パソコン用の画像

お知らせ

スケジュールとカリキュラム

教員免許状の取得には、それぞれの免許状に必要な専門学科の単位だけではなく、教職に関する科目や介護等体験、教育実習などを計画的に履修する必要があります。しっかりとした履修計画を立てて、教員免許状取得に向けてがんばりましょう。
詳しくは教職課程ガイダンスにて説明を受け、履修条件と必要科目の確認をしてください。
(1年次7月、または12月の「教職課程履修新規希望者ガイダンス」に必ず参加し、「教職課程履修許可願」を提出してください)
学年別スケジュール
は参加必須です。
  • 4月

  • 4月上旬

    ■教職課程ガイダンス

  • 5月

  • 6月

  • 7月

  • 7月上旬

    ■教職課程履修新規希望者ガイダンス

  • 8月

  • 9月

  • 9月中旬

    ■教職課程履修許可者発表(新規)
    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修変更, 履修料納入

  • 10月

  • 11月

  • 12月

  • 12月上旬

    ■次年度教職課程履修新規希望者ガイダンス

  • 1月

  • 1月中旬

    ■次年度教職課程履修許可願提出(継続)

  • 2月

  • 3月

  • 4月

  • 4月上旬

    ■教職課程履修許可者発表(新規・継続)
    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修登録・変更、 履修料納入

  • 5月

  • 6月

  • 7月

  • 7月上旬

    ■後学期教職課程履修新規希望者ガイダンス

  • 8月~9月

  • 8月~9月

    ■集中講義

  • 9月

  • 9月中旬

    ■教職課程履修許可者発表(新規)
    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修変更、 履修料納入

  • 10月

  • 11月

  • 12月

  • 12月上旬

    ■次年度介護等体験ガイダンス

  • 1月

  • 1月中旬

    ■次年度介護等体験申込書提出
    ■次年度教職課程履修許可願提出(継続)

  • 2月

  • 3月

  • 4月

  • 4月上旬

    ■教職課程履修許可者発表(新規・継続)
    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修登録・変更、 履修料納入
    ■介護等体験ガイダンス

  • 4月中旬

    ■次年度教育実習ガイダンス
    ■介護等体験事前指導(特別支援学校・前期)
    ■介護等体験関係書類提出(特別支援学校・前期)
    ■介護等体験費納入

  • 5月~

  • 5月~

    ■介護等体験実施(12月まで)

  • 5月~6月

  • 5月~6月

    次年度教育実習関係書類提出

  • 7月

  • 7月上旬

    ■介護等体験事前指導(社会福祉施設)
    ■介護等体験関係書類提出(社会福祉施設)
    ■後学期教職課程履修新規希望者ガイダンス

  • 8月~9月

  • 8月~9月

    ■集中講義

  • 9月

  • 9月中旬

    ■介護等体験事前指導(特別支援学校・後期)
    ■介護等体験関係書類提出(特別支援学校・後期)
    ■教育実習届(内諾書)提出
    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修変更、 履修料納入

  • 10月

  • 10月中旬

    ■教育実習事前・事後指導(事前指導Ⅰ)

  • 11月

  • 11月中旬

    ■教育実習事前・事後指導(事前指導Ⅱ)

  • 12月

  • 1月

  • 1月中旬

    ■次年度教職課程履修許可願提出(継続)

  • 2月

  • 3月

  • 4月

  • 4月上旬

    ■教職課程履修許可者発表(新規・継続)
    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修登録・変更、 履修料納入
    ■介護等体験事後指導

  • 4月中旬

    ■教育実習ガイダンス
    ■教育実習事前・事後指導(事前指導Ⅲ)

  • 4月下旬

    ■教育実習関係書類提出

  • 5月

  • 5月~

    ■教育実習実施(9月まで)

  • 6月

  • 7月

  • 7月上旬

    ■後学期教職課程履修新規希望者ガイダンス

  • 8月~9月

  • 8月~9月

    集中講義

  • 9月

  • 9月中旬

    ■教職課程ガイダンス
    ■教職課程履修変更、 履修料納入

  • 10月

  • 10月中旬

    ■教育実習事前・事後指導(事後指導)

