生物境界面の機能工学プロジェクト

Project on Functional Engineering for Biological Boundary

新たな生命工学技術の創出を目指す

概要

従来の生命工学は分子細胞生物学と有機化学との融合等により、ナノスケールでの相互作用解析から導かれる技術開発が主流でした。これからの生命工学は従前のナノスケールから、より大きな細胞スケールの組織での相互作用解析を行うことにより生命現象の理解から医用工学技術への発展に寄与する必要があります。本プロジェクトでは、生体高分子―細胞工学―生体機械工学といった工学部ならではの連携を積極的に行うことにより、ロハス工学に貢献しうる基盤技術の開発を目指します。

研究内容

本プロジェクトは、生命工学技術の創出にあたり、その構成要素として以下の点に着目しました。
1)分子化学ベースでの細胞間物質の再構成
2)細胞間物質上での細胞の挙動評価
3)細胞間物質や細胞集合体との間に生じる現象の力学的・計算科学的評価
これらの構成要素を統合し、『ロハス工学』の実現に向けた研究開発を推進していきます。プロジェクトメンバーは、細胞間物質である糖鎖を研究対象とする小林(生命応用化学科)、細胞膜近傍の現象の解析を行う村山(電気電子工学科)、生命現象の機械工学的解析を行う片岡と杉浦(機械工学科)で、以下の研究課題に取り組んでいきます。

研究課題

1)生物境界面の評価法実現のための
①生物境界面を模倣する多糖及びタンパク質のゲルの作製
②生物境界面の力学測定を実現する新手法の開発
2)生物境界面の現象の観測
①細胞質や組織液等の流体に対する細胞活動の影響評価
②生体境界面の形状に対する細胞活動

動物にテレメトリを移植して体温の変遷を解析
細胞骨格の観察
生態境界面現象イメージ

プロジェクトメンバー

小林 厚志

プロジェクトリーダー

生命応用化学科/准教授
小林 厚志

【研究分野】高分子化学、生体関連化学、生物有機化学

プロフィール詳細

村山 嘉延

サブリーダー

電気電子工学科/准教授
村山 嘉延

【研究分野】医用生体工学・生体材料学、発生生物学

プロフィール詳細

片岡 則之

サブリーダー

機械工学科/教授
片岡 則之

【研究分野】生体機能工学

プロフィール詳細

杉浦 隆次

サブリーダー

機械工学科/准教授
杉浦 隆次

【研究分野】生体医工学・生体材料学、機械材料・材料力学

プロフィール詳細

ガン・ブンタラ

サブリーダー

建築学科/教授
ガン・ブンタラ

【研究分野】構造工学・地震工学・維持管理工学、建築構造・材料、工学基礎、地盤工学

プロフィール詳細