パソコン用の画像

お知らせ

スケジュールとカリキュラム

教員免許状の取得には、それぞれの免許状に必要な専門学科の単位だけではなく、教職に関する科目や介護等体験、教育実習などを計画的に履修する必要があります。しっかりとした履修計画を立てて、教員免許状取得に向けてがんばりましょう。
詳しくは教職課程ガイダンスにて説明を受け、履修条件と必要科目の確認をしてください。
(1年次7月、または12月の「教職課程履修新規希望者ガイダンス」に必ず参加し、「教職課程履修許可願」を提出してください)
学年別スケジュール
は参加必須です。
  • 4月

  • 4月上旬

    ■教職課程ガイダンス

  • 5月

  • 6月

  • 7月

  • 7月上旬

    ■教職課程履修新規希望者ガイダンス

  • 8月

  • 9月

  • 9月中旬

    ■教職課程履修許可者発表(新規)
    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修変更, 履修料納入

  • 10月

  • 11月

  • 12月

  • 12月上旬

    ■次年度教職課程履修新規希望者ガイダンス

  • 1月

  • 1月中旬

    ■次年度教職課程履修許可願提出(継続)

  • 2月

  • 3月

  • 4月

  • 4月上旬

    ■教職課程履修許可者発表(新規・継続)
    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修登録・変更、 履修料納入

  • 5月

  • 6月

  • 7月

  • 7月上旬

    ■後学期教職課程履修新規希望者ガイダンス

  • 8月~9月

  • 8月~9月

    ■集中講義

  • 9月

  • 9月中旬

    ■教職課程履修許可者発表(新規)
    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修変更、 履修料納入

  • 10月

  • 11月

  • 12月

  • 12月上旬

    ■次年度介護等体験ガイダンス

  • 1月

  • 1月中旬

    ■次年度介護等体験申込書提出
    ■次年度教職課程履修許可願提出(継続)

  • 2月

  • 3月

  • 4月

  • 4月上旬

    ■教職課程履修許可者発表(新規・継続)
    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修登録・変更、 履修料納入
    ■介護等体験ガイダンス

  • 4月中旬

    ■次年度教育実習ガイダンス
    ■介護等体験事前指導(特別支援学校・前期)
    ■介護等体験関係書類提出(特別支援学校・前期)
    ■介護等体験費納入

  • 5月~

  • 5月~

    ■介護等体験実施(12月まで)

  • 5月~6月

  • 5月~6月

    次年度教育実習関係書類提出

  • 7月

  • 7月上旬

    ■介護等体験事前指導(社会福祉施設)
    ■介護等体験関係書類提出(社会福祉施設)
    ■後学期教職課程履修新規希望者ガイダンス

  • 8月~9月

  • 8月~9月

    ■集中講義

  • 9月

  • 9月中旬

    ■介護等体験事前指導(特別支援学校・後期)
    ■介護等体験関係書類提出(特別支援学校・後期)
    ■教育実習届(内諾書)提出
    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修変更、 履修料納入

  • 10月

  • 10月中旬

    ■教育実習事前・事後指導(事前指導Ⅰ)

  • 11月

  • 11月中旬

    ■教育実習事前・事後指導(事前指導Ⅱ)

  • 12月

  • 1月

  • 1月中旬

    ■次年度教職課程履修許可願提出(継続)

  • 2月

  • 3月

  • 4月

  • 4月上旬

    ■教職課程履修許可者発表(新規・継続)
    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修登録・変更、 履修料納入
    ■介護等体験事後指導

  • 4月中旬

    ■教育実習ガイダンス
    ■教育実習事前・事後指導(事前指導Ⅲ)

  • 4月下旬

    ■教育実習関係書類提出

  • 5月

  • 5月~

    ■教育実習実施(9月まで)

  • 6月

  • 7月

  • 7月上旬

    ■後学期教職課程履修新規希望者ガイダンス

  • 8月~9月

  • 8月~9月

    集中講義

  • 9月

  • 9月中旬

    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修変更、 履修料納入

  • 10月

  • 10月中旬

    ■教育実習事前・事後指導(事後指導)

