【校正】学費・奨学金

学生納付金について

納入期限:前学期分4月末日(4月上旬郵送)・後学期分9月末日(8月末郵送)

令和2(2020)年度工学部入学者 納入金 (単位:円)

表は拡大してご覧ください
項目 初年度
納入金
内訳
入学時
納入金
9月
納入金
入学金
※1
260,000 260,000
授業料
※2
1,100,000 550,000 550,000
施設設備資金
※3
220,000 110,000 110,000
実験実習料
※4
80,000 40,000 40,000
工学部後援会費
※5
30,000 30,000
日本大学
校友会費
(準会員)
※6
10,000 10,000
1,700,000 1,000,000 700,000

※1.入学時のみ納入
※2.毎年同額納入
※3.2~4年次毎年同額納入
※4.2~4年次 各100,000
※5.毎年同額納入(委託徴収分)
※6.毎年同額納入(代理徴収分)

過去の入学者の学納金について(PDF)

令和2年度入学者 令和元年度入学者 平成30年度入学者
平成29年度入学者 平成28年度入学者 平成27年度入学者
平成26年度入学者 平成25年度入学者 平成24年度入学者

 

令和2(2020)年度工学研究科入学者納入金

◇大学院博士前期課程 (単位:円)

表は拡大してご覧ください
1年次 入学時 後学期
学外者 学内者
入学金 200,000 0
授業料
350,000
350,000
施設設備資金
150,000
150,000
実験実習料
40,000
40,000
日本大学
校友会費
(準会員)
10,000
750,000 550,000 540,000
2年次 前学期 後学期
授業料 350,000 350,000
施設設備資金 150,000 150,000
実験実習料 40,000 40,000
日本大学
校友会費
(準会員)
10,000 10,000
550,000 550,000

◇大学院博士後期課程 (単位:円)

表は拡大してご覧ください
1年次 入学時 後学期
学外者 学内者
入学金 200,000 0
授業料
315,000
315,000
施設設備資金
150,000
150,000
実験実習料
40,000
40,000
日本大学
校友会費
(準会員)
10,000
715,000 515,000 505,000
2年次 前学期 後学期
授業料 315,000 315,000
施設設備資金 150,000 150,000
実験実習料 40,000 40,000
日本大学
校友会費
(準会員)
10,000
515,000 505,000
3年次 前学期 後学期
授業料 315,000 315,000
施設設備資金 150,000 150,000
実験実習料 40,000 40,000
日本大学
校友会費
(準会員)
10,000 10,000
515,000 515,000

(注)学内者とは本大学を卒業した者、または本大学院を修了した者。
(注)修了見込者のみ、修了年度後学期に正会員会費初年度分を納入。

 

奨学金制度について

奨学金制度とは、大学生活における経済的な負担を少しでも軽減し、安心して勉学・研究に専念してもらうための修学支援システムです。

日本大学及び工学部では、経済的な理由によって修学が困難な学生や、人物・学業ともに優秀な学生に対して、さまざまな奨学金制度を設けています。

各制度によって、支給金額や返済の有無、申請資格、応募方法などは異なりますので、詳しくは学生課にお問い合わせください。尚、募集についてはポータルサイトでお知らせします。

