2022-01

害・感染症・伝染病発生時のER(緊急救命室)開発プロジェクト

プロジェクト画像

候性・フレキシブルな形状に進化したハニリアル組立型パネルの
「製品設計開発と迅速供給体制」の確立を目指す


概要

災害(自然、人為(事故))、感染症、および伝染病など発生した際には、人命救助、感染拡大防止・予防対策のための診療が急務です。特に緊急用診療スタッフ活動拠点となる施設ER(Emergency Room緊急救命室)等の開設は最優先されます。我々の前プロジェクトでは2015年より、東日本大震災の反省からERの開発設計試作実証試験を実施してきています。新たなERのコンセプトは「いつでも・どこでも・工具レスで・軽くて・女性でも・簡単に組立ができ・パッケージされ・保管備蓄ができる」。このコンセプトは国内外から高く評価され、その需要が途切れることはありません。災害によるニーズに留まることはなくSDGsに関わるニーズにも対応できるように、これをさらに進化発展させ国内外の災害現場に役立つERに貢献するためのプロジェクトを組織します。

活動計画

(1) 用途に応じた開発設計試作…検証…納品
  1)ハニリアルパネル・基本素材
  ・表面加工…滅菌、防湿、防水、保温、断熱、防音、診療メモ、伝言メモ、他
  ・ハニカムコア…強度、歪み、面圧強度、防湿、防水、保温、断熱、防音、他
  2)ジョイント・ハニリアル外枠・建屋とパネル
  ・パネル組合せ…使い方によりサイズリアレンジ可能
  3)耐用年数
  ・3カ月;緊急時の仮設建屋…各自治体許可申請済み
  ・1年長期間;仮設建屋…長期1年は東京都庁から認可済み

写真4

ハニリアルパネル・基本素材(ハニカム構造・軽量高剛性リサイクル・環境負荷軽減・SDGs対応)

(2) 用途
  1)緊急時とは
  ・災害(自然、事故)時
  ・感染症や伝染病の発生時
  2)仮設建屋…多用途のため一例上げる
  ・ER、避難所、通信施設、診療所、看護所、水・医薬品医療機器保管
  ・避難所内外トイレ、隔離室、検査室、待機室、衣類・食料保管
  ・難民施設(キャンプ、診療所、他)…等
  3)SDGs
  ・17の目標、これに応じた169のターゲットが存在
  ・169ごとの用途に沿った開発設計
  ・5つパートナーに沿った開発設計
  ・上記1)、2)と関連

写真4

仮設建屋(例:ER)

写真4

ギリシャ難民キャンプ

(3) 工学的な知見・検証・実証
  ・用途仕様書作成、製作組立-要素図面…企業主体
  ・要素強度、組立強度、要求強度の数値計算シミュレーション…大学主体
  ・各要素-一部要素組立-強度試験と評価…大学主体
  ・新たな開発要素材強度試験、数値計算シミュレーション…大学主体

写真4

DMATの解析結果

写真5

要素の曲げ試験検証シミュレーション

写真6

継手の曲げ試験検証シミュレーション

写真7

各要素の物性値を用いて構造本体のモデル構築


マイルストーン


  1. 1年目
    2022
●売り込み・商談・契約

★国内外の災害・感染症関連 展示会出展・出店・評価

  1. 2年目
    2023
●売り込み・商談・契約
★国内外用途・試作納品・実証評価
★国内外の災害・感染症_展示会・評価
  1. 3年目
    2024
●売り込み・商談・契約
★試作開発納品・実証評価
  1. 4年目
    2025
●売り込み・商談・契約
★国内外用途・試作納品・実証評価
★国内の自治体、企業、セールス交渉
  1. 5年目
    2026
●国内外のバイヤー対策・売り込み・商談・契約
●海外は大使館も含む
★赤十字、NPO、JETRO、消防庁、防衛省、環境省、国土交通省、厚生労働省、関係省庁、等

ロジェクトメンバー

Card image cap
プロジェクトリーダー/研究責任者(総括・提案)

建築学科/教授
ガン・ブンタラ

【研究分野】構造工学・地震工学・維持管理工学、建築構造・材料、工学基礎、地盤工学

プロフィール
Card image cap
研究分担者(解析・まとめ)

機械工学科/教授
長尾 光雄

【研究分野】バイオメカニクス、ノイズコントロール 他

プロフィール
Card image cap
研究分担者(試作開発)

神田産業株式会社/代表取締役
神田 雅彦

【会社概要】環境負荷低減ハニリアルボード商品開発、地域社会に貢献する商品のご提供

企業情報
Card image cap
研究分担者(試作開発)

神田産業株式会社/ハニリアル事業部営業技術部部長
石澤 秀忠

【会社概要】環境負荷低減ハニリアルボード商品開発、地域社会に貢献する商品のご提供

企業情報