  • 11月

  • 12月

  • 12月中旬

    ■教育職員免許状申請ガイダンス

  • 1月

  • 1月中旬

    ■教育職員免許状申請書提出

  • 2月

  • 3月

  • 3月25日

    ■教育職員免許状授与

科目によっては履修料が必要となります。

介護等体験並びに教育実習は体験施設・実習校の協力のもとに行う学外行事となっておりますので、十分な自覚をもって取り組んでください。

具体的な日程や履修に関する連絡は、工学部ポータルサイトにて行われます。
必ず確認するようにしてください。

ポータルサイトはコチラ
カリキュラム

詳しい内容は下記のリンクからご確認ください。

シラバスはコチラ

取得できる免許状

学部卒業者 のうち教職課程で所定の単位を修得した者は、次の教科の免許状を取得できます。
学科 中学校教諭一種免許状 高等学校教諭一種免許状
土木工学科 技術 工業
建築学科 技術 工業
機械工学科 技術 工業
電気電子工学科 技術 情報/工業
生命応用化学科 理科 理科
情報工学科 数学 数学/情報
一種免許状取得者が大学院博士前期課程で所定の 単位を修得した場合、専修免許状が取得できます。
専攻 中学校教諭専修免許状 高等学校教諭専修免許状
土木工学専攻 工業
建築学専攻 工業
機械工学専攻 技術 工業
電気電子工学専攻 技術 工業
生命応用化学専攻 理科 理科
情報工学専攻 数学 数学
科目等履修生制度

科目等履修生制度とは、科目等履修生として授業を履修し、試験に合格すると単位を修得できる制度です。在学中に教員免許状を取得できなかった場合や、すでに教員免許状を取得済で、新たに別教科の教員免許状の取得を希望する場合は、本制度により必要な単位を修得することができます。
大学院に在籍している学生についても、学部の科目等履修生制度で学部の授業を履修し、教員免許状取得に必要な単位を修得することができます。

サポート体制

教職課程学修支援室

学校教育現場を知る教職のプロが相談に対応します

 工学部では、「教職課程学修支援室」を設置し、中学校や高等学校で実際に教鞭をとっていた実務家教員が個別相談に応じています。
 また、学校教育現場が直面しているさまざまな教育課題を取り上げながら、実際に教壇に立つための必要な教育技術や心構え等はもちろんのこと、教育課程の履修及び学修の仕方、教員採用試験に関する情報提供や試験対策、進路に関する相談も行っております。

実務家教員からのメッセージ

興奮するくらい本当にやりたいことを やらないと人間は続かない。 自分で考えて、発言して、意見をもらって、 未来を一緒に考えよう。

宇佐美 浩 特任教授(元茨城県立水戸工業高等学校校長)

※実務家教員:中学・高校での教育経験のある教員

教職課程特別講演会

現職のプロの教員から学ぶ
貴重な講演会も開催しています

 工学部では、現職の教員の方をお招きした講演会を年に数回開催しています。かつて同じキャンパスで学び、実際に工学と教職課程を履修し、現在教員として活躍されている卒業生の講演もあり、学生たちはたくさんの刺激を受けています。教職課程を履修している学生はもちろん、履修するかどうか迷っている学生にも貴重な講話となっています。

先輩からのメッセージ

資格取得の一つとして、教員免許は将来自分を助ける武器になる
教師を目指したきっかけは?

 父の影響です。私の父も中学校の教員をしており、その背中を見て育った影響か自然と教員を目指すようになりました。

採用試験勉強はいつ頃から始めましたか?
また、合格するための秘訣は?

 都道府県によって試験の方法は様々ですが、私は小論文から勉強し始めました。小論文はテーマが変わっても、何回も書けば必ず同じ自分のスタイルを見つけられます。その段階にたどり着くまでには時間が必要なので、試験の半年から1年前くらいを目安に始めると良いと思います。その他教養科目や専門科目は試験前3か月を目安に一日8時間以上頑張れば合格に近づくと思います。

どんな教師になりたいですか?

 目指す教師は父です。ON・OFFをしっかり使いこなせるようになれば自然と生徒との距離が縮まると思いますし、生徒とのコミュニケーションは大切にしていきたいです。私は生徒の勉強のスイッチを入れるまでの道程が重要だと考えています。生徒と関わる時間を増やして、まずは信頼関係を築いていきたいです。

Card image cap

長野県採用

工業

土木工学科卒業
保科 克さん
長野県南安曇農業高等学校 出身
自分らしさを活かし、工業高校と生徒の可能性を広げる事に貢献したい
採用試験勉強はいつ頃から始めましたか?
また、合格するための秘訣は?

 2年生から教職の先生の部屋へ通い、対策の進め方についてご助言をいただいていました。3年生の秋から採用試験を受ける人たちと共に勉強会を行うようになり、その頃から本格的に始めたと思います。日常でも教育関連の本を読み、面接や論文で役立つ知識や思考を養うよう努めました。また、OBの先生を紹介していただき、休日等にお会いして採用試験の情報やご助言をいただいていました。早くから行動を起こし、OB等の人脈を広げ、情報や体験談を聞くことが合格の近道になります。

どんな教師になりたいですか?

