報告

キャンパス内で利用している飲料水・食材に含まれる放射性物質の測定を始めました

平成24年4月1日から,本学部に開設したふるさと創生支援センターで学生食堂の食材・加工品及び工学部・東北等学校の飲料水に含まれる放射性物質の測定を始めました。

ふるさと創生支援センターは平成24年4月1日に開設し,センター内にある放射能測定室には「ゲルマニウム半導体検出器」と「シンチレーション検出器」が1台ずつ設置してあり,本学部において放射性物質の測定が可能になりました。

測定結果はホームページで公開しています。

放射線量・放射能測定結果はこちら