  • 11月

  • 12月

  • 12月中旬

    ■教育職員免許状申請ガイダンス

  • 1月

  • 1月中旬

    ■教育職員免許状申請書提出

  • 2月

  • 3月

  • 3月25日

    ■教育職員免許状授与

科目によっては履修料が必要となります。

介護等体験並びに教育実習は体験施設・実習校の協力のもとに行う学外行事となっておりますので、十分な自覚をもって取り組んでください。

具体的な日程や履修に関する連絡は、工学部ポータルサイトにて行われます。
必ず確認するようにしてください。

ポータルサイトはコチラ
カリキュラム

詳しい内容は下記のリンクからご確認ください。

シラバスはコチラ

取得できる免許状

学部卒業者 のうち教職課程で所定の単位を修得した者は、次の教科の免許状を取得できます。
学科 中学校教諭一種免許状 高等学校教諭一種免許状
土木工学科 技術 工業
建築学科 技術 工業
機械工学科 技術 工業
電気電子工学科 技術 情報/工業
生命応用化学科 理科 理科
情報工学科 数学 数学/情報
一種免許状取得者が大学院博士前期課程で所定の 単位を修得した場合、専修免許状が取得できます。
専攻 中学校教諭専修免許状 高等学校教諭専修免許状
土木工学専攻 工業
建築学専攻 工業
機械工学専攻 技術 工業
電気電子工学専攻 技術 工業
生命応用化学専攻 理科 理科
情報工学専攻 数学 数学
科目等履修生制度

科目等履修生制度とは、科目等履修生として授業を履修し、試験に合格すると単位を修得できる制度です。在学中に教員免許状を取得できなかった場合や、すでに教員免許状を取得済で、新たに別教科の教員免許状の取得を希望する場合は、本制度により必要な単位を修得することができます。
大学院に在籍している学生についても、学部の科目等履修生制度で学部の授業を履修し、教員免許状取得に必要な単位を修得することができます。

サポート体制

教職課程学修支援室

学校教育現場を知る教職のプロが相談に対応します

 工学部では、「教職課程学修支援室」を設置し、中学校や高等学校で実際に教鞭をとっていた実務家教員が個別相談に応じています。
 また、学校教育現場が直面しているさまざまな教育課題を取り上げながら、実際に教壇に立つための必要な教育技術や心構え等はもちろんのこと、教育課程の履修及び学修の仕方、教員採用試験に関する情報提供や試験対策、進路に関する相談も行っております。

実務家教員からのメッセージ

興奮するくらい本当にやりたいことを やらないと人間は続かない。 自分で考えて、発言して、意見をもらって、 未来を一緒に考えよう。

宇佐美 浩 特任教授(元茨城県立水戸工業高等学校校長)

※実務家教員:中学・高校での教育経験のある教員

教職課程特別講演会

現職のプロの教員から学ぶ
貴重な講演会も開催しています

 工学部では、現職の教員の方をお招きした講演会を年に数回開催しています。かつて同じキャンパスで学び、実際に工学と教職課程を履修し、現在教員として活躍されている卒業生の講演もあり、学生たちはたくさんの刺激を受けています。教職課程を履修している学生はもちろん、履修するかどうか迷っている学生にも貴重な講話となっています。

先輩からのメッセージ

工学部で学んだ技術とものづくりの楽しさを伝え、生徒の未来に夢を与えられる教師になりたい
採用試験勉強はいつ頃から始めましたか?
また、合格するための秘訣は?

 大学2年生の夏休みから教員採用試験の準備と勉強を始めました。自治体によって試験の方法や内容も異なるので、自分が受験する都道府県の出題傾向を下調べして、過去問や教職教養・一般教養の問題集を解いて対策を取りました。教職課程の先生方には、面接対策や小論文の添削などでお世話になりました。

どんな教師になりたいですか?

 目指すのは、常に明るく、生徒とコミュニケーションを深め、生徒に対する深い愛情を持ち、生徒の良さを引き出し、そして伸ばせるような教師です。また、皆が行きたいと思えるような学校づくりのために、周りの先生方と協力・連携し情報共有を大切にしていきたいと考えています。そして、工学部で学んだものづくり、技術の面白さ、楽しさを授業で実現し、生徒の未来に夢を与えられる教師になりたいと思います。

教員を目指す後輩たちにメッセージをお願いします

 工学部の教職課程は、一つ一つの指導が丁寧です。教育に関する知識を理解するだけでなく、模擬授業もあり、教職課程を履修して本当に多くのことを学びました。工学部の強みは、土木工学を通して学ぶ専門科目で、視野を広くすることができるところです。自分の学科の授業と、教職課程の授業を両立してやるのは本当に大変だと思いますが、努力は裏切りません。自分の夢に向かって頑張ってください!