 いじめ、落ちこぼれという私の中でマイナスだった経験が教職ではプラスに働くと信じています。多くの先生方は小学校から高校まで成績優秀で大学進学した人がほとんどですが、悩みながらたどり着いた人間だからこそなれる教師像があるはずです。また、時代の流れとともに求められる教師像も変わります。新たな時代に求められる教師像、昔ながらの教師らしい教師ではなく、自分にしかなれない自分らしい教師像を模索していきます。

教員を目指す後輩たちにメッセージをお願いします

 学ぶことの大切さを実感し、学修に励める環境にいる事が当たり前でなく、とても有難いことなのだと思えるような大学生活を送れることを願っています。

Card image cap

茨城県採用

工業

建築学科卒業
大吉 世偉哉さん
茨城県立下館工業高等学校 出身
一人で抱え込まず、周りの人を頼る事が教員採用試験で大事なこと
採用試験勉強はいつ頃から始めましたか?
また、合格するための秘訣は?

 大学3年生の後期から行いました。夏休みの間に教育委員会を訪ねて過去問をいただき、過去問を中心に筆記試験の勉強を行い、分からない問題は友達や先生に質問をしに行きました。小論文は先生に添削をしていただき、違う問題や類題をたくさん書くことで書き方を身に付けていきました。面接と集団討論は実際に練習をしていただき、雰囲気をつかみました。実技は、練習をする場所をお借りして、アドバイスをいただきながら技能を磨きました。自分一人だったら合格しなかったと思います。教職の先生方に教えていただいたり、同じ志を持った友達と一緒に勉強したりする事で合格への道が開かれたと思うので、一人で抱え込まず周りの人を頼る事が教員採用試験で大事なことだと思います。

どんな教師になりたいですか?

 生徒が幸せな学校生活が送れるように、手助けができる先生になりたいと思います。常に明るく、生徒とコミュニケーションを深め、何でも気軽に相談できるような関係を築いていきたいです。生徒の些細な変化を見逃さず、教員同士でも情報共有を行えるようにたくさんの人と信頼関係を結んでいきたいと思います。また、自身の経験から「生徒にとって学校生活は人生で一度しかない」という気持ちを忘れずに、笑顔で楽しみながら生徒と一緒に学んでいきたいと思います。

教員を目指す後輩たちにメッセージをお願いします

 教職課程は、自分の専門教科を受けた後の5限目や6限目に授業が入る事が多いので、帰る時間が遅くなったり、課題が増えたりします。学年が上がる度にどんどん授業が増え、1限目から6限目まで授業が入っている日もありました。そのため、教職課程の履修をやめる友達もいました。それでも教職課程を履修する事ができたのは、一緒に教職課程を取っていた仲間たちが居たからです。大変な事や辛い事も沢山ありましたが、仲間に引っ張って貰ったお陰で今の私があります。教職課程は長く険しい道のりですが、仲間と一緒に歩むことで楽しくなるので頑張ってください。

Card image cap

埼玉県採用

技術

電気電子工学科卒業
遠藤 伊織さん
埼玉県立伊奈学園総合高等学校 出身
日常生活の科学に疑問を持ち、生徒とともに学び続けている姿勢を大切に
採用試験勉強はいつ頃から始めましたか?
また、合格するための秘訣は?

 修士課程1年の10月 (試験9か月前) から対策を始めました。特に大事なことは“受験自治体”に合格するために必要な対策の可視化と、試験日までのスケジュール管理・見直しの徹底だと考えます。必要な対策は、過去問をこなすことで明確になります。1次試験の対策では、手に入る過去問をすべて解き、出題形式や難易度が類似する高校・大学受験用の問題集を試験日から逆算した計画をもとに解いていきました。また演習量確保のために全国の過去問もこなしました。2次試験の対策は、教職の先生方を頼りました。ゼロから頼るのではなく、面接練習などを通して、自分が行ってきた対策が正しいのかどうかを確認することが目的でした。客観的な視点で的確にアドバイスをくださり、また良いところはとことん褒めていただき大変励みになりました。

どんな教師になりたいですか?

 生徒のためにできることではなく、やるべきことを全うできる先生になりたいです。生徒が楽しく学校に登校でき、わくわくした気持ちで授業を受けるためには、生徒たちへの深い理解が欠かせません。そのために、常日頃から生徒の声に耳を傾け、よく観察し、生徒にとって本当に必要なことは何かを考えて行動するように努めていきます。また、理科教員として日常生活の科学に疑問を持ち、生徒とともに学び続けていく姿勢を大切にしていきたいです。

教員を目指す後輩たちにメッセージをお願いします

 学科の卒業単位を取得しながらの教職課程履修は、授業も多くモチベーションの維持が大変だと思います。しかし、教職課程はあくまで教員になるために必要な通過点でありゴールではありません。“教員になる”(それもまたゴールではありませんが)という強い意志を持ち続けて、夢をかなえるために一歩踏み出していただければと思います。