日本大学の奨学金制度

日本大学特待生
種別 給付
金額 【甲種】授業料1年分相当額の半額+図書費(12万円)
【乙種】授業料1年分相当額の半額
対象 学部生(2年次生以上)
資格 学業成績及び人物優秀な者
募集時期 毎年審査して給付(※大学で対象者を決定するため募集は行いません)
日本大学創立130周年記念奨学金【第1種】
種別 給付
金額 年額30万円(入学年度は入学時納入金に充当し、2年次以降は毎年度後学期授業料に充当する)※各学年で家計状況,学業成績による継続審査あり。
対象 一般入学試験によって学部1年次に入学を許可された者
資格 一般入学試験に出願予定で、経済的理由により学費等の支弁が困難であり、修学意志が堅固で優良な資質を持っている者
募集時期 入学試験前
日本大学創立130周年記念奨学金【第2種】
種別 給付
金額 年額30万円(後学期授業料に充当する)
対象 学部生
資格 経済的理由により学費等の支弁が困難であり、修学意志が堅固で学業成績及び人物が優良な者
募集時期 6月
日本大学オリジナル設計奨学金
種別 給付
金額 年額20万円
対象 学部生
資格 学業成績及び人物優秀で、国家公務員採用総合職試験受験志願者
募集時期 5月
日本大学事業部奨学金
種別 給付
金額 年額24万円
対象 学部生
資格 学業成績及び人物優秀で、経済的理由により学費等の支弁が困難な者
募集時期 5月
日本大学古田奨学金 【本学の発展に寄与された故古田重二良先生の功績を顕彰して設置】
種別 給付
金額 年額20万円
対象 大学院生
資格 学業成績及び人物優秀な者
募集時期 5月(※大学で対象者を決定するため募集は行いません)
日本大学ロバート・F・ケネディ奨学金 【故ロバート・F・ケネディ米国司法長官の基金のもとに設置】
種別 給付
金額 年額20万円
対象 大学院生
資格 学業成績及び人物優秀な者
募集時期 5月(※大学で対象者を決定するため募集は行いません)

日本大学工学部の奨学金制度

日本大学工学部奨学金【第1種】
種別 給付
金額 年額60万円
対象 大学院生
資格 学業成績及び人物優秀な者
募集時期 4月
日本大学工学部奨学金【第2種】
種別 給付
金額 授業料相当額
対象 学部生(1年次生)
資格 入学時の成績が優秀な者
募集時期 入学時に選考(※大学で対象者を決定するため募集は行いません)
日本大学工学部奨学金【第4種】
種別 給付
金額 年額30万円
対象 学部生
資格 学業成績及び人物優秀で、経済的理由により学費等の支弁が困難な者
募集時期 6月
日本大学工学部後援会奨学金  【前学期募集要項】 【後学期募集要項】
種別 給付
金額 年額25万円
対象 学部生(1、2年次生)
資格 経済的理由により修学が困難な者
募集時期 5月、10月の年2回
日本大学工学部父母会・校友会給付奨学金 【前学期募集要項】 【後学期募集要項】
種別 給付
金額 半期25万円
対象 学部生(3年次生以上)
資格 学業成績及び人物優秀で、父母会費及び校友会年会費(準会員)を納入している者。また、経済的理由により修学が困難な者
募集時期 4月、10月の年2回
日本大学工学部五十嵐奨学金
種別 給付
金額 年額10万円
対象 学部生(4年次生)
資格 学業成績及び人物優秀な者
募集時期 毎年審査して給付(※大学で対象者を決定するため募集は行いません)
日本大学工学部北桜奨学金
種別 給付
金額 年額24万円
対象 学部生
資格 緊急の経済的理由により学費等の支弁が困難な者
募集時期 随時

文部科学省「高等教育の修学支援新制度」

学校法人日本大学が設置するすべての大学等は、大学等における修学の支援に関する法律(令和元年法律第8号)第7条第2項各号に掲げる要件を満たしているため、高等教育の修学支援新制度の対象機関となっています。

高等教育の修学支援新制度の対象機関(機関要件確認申請書様式第2号関係)
日本大学HP

1 支援内容

「高等教育の修学支援制度」は、経済的に困難な学生の修学を支援するもので,住民税非課税世帯及びそれに準じる世帯の学部生(留学生を除く)に対して、日本学生支援機構の給付奨学金及び大学の入学金・授業料減免により支援する制度です。世帯所得等によって算出した結果に応じて支援区分が決定します。

制度の詳細については、以下をご覧ください。
文部科学省「高等教育の修学支援新制度」
独立行政法人日本学生支援機構「給付奨学金」

2 支援額

支援区分は3段階。【第Ⅰ~Ⅲ区分】に応じて、支援の金額が異なります。(単位:円)

表は拡大してご覧ください
区分 給付奨学金(月額) 授業料減免
自宅通学 自宅外通学 業料(年額) 入学金
第I区分
(満額)
38,300 75,800 700,000 260,000
第II区分
(2/3)
25,600 50,600 466,700 173,400
第III区分
(1/3)
12,800 25,300 233,400 86,700

・年度中に区分が変わった場合は、減免額・給付額が変更となります。
・入学金の減免は、令和2年度以降の新入生のみ対象(入学時のみ)