Card image cap

新潟県採用

技術

土木工学科卒業
佐藤 翔哉さん
新潟県柏崎高校 出身
誰からも信頼される教員を目指し、常に学び続けていきたい
採用試験勉強はいつ頃から始めましたか?
また、合格するための秘訣は?

 3年後期から福島県の教職教養を解き始めましたが、本格的な対策は3年の冬、4年生の合格体験記を聞いて焦り、エンジンがかかりました。一番力を入れたのは、小論文対策です。宇佐美先生からは受験先についてのアドバイスもいただきました。私は3県受験し、費用は掛かりましたが受験になれることができてよかったと思っています。放課後、公共施設の学習スペースに行って勉強したことも周囲の人たちから刺激を受けられて、自宅より集中できました。

どんな教師になりたいですか?

 信頼される教師になるために、生徒にとって魅力ある授業を展開していきたいと思います。社会とのつながりを持てる工業科ならではの魅力を伝えるために、地域との協働を行うなど教科書だけでは分からなかったことを知ることで、生徒自身の進路選択につながるような授業です。また、保護者や地域の方々からの信頼を得られるよう、豊かな人間性を身に付けていきたいと思います。生徒たちが工業に魅力を感じ、誰からも信頼されるような教師になるために、私は常に学び続けることが必要だと考えています。

教員を目指す後輩たちにメッセージをお願いします

 試験対策を始める時期は問題ではありません。「まずはやる!」という気持ちが一番大事だと思います。周囲が就職活動で内定を得ている中、その後にやってくる教員採用試験の日程は、とても遅く感じられ、焦ることでしょう。しかし、この難しい試験を受ける道を選んだ自分を褒め、工学部の研究で基礎から鍛えられた「持続力」と強い意志を持って、ぜひ夢を叶えてほしいと思います。

Card image cap

茨城県採用

工業

機械工学科卒業
高橋 優さん
福島県福島工業高校 出身
仕事に対する使命感と誇り、そして強い情熱を持った教員になりたい
採用試験勉強はいつ頃から始めましたか?
また、合格するための秘訣は?

 採用試験の勉強は、3年生になってから本格的に始めました。学校や市の図書館などで勉強したのですが、一緒に教職課程を履修している仲間と切磋琢磨して勉強することもお勧めです。私は1年生のころから日大の全国桜師会(校友教員の会)に参加していました。他学部の教員志望者とも交流できて刺激を受けられます。工学部は一般企業に就職する学生が多いので、先に内定をもらった人たちに流されずに勉強を頑張ってください。

どんな教師になりたいですか?

 仕事に対する使命感や誇り、子どもに対する強い情熱を持っている教員になりたいです。また、生徒を理解する力や授業づくりの力など、教育の専門家としての確かな力量を持ち、豊かな人間性などの人格的資質も含めた総合的な人間力を兼ね備えている教員が私の目指すべき教員像です。工学部ではエネルギーや環境問題を抱える現代社会が自然と共生する方法を学んできました。技術の授業を通して生活に必要な最先端のロハス工学の理念を伝えていきたいと思います。

教員を目指す後輩たちにメッセージをお願いします

 3年次は、コロナ禍で大学に行かない日が続き、私は目標を見失っていました。友達と切磋琢磨することもできず、熱意も冷めていたと思います。そんな時、教職課程の先生に声をかけてもらって救われました。一人で考え込まずに、友達や先生に助けを求めましょう。仲間と連絡を取り合ったり、自分から先生のところに行ったりと、学内推薦制度の有無や各自治体の詳しい情報や資料を収集することも大事です。大学生活を通してたくさんのことを経験し、絶対教員になるという断固たる決意を持って勉強を頑張ってください。一人でも多くの学生が教員採用試験に合格することを祈っています。

Card image cap

埼玉県採用

技術

機械工学科卒業
千葉 圭介さん
岩手県一関工業高校 出身
子どもたちのために全力を注ぎ、熱意をもって接する教師を理想に。感性豊かな子どもたちを育成したい
採用試験勉強はいつ頃から始めましたか?
また、合格するための秘訣は?

