報告

「ロハスの家」がパッシブデザインコンペ大賞を受賞

 建築,環境,自然エネルギーなどのキーワードで繋がる人・団体で構成する「パッシブデザインコンペ実行委員会」主催による「パッシブデザインコンペ」が開催され,本学部建築学科浦部智義准教授を代表とする,エントリー名「ロハスの家」が見事大賞を受賞しました。

 「住宅部門(提出148作品)」,「技術・製品部門(提出26作品)」,「住まい手・ライフスタイル部門(提出114作品)」の3部門の中から,一次審査で選考された31作品が,7月13日(水)ホテルオークラ東京で行われたプレゼンテーション及び質疑応答の最終公開審査に臨み3部門を通しての大賞(最優秀賞)を受賞しました。住宅部門にエントリーした作品「二地域居住のためのロハスの家―仮設住宅からはじまるサスティナブルな計画―」は,浦部准教授と建築計画研究室が中心となって行ったロハスの家3号の基本計画・設計をベースに,3.11震災後の木造仮設住宅(この配置・設計にも浦部研究室が実働)から土地や木材の再利用や「元の住まい」と「仮設住宅地」の二地域居住を視野に入れた復興物語を組み合わせた計画案です。エネルギー・食・水の自給を目指すなど,エネルギー面でも生活面でもサスティナブルな復興モデルであり,震災後の福島県の復興ストーリーの一つのあり方として非常に高く評価されたことなどが大賞につながりました。

パッシブデザインコンペ大賞受賞作品.pdf

 「パッシブデザインコンペ」の詳細についてはこちらをご覧ください。

http://www.pd-compe.com/