3 支援対象者の認定要件

家計に係る基準(収入基準・資産基準)

≪収入基準≫

【第I区分】
あなたと生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること(※1)。
【第II区分】
あなたと生計維持者の支給額算定基準額(※2)の合計が100円以上25,600円未満であること。
【第III区分】
あなたと生計維持者の支給額算定基準額(※2)の合計が25,600円以上51,300円未満であること。
※1 ふるさと納税、住宅ローン控除等の税額控除の適用を受けている場合、各区分に該当しない場合があります。
※2 支給額算定基準額(a)=課税標準額×6%-(調整控除額+調整額)(b)(100円未満切り捨て)

・(a) 市町村民税所得割が非課税の人は、(※1)の場合を除き、この計算式に関わらず、支給額算定基準額が0円となります。
・(b) 政令指定都市に対して市民税を納税している場合は、(調整控除額+調整額)に4分の3を乗じた額となります。

JASSOホームページに掲載している「進学資金シミュレーター」で、申込者の世帯構成で収入基準に該当するか具体的に確認できますので、利用してください。
「進学資金シミュレーター」

≪資産基準≫

あなたと生計維持者(2人)の資産額の合計が2,000万円未満(生計維持者が1人のときは1,250万円未満)であること。

学業成績等に関する基準

【新入生】
以下のいずれかの条件を満たすことが必要になります。
1 高等学校等における全履修科目の評定平均値が、5段階評価で3.5以上であること
2 将来、社会で自立し、及び活躍する目標をもって、進学しようとする大学等における学修意欲を有すること

・学修意欲等の確認は、高等学校等において面談の実施又はレポートの提出等により行います。

【在学生】
以下のいずれかの条件を満たすことが必要になります。
1 GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位1/2の範囲に属すること
2 修得した単位数の合計数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書により確認できること

・標準単位数 = 卒業に必要な単位数 / 修業年限 × 申請者の在学年数
・ただし、1又は2に該当する場合であっても、在学中の学業成績等が適格認定の基準において 「廃止」に該当する場合には、不採用となります。

4 各種様式

高等教育修学支援制度授業料等返還用銀行口座振込依頼書

大学等における修学の支援に関する法律による授業料等減免の対象者の認定に関する申請書(A様式1)A様式1は必ず両面印刷してください。

5 説明会等

予約候補者説明会(採用候補者決定通知を受け取っている方)

在学採用新規説明会

日本学生支援機構奨学金

≪奨学金の種類について≫

1 貸与型

利息の付かない第一種奨学金と、利息の付く第二種奨学金があります。これらとあわせて入学時の一時金として貸与する入学時特別増額貸与奨学金(利息付)があります。

2 給付型

令和2年4月から高等教育の修学支援新制度(授業料等減免と給付型奨学金)が開始します。

独立行政法人日本学生支援機構
NHK受信料の免除制度

地方公共団体及び民間団体等の奨学金制度

日本学生支援機構奨学金制度のほか、各都道府県・市町村・財団などの奨学金制度があります。大学に募集依頼のあるものについては、学生個人ポータルサイトでお知らせしますが、奨学金団体によっては大学を通さずに募集している場合もありますので、希望者は家族が居住する都道府県や市区町村の教育委員会等にお問い合わせくだい。

学外奨学金一覧

申請希望者は学生課(ceb.gakusei2@nihon-u.ac.jp)までご連絡ください。

学費サポートプラン

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

「国の教育ローン」は教育のために必要な資金を融資する制度で、融資額は学生一人につき350万円以内、返還期間は15年となっています。詳しくは下記リンク先よりお問い合わせください。

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

提携教育ローン

本学では、株式会社オリエントコーポレーションと提携して、学費納入者の一時的な経済的負担を軽減するため、簡単な手続きで利用可能な学費分割制度を導入しています。入学金や授業料などの学納金を金融機関が学費納入者に代わって大学に立て替え払いをする制度で、学費納入者は金融機関に毎月分割で支払うクレジット商品です。また、金融機関独自の教育ローンもあります。
詳しくは下記リンク先よりお問い合わせください。

株式会社オリエントコーポレーション

秋田銀行