 私は、3年生から教職課程学修支援室に通い始めました。自治体の過去問を中心に勉強をしていましたが、「技術」の過去問は少なく、他県の過去問を積極的に解くことで、知識を身に付けていきました。私の場合、教育実習がターニングポイントだったと思います。実際に授業を行い、生徒と触れ合う中で、改めて自分に向いている仕事と感じるよい機会でした。教育実習後は、学修支援室で様々な教育課題などについて考えることで、ますます教員としての知見を深めることができ、2次試験の面接の際には、この経験が生きたと感じています。勉強のモチベーションを保つのは大変でしたが、仲間と一緒に切磋琢磨しながら最後までやり遂げることができました。

どんな教師になりたいですか?

 私の理想の教師像は「子どもたちのために全力を注ぎ、熱意をもって接する教師」です。子どもたちと積極的に関わり、自尊心などを向上させることで、感性豊かな子どもたちを育成したいです。また、学校行事や部活動などを通して、様々な人との関わりの大切さや、最後までやり抜き、あきらめないことの大切さを伝えていくことで、思いやりの心を育んでいきたいです。

教員を目指す後輩たちにメッセージをお願いします

 教員の仕事は、間近で生徒の成長がみられるのが喜びであり、これが私のモチベ―ションにもなっています。中学の技術の授業でも、ワンランク上のプログラミング技術を持つ工学部出身の強みを活かした授業実践を行い、困難を乗り越えて完成したプログラムが正常に動いた時の達成感を味わう中で、ものづくりの面白さと自己の成長を感じてほしいと思っています。学科の勉強と教職課程の勉強との両立は大変ですが、教員になりたいという自分自身の夢に向かって最後まで頑張ってください。応援しています。

Card image cap

宮城県採用

技術

機械工学科卒業
根元 凌さん
宮城県白石高校 出身
生徒一人ひとりと向き合う教員を目指して。高い専門性と豊かな知識・人間性を身につけるために学び続ける
採用試験勉強はいつ頃から始めましたか?
また、合格するための秘訣は?

 2年生の春休みから準備を始めました。まずは中学理科と高校化学の復習を行い、並行して教職教養の勉強も進めていきました。実際に過去問を解き始めたのは3年生になってからです。何度も解きつつ、まずはとにかく1次試験に向けて勉強し、終了後は、すぐに切り替えて2次試験の対策を行い、面接練習、小論文添削を学修支援室で進めました。自分の意見をはっきり言える伝えることができる集団討論には自信がありました。友人の前で練習したことも効果がありました。印象で決まると思います。自信が持てる、納得できるまで準備するのがよいと思います。

どんな教師になりたいですか?

 高い専門性と豊かな知識・人間性を身に付け、様々な考えや視点をもって生徒一人ひとりと向き合っていける教員を目指します。そのためにも自らが学び続けることを怠らずに努力していきたいと思います。理科は「物事のなぜ?」「根拠を追求する」分野です。自分のまわりの真理を探究し続ける生徒、自主創造を実現できる生徒を育てられるようになりたいと考えています。

教員を目指す後輩たちにメッセージをお願いします

 教職課程を受講しなければ得られない知識や考えは非常に多いです。最終的に教員を目指し続けるのはもちろん、たとえその他の選択肢を選んだとしても、ここで学んだことを活かせる場面は多くあると思います。自分を成長させるチャンスだと捉えて、広い視野と考えを持って頑張ってください。教職教養も大事ですが、専門にも重点に置いた方がよいと思います。なぜなら、工学部で高い専門性を学ぶことは、採用試験の突破だけでなく、授業力につながる強みになるからです。勉強との両立は大変ですが、教員になりたいという自分自身の夢に向かって最後まで頑張ってください。応援しています。

