【校正】工学研究科教育研究上の目的に関する情報

大学院工学研究科

工学研究科の人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

学問や科学技術の深奥を究め、人類の福祉向上及び人と自然が共生できる豊かな社会の構築に貢献でき、幅広い知識を有する、高度専門職業人及び工学研究者を育成し、もって社会からの負託に応える。

博士前期課程

土木工学専攻

社会資本の整備が一段落を迎えた土木工学において、今後は構造物の構築以外に、維持管理環境や気候変動に伴う災害制御などの分野に社会の要請が高まっている。そこで、基礎的知識を技術者専門科目において修得した上に、さらにより高度な技術者応用科目をも加えることにより、これらの要求に対応可能な実践的な人材を育成する。

建築学専攻

安心して暮らせる豊かな生活環境の創造に向けて、学部で修得した教養及び建築学の基礎的な知識をもとに、建築学の各専門分野についてより高度な知識を修得すると共に、建築学の多様な研究や設計の課題に対して自ら探求してまとめ上げる力を養い、社会の要請に適応できる優れた人材を育成する。

機械工学専攻

高度な機械工学の基礎を修得すると共に、さらにその発展分野であるロボティクス、環境・エネルギー、ナノテクノロジー、バイオメディカル、福祉工学など機械工学の最先端分野についても学修する。また、MOT、技術者倫理などを学ぶことにより、社会の発展と人類の福祉とに貢献できる技術者、研究者を育成する。

電気電子工学専攻

人類社会における電気の貢献は計り知れないし、その役割も多岐にわたることから、これからの未来社会においては電気の技術革新が重要となる。このため、技術の発展と進歩によって優れた人材が求められているので、高度な電気電子の知識の修得を通じて、新しい分野を開拓する科学技術の担い手となり得る想像力と独創性が豊かで自己啓発的な精神を持ち、社会の発展に貢献でき、自立した技術者を育成する。

生命応用化学専攻

21世紀を切り開く社会システムの実現へ向け、国際的な視野に立ち、化学の専門知識を体系的に身につけると共に、環境に配慮した化学製品の開発・生産・普及活動及び環境保全・リサイクル活動などに従事し、循環型で持続可能な社会の実現に貢献できる柔軟で斬新な発想力・創造力及び協調性を身につけた高度な応用化学技術者を育成する。

情報工学専攻

情報システムと情報処理に関する先進的な教育・研究を通じて、論理的に物事を考える習慣をつけると共に、他者との的確なコミュニケーションを図りながら、問題を正しく認識し、その解決に向けて努力することができる技術者を育成する。また、情報技術者としての責任と義務を自覚し、高度な情報システムを扱うことができ、もって、人類社会並びに情報工学とその周辺技術の発展に貢献できることを目的とする。

博士後期課程

土木工学専攻

本課程では環境保全・整備や防災等に関する社会からの様々な要請に応えられるよう、多分野にわたる特別研究(地盤・構造・コンクリート系,環境・水理系,計画系)を設置している。これらの研究を通じて高度な知識を修得すると共に、実践的に技術指導可能な、また、自立して研究可能な技術者、研究者を育成する。

建築学専攻

建築学の各専門領域における最新の学術的動向を踏まえて、国内外に通用する企画力や応用力を養うと共に、建築構造学の研究、防災や新材料の研究、建築人間工学の研究、都市環境に関する研究、建築歴史・意匠の研究など,広範な専門領域から独創的な研究課題を自ら深耕して、社会の要請に適応できる自立した研究者、技術者を育成する。

機械工学専攻

高度な機械工学の基礎を修得すると共に、さらにその発展分野であるロボティクス、環境・エネルギー、ナノテクノロジー、バイオメディカル、福祉工学など機械工学の最先端分野についても学修する。また、研究、学位論文作成などを通じて、自立して研究できる技術者、研究者、教育者を育成する。

