令和元年7月13日(土)にSD研修を実施しました。今年度は,「学生と向き合う」意識や「学生ファースト」を体現した,学生の視点を重視した学部運営に取り組むことを目的に,教職員13名,学生16が参加し,学生・教員・職員の三者協働によるグループワークを行いました。

参加者は,最初は緊張気味でしたが,次第に打ち解け,自然と笑顔や笑い声もあちこちであがり,楽しい雰囲気の中で,いろいろな意見が交わされました。

本学部では,引き続き,学生の視点に近い位置に立ち,学生に対する教育・指導の充実やサービス機能の向上に努められるよう,教職員一丸となって学部運営に取り組んで参ります。