ものづくりアドバイザーカタログ

日本大学工学部と公益社団法人郡山地域テクノポリス推進機構は、更なる産学連携を推進するため、郡山地域テクノポリス推進機構ウェブサイトに「日本大学工学部ものづくりアドバイザー」紹介ページを創設しました。
それぞれの研究分野、産学連携の実績やこれから力を入れたい分野等を記載しております。今後もさらに多くの研究者の情報を順次掲載していく予定です。
日本大学工学部の研究成果や本学部研究者の持つ知識のご参照いただき、受託研究や共同研究、また技術相談や産学連携事業等にお役立てください。

No. 学科名 職名 氏名 研究分野/研究内容 pdf
1 土木工学科 教授 中野 和典

環境生態工学

・自然の機能を活用したグリーンインフラの開発
・低炭素・資源循環型汚水・汚泥処理技術の開発

2 建築学科 教授 出村 克宣

建築材料学・コンクリート工学

・環境調和型機能性材料及びシステムの開発

3 建築学科 専任講師 齋藤 俊克

建築材料学・コンクリート工学

・環境調和型機能性材料及びシステムの開発

4 建築学科 准教授 サンジェイ・パリーク

建築構造、建築材料

・セメントを使用しないコンクリート(ジオポリマーコンクリート)の開発
・構造部材として,自己修復コンクリートの実用化
・建築構造物の爆裂性状の解明
・遮蔽コンクリートと新規無機繊維を融合した高レベル放射性廃棄物の貯蔵容器の開発

5 機械工学科 教授 柿崎 隆夫

ダイナミクス、モデリング、Human Interface, IoT

http://kenkyu-web.cin.nihon-u.ac.jp/Profiles/83/0008243/profile.html
・機械システムが関わる課題であれば何でも、分野が大きく異なる場合は関連研究者を紹介します。

6 機械工学科 教授 片岡 則之

細胞・分子のバイオメカニクス

・所有の計測器:レーザ干渉計、ボールバー、電気マイクロメータ、円筒スコヤ、直定規等
・機械分野以外の加工技術の開発

7 機械工学科 教授 齋藤 明徳

細胞・分子のバイオメカニクス

・所有の計測器:レーザ干渉計、ボールバー、電気マイクロメータ、円筒スコヤ、直定規等。
・機械分野以外の加工技術の開発。

8 機械工学科 教授 長尾 光雄

人間医工学分野、機械力学・制御分野

・計測器:生体信号・柔軟物の粘弾性・3D音場等の計測及び解析装置、他

9 機械工学科 教授 武藤 伸洋

ロボット・センサ・IoT技術

・ロボット:力覚センシング、遠隔操作、遠隔作業支援
・人間の動作センシング:機器操作習熟度の定量評価
・IoT:地中熱利用システムIoT

10 機械工学科 特任教授 小熊 正人

エネルギー、熱機器、省エネ, 再生可能エネルギー

・宇宙用太陽熱発電システム、宇宙ステーション熱機器評価
・宇宙往還機エンジン用熱交換器開発
・水噴射型ガスタービンエンジン向け水回収システム開発
・1500K高温風洞の開発
・産業廃棄物向け灰溶融炉開発
・高速加熱/冷却式半導体アニール装置の開発
・先進エンジン開発
・浅部地中熱利用向けFCU、ヒートポンプ、地中熱交換器開発およびシステム開発など

11 機械工学科 教授 (再雇用) 横田 理

レオロジー、非破壊検査

・計測器:レオロジー関連: 空気噴流式測粘弾性測定装置、卓上レオメータ
・計測器:非破壊試験関連; 磁粉探傷装置

12 機械工学科 助教 遠藤 央

ロボット工学

・移動ロボット(Husky A200):ナビゲーションシステム、運動生成手法
・遠隔操作技術,応用アプリケーション開発 など
・懸垂型並行ワイヤ実験装置: 位置決め手法の開発、力学的状態解析 など
・6軸マニピュレータ: 力制御,人との協調制御 など

13 電気電子工学科 教授 池田 正則

半導体表面・薄膜

・走査型トンネル顕微鏡: 半導体シリコン表面の初期酸化過程観察
・低速電子線回折装置:半導体シリコン表面の構造評価
・オージェ電子分光装置:半導体シリコン表面の組成分析
・交流表面光電圧測定装置: 半導体表面における電子状態評価,半導体中の金属汚染検出・スパッタ装置,蒸着装置: 半導体シリコン薄膜形成,金属薄膜形成