電気電子工学専攻

博士後期課程では電気の先端的な研究を通じて、世界に貢献できる優れた博士論文をまとめるための研究計画と実行、及び洞察力を養うことを目的に、高度な電気電子の知識の修得のみならず新しい分野を開拓するフロンティア精神に富み、科学技術の担い手となり得る想像力と独創性豊かで自己啓発的な精神を持ち、社会の発展に貢献できる自立した研究者を育成する。

生命応用化学専攻

21世紀を切り開く社会システムの実現へ向け、国際的な視野に立ち、化学の専門知識を体系的に身につけると共に、環境に配慮した化学製品の開発・生産・普及活動及び環境保全・リサイクル活動などに従事し、循環型で持続可能な社会の実現に貢献できる柔軟で斬新な発想力・創造力及び協調性を身につけ、自立して研究を遂行できる研究者を育成する。

情報工学専攻

情報システムと情報処理に関する先進的な教育・研究を通じて、論理的に物事を考える習慣をつけると共に、他者との的確なコミュニケーションを図りながら、問題の本質をとらえ、その解決に向けて努力することができる自立した研究者を育成する。また、情報技術者としての責任と義務を自覚し、高度な情報システムを開発することができ、もって、人類社会並びに情報工学とその周辺技術の発展に貢献できることを目的とする。

大学院工学研究科 ディプロマ・ポリシー

博士前期課程

日本大学大学院工学研究科は、本学の教育理念である「自主創造」に基づき、本研究科が定めた各専攻の教育課程を修め、最終試験及び修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与します。

土木工学専攻

本研究科が定めたディプロマ・ポリシーに基づき、土木工学専攻における地盤・構造・防災分野、環境分野、地域・都市計画分野の教育課程を所定の在学年数内において修め、これを社会に活用できる能力として身に付けるとともに、最終試験及び修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与する。

建築学専攻

本研究科が定めたディプロマ・ポリシーに基づき、建築学専攻の建築材料学、建築・都市計画、建築環境設備、建築構造学、建築歴史意匠などの教育課程を所定の在学年数内において修め、これを社会に活用できる能力として身に付けるとともに、最終試験及び修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与する。

機械工学専攻

本研究科が定めたディプロマ・ポリシーに基づき、機械工学専攻の教育課程を所定の在学年数内において修め、これを社会に活用できる能力として身に付けるとともに、最終試験及びシステムダイナミックス系、エネルギーシステム系、システムインテグレーション系の3つの系から決定した研究テーマにおける修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与する。

電気電子工学専攻

本研究科が定めたディプロマ・ポリシーに基づき、電気電子工学専攻における電気エネルギー、電気電子材料、情報通信、波動工学、及び医用工学の各分野の教育課程を所定の在学年数内において修め、これを社会に活用できる能力として身に付けるとともに、最終試験及び修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与する。

生命応用化学専攻

本研究科が定めたディプロマ・ポリシーに基づき、生命応用化学専攻の教育課程を所定の在学年数内において修め、これを社会に活用できる能力として身に付けるとともに、化学技術を用い、健康で持続可能な社会を作るため、自主的に行動し、継続的な学修能力を有することができ、最終試験及び修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与する。

情報工学専攻

本研究科が定めたディプロマ・ポリシーに基づき、情報工学専攻におけるハードウェア、ソフトウェア、システム、情報応用分野の教育課程を所定の在学年数内において修め、これを社会に活用できる能力として身に付けるとともに、最終試験及び修士論文審査に合格した者に修士の学位を授与する。

博士後期課程

日本大学大学院工学研究科は、本学の教育理念である「自主創造」に基づき、研究成果を論文としてまとめた「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与します。

土木工学専攻

本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、土木工学の地盤・構造・防災分野、環境分野、地域・都市計画分野に関する研究を完遂し、これを社会に還元できる能力として身に付け、「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与する。

建築学専攻

本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、建築材料学、建築・都市計画、建築環境設備、建築構造学、建築歴史意匠に関する研究を完遂し、これを社会に還元できる能力として身に付け、「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与する。