Card image cap

福島県採用

理科

生命応用化学専攻修了
和久井 大輝さん
福島県立白河高等学校 出身

教員免許状の取得状況・教員就職状況

教員免許状の取得状況

免許状の種類 教科 土木 建築 機械 電気電子 生命応用 情報 計(件)
中学校教諭
一種免許状
数学 1 1 1 2 0 5 10
理科 2 2 1 1 8 0 14
技術 1 1 0 3 1 0 6
高等学校教諭
一種免許状
数学 1 5 1 3 0 7 17
理科 3 2 1 2 15 0 23
工業 5 8 1 5 2 0 21
情報 0 0 0 0 0 6 6
中学校教諭
専修免許状
数学 0 0 0 0 0 0 0
理科 0 0 0 0 3 0 3
技術 0 0 0 0 0 0 0
高等学校教諭
専修免許状
数学 0 0 0 0 0 0 0
理科 0 0 0 0 3 0 3
工業 0 0 0 0 0 0 0
計(件) 13 19 5 16 32 18 103
実人数(人)学部 6 12 3 10 15 7 53
実人数(人)大学院 0 0 0 0 3 0 3
免許状の種類 教科 土木 建築 機械 電気電子 生命応用 情報 計(件)
中学校教諭
一種免許状
数学 0 2 3 3 3 1 12
理科 0 0 0 0 7 0 7
技術 0 1 0 0 0 0 1
高等学校教諭
一種免許状
数学 1 3 3 9 3 3 22
理科 0 0 0 1 8 0 9
工業 5 8 4 6 0 0 23
情報 0 0 0 0 0 2 2
中学校教諭
専修免許状
数学 0 0 0 0 0 0 0
理科 0 0 0 0 0 0 0
技術 0 0 0 0 0 0 0
高等学校教諭
専修免許状
数学 0 0 0 0 0 0 0
理科 0 0 0 0 1 0 1
工業 0 0 0 0 0 0 0
計(件) 6 14 10 19 22 6 77
実人数(人)学部 5 11 7 13 11 3 50
実人数(人)大学院 0 0 0 0 1 0 1
免許状の種類 教科 土木 建築 機械 電気電子 生命応用 情報 計(件)
中学校教諭
一種免許状
数学 1 0 2 2 3 9 17
理科 0 0 0 0 15 1 16
技術 0 0 0 2 1 0 3
高等学校教諭
一種免許状
数学 1 0 5 3 3 9 21
理科 0 0 0 0 18 1 19
工業 4 2 3 8 3 1 21
情報 0 0 0 0 0 10 10
中学校教諭
専修免許状
数学 0 0 0 0 0 0 0
理科 0 0 0 0 3 0 3
技術 0 0 0 0 0 0 0
高等学校教諭
専修免許状
数学 0 0 0 0 0 0 0
理科 0 0 0 0 3 0 3
工業 0 0 0 0 0 0 0
計(件) 6 2 10 15 49 31 113
実人数(人)学部 5 2 6 11 22 13 59
実人数(人)大学院 0 0 0 0 3 0 3

Q&A

A「1年次の4月と7月に教職課程履修希望者ガイダンスが実施されます。教職課程の履修・手続等についての説明がありますので、希望者はぜひ出席してください。」

A「教科及び教科の指導法に関する科目」のうち、一部の科目について卒業要件の総合選択単位として参入することができますので、『教職課程履修の手引』で確認してください。教務課で閲覧できます。

A 教職課程の履修に当たっては、科目により履修料が必要となるものがあります。1単位につき500円ですが、各教科で修得する単位数が違いますので注意してください。その他に、介護等体験費(中学校教諭一種免許状を取得する場合に限る)や教育実習費、教員免許状一括申請手数料がありますので、「教職課程履修の手引」で確認してください。教務課で閲覧できます。

A できます。下位年次配当の科目は履修可能です。

A 教員採用試験等において、中・高両方の免許状の取得が出願条件になっている場合があるため、中学校と高校の免許状をあわせて取得することをお勧めします。

A 課外活動と教職課程を両立している先輩はたくさんいます。大変なこともあると思いますが、将来教職に就く際、課外活動から得た経験は大変貴重です。採用試験での自己アピールにもなりますので、ぜひ課外活動に挑戦してください。

A 工学部の卒業要件を満たし、かつ教職課程を履修し、その必要単位を修得することで教育職員免許状を取得できます。各自治体の教員採用試験合格、または各私立校の採用試験等を経て、多くの先輩方が教壇に立っています。

A 教職課程支援室または,教務課まで問い合わせてください。
教職課程支援室 55号館4階401号室
平日16:30~17:40(木曜除く) 土曜11:30~12:40
    教務課 ceb.kyomu1@nihon-u.ac.jp