14 電気電子工学科 教授 石川 博康

無線通信システム+位置検出技術

・スペクトラムアナライザ: 各種無線システムの電波強度測定、干渉特性の調査等
・ベクトルシグナルジェネレータ: 任意信号発生装置、無線システムの受信特性評価等

15 電気電子工学科 教授 渡部 仁貴

燃料電池技術開発

・バイオ燃料電池:インピーダンス測定, I-V測定
・バイオマス燃料: TG-DTA測定, 燃料電池特性評価

16 電気電子工学科 准教授 四方 潤一

光技術を用いたテラヘルツ波発生とその応用

・パルス動作テラヘルツ波発生器:YAGレーザ、非線形光学結晶等を使用
・連続波テラヘルツ波発生器:通信波長帯半導体レーザ、光ファイバ等を使用
・高感度計測系:高速光変調、ロックイン検出技術等に基づく
・イメージング計測系:光学スキャナのLabVIEW自動制御に基づく
・テラヘルツデバイス開発:メタマテリアル等のFDTD解析、微細加工技術を使用

17 電気電子工学科 准教授 高梨 宏之

人を支援するシステム

・自動車の予防安全システムに関する研究,歩行者/自転車の行動予測モデル
・医療分野における計測システムに関する研究

18 電気電子工学科 准教授 村山 嘉延

受精卵の品質評価

・OLYMPUS IX71:タイムラプス顕微鏡、テーブルトップ受精卵培養
・動物実験施設:実験動物を用いた研究および動物実験倫理

19 電気電子工学科 助教 道山 哲幸

マイクロ波応用工学

・ハイパーサーミア機器開発:医療用電極の設計と開発及びその評価
・複素誘電率測定機器開発:終端開放同軸プローブ、共振器、の設計開発
・ファントムの開発:高含水型(生体評価用,極低含水型(加熱評価用)

20 生命応用化学科 教授 春木 満

タンパク質工学・ケミカルバイオロジー

・進化工学的手法による酵素の機能向上・新機能分子の創製
・疾患関連タンパク質を標的とした分子標的医薬の開発

21 生命応用化学科 教授 沼田 靖

分光分析

・ラマン分光装置: 785nm および 532nm 搭載
・疾患関連タンパク質を標的とした分子標的医薬の開発
・蛍光顕微分光装置
・吸収分光装置: 200 nm から2500 nmまで測定可能

22 生命応用化学科 准教授 児玉 大輔

化学工学

・高圧物性測定装置: 気液平衡、pVT、ガス溶解度、密度、粘度、熱量
・常圧物性測定装置: 密度、粘度(転落球式、回転式)

23 情報工学科 教授 岩井 俊哉

岩井 俊哉

・ニューラルネットワークの情報処理
・粒子群最適化法の解析・改良と応用

24 情報工学科 教授 上田 清志

スマートメーターネットワークを用いた地域サービス基盤の研究開発

・災害時情報共有サービス: 災害時に通常のインターネットに接続しサービスが利用できなくなる状況で、タブレットからサービスゲートウェイに接続し、スマートメーターネットワークを介してメッセージの送信と送信されたメッセージの確認を行う。
・地域高齢者見守りサービス: センサが人の動きを感知すると、サービスゲートウェイからスマートメーターネットワークを介して、自動で安否を知らせるメッセージを送信。

24 情報工学科 教授 加瀬澤 正

知覚情報処理・知能ロボティクス

・運動推定: 人物、物体など
・画像検索: 一般・特定物体、シーンなど
・画像合成: 画像合成、画像編集など

25 情報工学科 准教授 溝口 知広

形状モデリング

・3次元形状計測
・デジタル画像/点群処理

25 総合教育 教授 藤原 雅美

材料強度物性学

・構造金属材料の高温変形機構
・延性多相合金の複合強化機構
・押込みクリープ試験機の開発と応用

公益財団法人郡山地域テクノポリス推進機構のウェブサイトにも情報を掲載しております。こちらもご覧ください。

公益財団法人郡山地域テクノポリス推進機構「日本大学工学部ものづくりアドバイザーカタログ」