機械工学専攻

本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、機械工学に関するシステムダイナミックス系、エネルギーシステム系、システムインテグレーション系の3つの系から決定した研究テーマにおける研究を完遂し、これを社会に還元できる能力として身に付け、「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与する。

電気電子工学専攻

本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、電気エネルギー、電気電子材料、情報通信、波動工学、又は医用工学分野の研究成果をまとめた電気電子工学に関する研究を完遂し、これを社会に還元できる能力として身に付け、「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与する。

生命応用化学専攻

本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、化学技術が社会と環境に及ぼす影響を理解できる高い倫理観をもち、健康で持続可能な社会を作るため、自主的に行動できる能力を有し、生命応用化学に関する研究を完遂し、これを社会に還元できる能力として身に付け、「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与する。

情報工学専攻

本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、情報工学に関するハードウェア、ソフトウェア、システム、情報応用分野における研究を完遂し、これを社会に還元できる能力として身に付け、「博士論文」について所定の手続きを経た上で、審査に合格した者に博士の学位を授与する。

大学院工学研究科 カリキュラム・ポリシー

日本大学大学院工学研究科は、アドミッション・ポリシーに基づいて選抜した入学者に対し、本学の教育理念である「自主創造」にのっとって定めた学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に従い、以下のポリシーによりカリキュラムを編成します。

博士前期課程

幅広い視野と専門性に基づき、重要な職務を遂行する能力を持つ人物を養成することを目的として、そのために必要な、①技術者専門科目、②技術者応用科目、③技術者共通科目、④研究関連科目に大別した科目の履修と、最終的に修士論文の作成を求めます。

土木工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、土木工学について専門知識・応用力を修得するために、地盤・構造・防災分野、環境分野、地域・都市計画分野に対応した講義や特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

建築学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、建築材料学、建築・都市計画、建築環境設備、建築構造学、建築歴史意匠、建築職業倫理などに対応した講義や特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

機械工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、機械工学について専門知識・応用力を修得するために、それに対応した講義やシステムダイナミックス系、エネルギーシステム系、システムインテグレーション系の3つの系から決定した研究テーマにおける特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

電気電子工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、電気電子工学について専門知識・応用力を修得するために、電気エネルギー、電気電子材料、情報通信、波動工学、及び医用工学の各分野に対応した講義や特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

生命応用化学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、生命応用化学について専門知識・応用力を修得するために、それに対応した講義や特別研究を配置したカリキュラムを編成する。
技術者専門科目では、化学技術の基礎となる分野を学修し、技術者応用科目では、それを工学に応用する内容を学修する。研究関連分野では、研究室の指導教員との議論を通し、知識からより実践的な行動ができるような教育を行う。

情報工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、情報工学について専門知識・応用力を修得するために、ハードウェア、ソフトウェア、システム、情報応用分野に対応した講義や特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

博士後期課程

卓抜した専門性に基づき、高い能力を有する自立した研究者を養成することを目的として、専門分野における先端的な研究課題に取り組むために必要な科目の履修と、最終的に博士論文の作成を求めます。

土木工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、土木工学についてより高度な専門知識・応用力を修得するために、地盤・構造・防災分野、環境分野、地域・都市計画分野に対応した特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

建築学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、建築学についてより高度な専門知識・応用力を修得するために建築材料学、建築・都市計画,建築環境設備、建築構造学、建築歴史意匠などに対応した特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

機械工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、機械工学についてより高度な専門知識・応用力を修得するために、それに対応したシステムダイナミックス系、エネルギーシステム系、システムインテグレーション系の3つの系から決定した研究テーマにおける特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

電気電子工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、電気電子工学について高度な専門知識・応用力を修得するために、電気エネルギー、電気電子材料、情報通信、波動工学、及び医用工学の各分野に対応した特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

生命応用化学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、生命応用化学についてより高度な専門知識・応用力を修得するために、それに対応した特別研究を配置したカリキュラムを編成する。
学位論文作成のため、指導教員の指導のもと研究を行い、新しい問題を提案でき、それを解決できる能力を身につける教育を行う。

