報告

本学部卒業生 ラグビー日本代表の大野均選手が歴代最多出場記録達成

本学部卒業生のラグビー日本代表の大野均選手(東芝ブレイブルーパス所属,平成12年度機械工学科卒)が,5月30日に東京秩父宮ラグビー場で行われたリポビタンDチャレンジカップ・サモア代表戦に出場し,日本代表としての通算出場試合数が歴代最多となりました。

大野選手は,平成13年に本学部から東芝府中(現東芝)に入社し,平成21年~平成22年シーズンでは,トップリーグの最優秀選手(MVP)にも選ばれております。また,昨季までリーグベストフィフティーンを9回受賞,平成16年に初めて日本代表に選ばれ,これまでに主将も務めました。平成19年,平成23年にはW杯に出場しております。

大野選手の更なるご活躍をお祈りいたします。