総合教育

総合教育では、各学科で専門的な知識・技術を深めていく上で必要となる「工学の基礎」を学んでいきます。また、人間性豊かな視点で物事を考える教養、国際化や情報化に対応できる語学力やコンピュータリテラシーを養うことで、心身ともに健やかな人材を総合的に育成することを目的としています。

教育理念

総合教育は、広く豊かな知識を修得し、基礎力を構築し、物事を総合的に判断し得る能力を養い、進展してやまない科学・技術や社会にしなやかに対応し、貢献することのできる人材の育成を図ります。

number19 教養教育 教養教育は優れた感性・知性、言語能力・身体的能力、思考力等を育むという観点において、大学教育の核心をなします。人間性や諸能力を高めることは、総合教育にかかるすべての教科共通の目標であり、その実現によって個々の専門教科学習の総合化が図られ、よりよい効果を期待し得ます。
number20 基礎教育 数学・物理学・化学等の基礎科学の確実な修得を図り、自然界の法則性や探求の基礎的方法を会得させます。徹底した基礎教育によって得られる基礎力と総合的な見方は、そのまま工学の基礎として役立つのはもちろんのこと、知識の増大と細分化を続ける専門諸分野の学習に対する拠所として意味を持ちます。
number21 情報化・国際化への対応 激変する地域社会・国際社会の中で生きていくための知識と知恵の獲得を図ります。その一つの課題として、環境問題への関心の喚起は急務です。また、限りなく増大する情報化への対処について、基本的な在り方を啓発する場と機会を与えます。

5つの科目区分

総合教育には、次のような5つの科目区分があります。

教養科目

知性と感性を磨くことで、物事を総合的に判断できる能力を育みます。さらには、歴史的・社会的感覚を養い、複雑化する国際社会や地域社会のなかで生きていくために必要な知識と知恵を身につけます。
◇法学 ◇憲法 ◇政治学Ⅰ・Ⅱ ◇文学 ◇哲学Ⅰ・Ⅱ ◇心理学Ⅰ・Ⅱ ◇経済学Ⅰ・Ⅱ ◇歴史学 ◇日本語表現法 ◇日本の文化(※) (※)留学生履修科目

外国語科目

英語(CALL教室などを利用)に加えて、ドイツ語と中国語を選択科目として設置。異文化の理解に必要不可欠な国際的な教養を身につけていきます。なお、英語検定試験(TOEIC、TOEFL、英検)を利用した単位認定制度も実施しています。
◇英語読解Ⅰ・Ⅱ ◇英語表現法Ⅰ・Ⅱ ◇英語講読Ⅰ・Ⅱ ◇英語コミュニケーションⅠ・Ⅱ ◇TOEICⅠ~Ⅳ ◇ドイツ語入門 ◇基礎ドイツ語Ⅰ・Ⅱ ◇中国語Ⅰ・Ⅱ ◇基礎日本語Ⅰ・Ⅱ(※) ◇日本語講読Ⅰ・Ⅱ(※)(※)留学生履修科目

体育科目

身体を動かすことの楽しさや喜びを体験するとともに、年齢を重ねてからも健やかに生活していくための方法を学びます。授業は実技と理論があり、実技はスポーツを通して仲間をつくり、大学生活を充実させるきっかけにもなります。ゴルフやソフトボール、バスケットボール、フィットネスなど多彩な種目の中から選ぶことができます。
◇体育・スポーツⅠ・Ⅱ ◇健康・スポーツ概論

基礎科目

さまざまな履修歴を持つ学生には、工学の知識・技術をスムーズに修得していけるよう、日本語、数学、物理学、化学の基礎学力向上や科学的思考力の育成をめざします。
◇基礎の数学 ◇基礎の物理学 ◇基礎の化学 ◇日本語表現基礎

自然科学科目

数学や物理学、化学系の自然科学科目は、工学に携わる技術者には欠かせない「土台」となります。これらの科目を通して科学的な基礎力や分析力、思考力、構想力、洞察力、さらに探究心をしっかり身につけることをめざします。
◇微分Ⅰ・Ⅱ ◇積分 ◇行列・行列式 ◇力と運動の物理学Ⅰ・Ⅱ ◇電気と磁気の物理学 ◇熱とエントロピーの物理学 ◇物理学実験 ◇化学Ⅰ・Ⅱ ◇化学実験

諸制度

助言教員制度

大学生活への移行がスムーズに進むよう、総合教育の担当教員による「助言教員制度」を設置。学生生活全般についての悩みは担当教員に気軽に相談してください。また、担当教員との会話を通して、コミュニケーション能力や人間性を養うこともできるでしょう。

新入生学外研修

新入生学外研修

新入生が一日も早く大学生活に慣れることを目的に、入学直後に1泊2日で、学外での研修を実施します。高校と大学の学びはどう違うのか、大学生としての心構えや授業の履修方法などについての解説を行います。教員や新しい仲間との親睦を深める機会としても最適です。

 

 

新入生対象の各種セミナー

フレッシュマンセミナー教養講座や個人面談などを通じ、大学での学習方法や社会人になるための力を身につけることを目指す新入生対象の各種セミナーを毎週木曜日に開講しています。週1回担任に会うための機会にもなり、より学生生活を充実させることにつながっています。

PAGETOP

日本大学工学部
〒963-8642 福島県郡山市田村町徳定字中河原1 TEL.024-956-8600

Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.