情報工学専攻

本研究科が定めたカリキュラム・ポリシーに基づき、情報工学についてより高度な専門知識・応用力を修得するために、ハードウェア、ソフトウェア、システム、情報応用分野に対応した特別研究を配置したカリキュラムを編成する。

大学院工学研究科 アドミッション・ポリシー

博士前期課程

学問や科学技術の基礎を修め、人類の福祉向上及び人と自然が共生できる豊かな社会の構築に貢献でき、学士課程で修得した幅広い知識を有する、専門職業人及び工学研究者を目指す人を求めます。

土木工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、土木工学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

建築学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、建築学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

機械工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、機械工学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

電気電子工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、電気電子工学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

生命応用化学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、生命応用化学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

情報工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、情報工学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

博士後期課程

学問や科学技術の深奥を究め、人類の福祉向上及び人と自然が共生できる豊かな社会の構築に貢献でき、博士前期(修士)課程で修得した幅広い知識を有する、高度な専門職業人及び工学研究者を目指す人を求めます。

土木工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、土木工学の専門知識についての口述試問と外国語科目(英語)の筆記試験の合計点により合否を判定する。

建築学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、建築学の専門知識についての口述試問と外国語科目(英語)の筆記試験の合計点により合否を判定する。

機械工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、機械工学の専門知識についての口述試問と外国語科目(英語)の筆記試験の合計点により合否を判定する。

電気電子工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、電気電子工学の専門知識についての口述試問と外国語科目(英語)の筆記試験の合計点により合否を判定する。

生命応用化学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、生命応用化学の専門知識についての口述試問と外国語科目(英語)の筆記試験の合計点により合否を判定する。

情報工学専攻

本研究科が定めたアドミッション・ポリシーに基づき、情報工学の専門知識と、外国語(英語)の筆記試験並びに口述試問による評価の合計点で合否を判定する。

日本大学工学研究科学位論文に係る評価に当たっての基準

博士前期課程

1 学位論文が満たすべき水準
博士前期課程学位論文に当たっては、ディプロマ・ポリシーに基づき、以下の項目を満たすこと。
① 学位申請者が主体的に取り組んだ研究成果であること。
② 論文の内容は、新規性、独創性、有用性のいずれかを有していること。
③ 論文の構成・内容が以下の(1)~(7)を満たしていること。
(1) 論文の題目が適切であること。
(2) 研究の背景が記述されており、研究目的が明確であること。
(3) 研究方法が記述されており、目的に沿った方法であること。
(4) 結果が図表等を用いて適切に示されていること。
(5) 考察が結果に基づいて適切に導き出されていること。
(6) 目的に対応して結論が適切に導き出されていること。
(7) 文献が適切に引用されていること。
④ 原則として学位論文テーマに関する成果を学内の学術研究報告会または学・協会等で発表していること。

2 審査体制
本研究科が別に定める「学位審査要項(以下「要項」という)」による。

3 審査方法
「要項」に基づき最終試験及び修士論文に関する審査を行い、「1」に明記する水準に達しているかを確認する。

博士後期課程

1 学位論文が満たすべき水準
博士後期課程学位論文に当たっては、ディプロマ・ポリシーに基づき、以下の項目を満たすこと。
① 学位申請者が主体的に取り組んだ研究成果であること。
② 論文の内容は新規性、独創性、有用性を明らかに有しており、当該分野の学問
の発展に貢献できる内容を含むこと。
③ 先行研究の評価や事実調査が的確であり、研究の学術的あるいは社会的位置付
けが明示されていること。
④ 研究の方法が明確かつ具体的に記述されていること。
⑤ 解析・考察の展開が論理的であり、結論が明瞭に示されていること。
⑥ 引用等が適切になされ、学位論文としての体裁が整っていること。

2 審査体制
本研究科が別に定める「学位審査要項(以下「要項」という)」による。

3 審査方法
「要項」に基づき審査委員会による最終試験及び博士論文に関する審査を行い、「1」に明記する水準に達しているかを確認する。