調和した循環型社会で環境をまもる

道路・橋・トンネルなど暮らしを支える大規模構造物をつくり・まもる

自然災害から都市・社会をまもる

 

カリキュラム

土木構造物と環境の関係を幅広い視点から考える

土木構造物についての理解はもちろん、地盤や河川湖沼、生態系などの性質を理解し、構造物と環境の関係を多角的に考える力を養います。郡山の豊かな自然環境は、土木工学を学ぶ上での最適なフィールドとなるでしょう。またITなどの新たな基盤技術、ものづくりに関わる上での実践力、問題の分析・解決に必要となる基礎能力、卒業後の資格取得を見据えた能力の修得を重視しています。

1年次

専門教育科目 ●コンピュータリテラシー●基礎力学及び演習●測量学Ⅰ●測量実習Ⅰ●社会環境デザイン入門●生物と環境の共生概論●基礎力学
自然科学科目 ●工科系数学Ⅰ及び演習●工科系数学Ⅱ・Ⅲ●物理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ●物理学実験及び演習●化学Ⅰ・Ⅱ●化学実験及び演習●化学Ⅰ・Ⅱ 
教養科目 ●自主創造の基礎1・2●日本語表現法●日本国憲法●経済学Ⅰ・Ⅱ
外国語科目 ●基礎英語●英語読解Ⅰ・Ⅱ●英語表現法Ⅰ・Ⅱ●基礎日本語Ⅰ・Ⅱ 
体育科目 ●体育・スポーツⅠ・Ⅱ

2年次

専門教育科目 ●構造解析学Ⅰ・Ⅱ及び演習●地盤工学Ⅰ・Ⅱ及び演習●水理学Ⅰ・Ⅱ及び演習●測量学Ⅱ●測量実習Ⅱ●構造材料学●交通工学●基礎プログラミング及び演習●国土形成計画史及び景観学●基礎統計学●水資源工学●環境評価論 
自然科学科目 ●工科系数学Ⅳ●物理学Ⅳ
教養科目 ●哲学Ⅰ・Ⅱ●日本の文化
外国語科目 ●英語コミュニケーションⅠ・Ⅱ●実用英語Ⅰ・Ⅱ●日本語講読Ⅰ・Ⅱ

3年次

専門教育科目 ●技術者倫理●ゼミナール●材料実験●土質実験●水質実験●鋼構造学●コンクリート構造学及び演習●社会基盤計画学●下水道工学●道路工学●社会基盤保全工学●構造設計論●都市及び地域計画●リスクマネジメント及び地震防災工学●製図及び基礎CAD●社会環境デザイン・スキルズ●空間情報学●環境地盤工学●河川・砂防工学●海岸・港湾工学
教養科目 ●心理学Ⅰ・Ⅱ 
外国語科目 ●実用英語Ⅲ
体育科目 ●健康・スポーツ概論

4年次

専門教育科目 ●卒業研究●建設マネジメント及び施工法●構造実験●水理実験●火薬学
外国語科目 ●技術英語

 

シラバス

PAGETOP
Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.