Card image cap

茨城県採用

理科

生命応用化学科卒業
髙野 和樹さん
福島県福島商業高校 出身

教員免許状の取得状況・教員就職状況

教員免許状の取得状況

免許状の種類 教科 土木 建築 機械 電気電子 生命応用 情報 計(件)
中学校教諭
一種免許状
数学 2 0 3 2 1 2 10
理科 1 1 0 1 6 0 9
技術 1 1 3 2 1 0 8
高等学校教諭
一種免許状
数学 4 0 3 4 1 7 19
理科 1 1 0 2 8 0 12
情報 0 0 0 0 0 3 3
工業 9 6 5 6 0 0 26
中学校教諭
専修免許状
数学 0 0 0 0 0 0 0
理科 0 0 0 0 0 0 0
技術 0 0 0 0 0 0 0
高等学校教諭
専修免許状
数学 0 0 0 0 0 0 0
理科 0 0 0 0 1 0 1
工業 0 0 0 0 0 0 0
計(件) 18 9 14 17 18 12 88
実人数(人)学部 12 7 10 11 9 7 56
実人数(人)大学院 0 0 0 0 1 0 1
免許状の種類 教科 土木 建築 機械 電気電子 生命応用 情報 計(件)
中学校教諭
一種免許状
数学 1 1 1 2 0 5 10
理科 2 2 1 1 8 0 14
技術 1 1 0 3 1 0 6
高等学校教諭
一種免許状
数学 1 5 1 3 0 7 17
理科 3 2 1 2 15 0 23
情報 0 0 0 0 0 6 6
工業 5 8 1 5 2 0 21
中学校教諭
専修免許状
数学 0 0 0 0 0 0 0
理科 0 0 0 0 3 0 3
技術 0 0 0 0 0 0 0
高等学校教諭
専修免許状
数学 0 0 0 0 0 0 0
理科 0 0 0 0 3 0 3
工業 0 0 0 0 0 0 0
計(件) 13 19 5 16 32 18 103
実人数(人)学部 6 12 3 10 15 7 53
実人数(人)大学院 0 0 0 0 3 0 3
免許状の種類 教科 土木 建築 機械 電気電子 生命応用 情報 計(件)
中学校教諭
一種免許状
数学 0 2 3 3 3 1 12
理科 0 0 0 0 7 0 7
技術 0 1 0 0 0 0 1
高等学校教諭
一種免許状
数学 1 3 3 9 3 3 22
理科 0 0 0 1 8 0 9
情報 0 0 0 0 0 2 2
工業 5 8 4 6 0 0 23
中学校教諭
専修免許状
数学 0 0 0 0 0 0 0
理科 0 0 0 0 0 0 0
技術 0 0 0 0 0 0 0
高等学校教諭
専修免許状
数学 0 0 0 0 0 0 0
理科 0 0 0 0 1 0 1
工業 0 0 0 0 0 0 0
計(件) 6 14 10 19 22 6 77
実人数(人)学部 5 11 7 13 11 3 50
実人数(人)大学院 0 0 0 0 1 0 1

Q&A

A「1年次の4月と7月に教職課程履修希望者ガイダンスが実施されます。教職課程の履修・手続等についての説明がありますので、希望者はぜひ出席してください。」

A「教科及び教科の指導法に関する科目」のうち、一部の科目について卒業要件の総合選択単位として参入することができますので、『教職課程履修の手引』で確認してください。教務課で閲覧できます。

A 教職課程の履修に当たっては、科目により履修料が必要となるものがあります。1単位につき500円ですが、各教科で修得する単位数が違いますので注意してください。その他に、介護等体験費(中学校教諭一種免許状を取得する場合に限る)や教育実習費、教員免許状一括申請手数料がありますので、「教職課程履修の手引」で確認してください。教務課で閲覧できます。

A できます。下位年次配当の科目は履修可能です。

A 教員採用試験等において、中・高両方の免許状の取得が出願条件になっている場合があるため、中学校と高校の免許状をあわせて取得することをお勧めします。

A 課外活動と教職課程を両立している先輩はたくさんいます。大変なこともあると思いますが、将来教職に就く際、課外活動から得た経験は大変貴重です。採用試験での自己アピールにもなりますので、ぜひ課外活動に挑戦してください。

A 工学部の卒業要件を満たし、かつ教職課程を履修し、その必要単位を修得することで教育職員免許状を取得できます。各自治体の教員採用試験合格、または各私立校の採用試験等を経て、多くの先輩方が教壇に立っています。

A 教職課程支援室または,教務課まで問い合わせてください。
教職課程支援室 55号館4階401号室
平日16:30~17:40(木曜除く) 土曜11:30~12:40
    教務課 ceb.kyomu1@nihon-u.ac.jp