【校正】学部長からのメッセージ(令和3年2月)

令和3年2月

日本大学大学院工学研究科
日本大学工学部
在学生並びにご父母の皆様へ
入学予定者並びにご父母の皆様へ

日本大学大学院工学研究科長
日本大学工学部長
根 本 修 克

 令和2年度においては,新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の一環として,初めて経験する遠隔授業を中心とした授業実施となり,在学生のみなさんには大きなご負担をおかけいたしました。みなさんのご協力のおかげで,令和2年度の授業を終えることができました。心より感謝申し上げます。
 令和3年度も新型コロナウイルス感染状況に伴う情勢の変化に応じて,随時対応が求められます。本学部も迅速な情報提供を行うことを心がけて参りますので,在学生並びに入学を予定されているみなさんにも引き続きご協力をお願いいたします。
 令和3年度の授業におきましても,新型コロナウイルス感染症拡大防止への配慮を行う必要があり,面接授業と遠隔授業を併用して授業を行います。学部及び工学研究科の研究科目,工学部の実験・実習・演習・実技科目,さらには,必修の専門教育科目の一部や工学研究科の一部の講義科目において,感染防止に向けたさまざまな配慮・対策を講じながら,面接授業を展開いたします。
 しかしながら,面接授業と遠隔授業を併用して実施するため,遠隔授業においては,双方向性の担保のために各授業科目で課される課題等への対応について,引続きご協力ください。
 また,新年度開始後,心身のストレスや疲れが重なったときは,遠慮なく学生支援室に相談してください。
 この緊急事態におけるみなさんのご苦労は,必ずやさまざまな能力の獲得に繋がり,みなさんの明るい将来へと繋がるものと確信しております。
 これからも従来と変わらず,教職員が一丸となって,みなさんに寄り添いながら,サポートして参りますので,ともにこの難局に立ち向かい,乗り越えていきましょう。
 末筆ではございますが,ご父母,ご家族のみなさまにおかれましても,ご理解とご協力を賜りますよう,切にお願い申し上げます。