書類審査での有意義な審査意見と公正・公平な審査に貢献したことが
高く評価される

%e5%b9%b3%e6%88%9027%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%ad%a6%e8%a1%93%e6%8c%af%e8%88%88%e4%bc%9a%e5%b0%82%e9%96%80%e5%a7%94%e5%93%a1%e8%a1%a8%e5%bd%b0image001 この度、機械工学科の横田理教授が、独立行政法人日本学術振興会(JSPS)より、特別研究員等審査会専門委員として書面審査で有意義な審査意見を付し、公正・公平な審査に貢献したとして表彰されました。JSPSでは、学術研究の将来を担う研究者の養成・確保を目的とした特別研究員事業を行っており、その選考に際しては、適正・公平な審査に努めています。審査は、専門的見地から2段階または3段階で行われますが、第1段階の書面審査は、すべての審査の基盤となるものであり、その質を高めていくことが大変重要であると位置づけられています。そのため、JSPSでは審査終了後に学術システム研究センターにおいて書面審査結果の検証を行い、その結果に基づき書面審査における有意義な審査意見を付した専門委員を表彰しています。平成27年度の書面審査を行った約1,400名の専門委員のうち、表彰対象となる任期2年目にあたる約700名の中から130名が選考されました。特別研究員事業を適正・公平に運営していくにあたり、専門委員の役割は重要視されており、JSPSではその功績を高く評価しています。
 表彰を受けた横田教授に、受賞の喜びの声とともにメッセージをいただきました。

時代の流れに即応できる柔軟性を持つ若い研究者に期待します

機械工学科 横田 理 教授

%e5%b9%b3%e6%88%9027%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%ad%a6%e8%a1%93%e6%8c%af%e8%88%88%e4%bc%9a%e5%b0%82%e9%96%80%e5%a7%94%e5%93%a1%e8%a1%a8%e5%bd%b0image002 この度、日本学術振興会より審査会専門委員として表彰いただき、大変光栄に感じております。数多くの書面を審査するにあたり、公正・公平に評価することはもとより、様々な角度から研究の発展性や将来性を加味して意見させていただきました。重責を感じながら、それぞれの申請書の研究者としての資質を読み取り、評価することで、これからの研究活動の一助になればという思いで審査させていただいたことが、本会への貢献につながったのであれば幸甚に存じます。
 今は予測不能な時代です。その時々の変化に順応していくことが必要になってくるでしょう。だからこそ、時代の流れに即応できる柔軟性を持つ若い研究者の方々には、大きな期待が寄せられているのです。研究に尽力するだけでなく、積極的に人の話に耳を傾け、自分にないものを得ようと努力することも大切な鍵を握っています。本学部の大学院生や若手研究者の皆さんにも、特別研究員としてのチャンスが広がっていますので、ぜひとも挑戦してほしいと願っています。

日本学術振興会表彰の詳細はこちら