『ロハス工学』が創る未来に、ドキドキ、ワクワク。

日本大学工学部で出会う新しい生き方と「ロハス工学」の世界

工学がめざすことは、科学を実用化し、モノとモノを組み合わせて、人々の生活を豊かにすること。
どのような知見をもとに、何を組み合わせるか。そこには、無限のフィールドが広がっています。
一方で現在、地球規模で懸念されているのが、温暖化や環境汚染による健康被害と絶滅危惧種の数の増加。
このような重大な課題を抱える21世紀の人類そして地球は、新しい生き方と解決のための”工学”を必要としています。
そのキーワードとなるのが、「Lifestyles of Health and Sustainability」の頭文字をとった『 LOHAS(ロハス)』。
自然環境と共存する社会で、人と地球が健康かつ永続的に共存することをめざす生活スタイルのことです。
日本大学工学部では、この考え方をベースとした「ロハス工学」を、1999年から教育と研究のテーマに掲げました。
人と地球の未来のために必要とされる新しい工学体系、それが「ロハス工学」なのです。

― Student Voice ―

Movie▶土木工学科

Movie▶建築学科

Movie▶機械工学科

Movie▶電気電子工学科

Movie▶生命応用化学科

Movie▶情報工学科

― Pick Up Lab ―

画像1

水資源・水災害・気候変動を見据え、河川流域をマネジメントする

土木工学科
水文・水資源工学研究室

画像2

すべてのひとにやさしい医療・福祉建築のデザインを探究

建築学科
医療・福祉建築デザイン研究室

画像3

機械工学の知識・技術を活用し、医療・健康・福祉の未来に貢献

機械工学科
生体流体力学研究室

画像4

画像や映像を用いてスポーツ等のスキルアップを支援

電気電子工学科
コミュニケーション工学研究室

画像5

生命分子の機能を向上させて健康増進や環境・産業へ応用

生命応用化学科
生命分子工学研究室

画像6

異分野の専門家と密に連携しながらデジタル形状処理の研究を推進

情報工学科
生産システム工学研究室

― Guidebook ―

― Find Up ―