生命 佐藤さん2016分離技術学会奨励賞受賞2 2016年5月27,28日に、日本大学生産工学部で開催された分離技術会年会2016にて、「イミダゾリウム系混合イオン液体の二酸化炭素溶解度」と題し研究発表した佐藤佳代子さん(環境化学工学研究室,大学院博士前期課程生命応用化学専攻1年)が、奨励賞(東洋エンジニアリング賞)を受賞しました。
 本研究では、イオン液体をガス吸収液として利用することを目標に、化学構造の異なるフッ素系アニオンを有したイミダゾリウム系イオン液体([Bmim][TFSA]と[Bmim][PF6])を合成し、イオン液体の組成を変化させ混合した際の常圧下における密度・粘度の温度依存性、高圧下における二酸化炭素溶解度について検討しました。
 この研究は、地球温暖化問題に関連した二酸化炭素の処理や、未利用資源、特に酸性ガスの多い天然ガスの浄化など古くから続く課題に、従来からの化学吸収法ではなく、あえてイオン液体を利用した物理吸収法を選んで果敢に挑戦したものであり、分離技術に利用できる可能性が高い点が評価されました。

生命 佐藤さん分離技術学会奨励賞受賞左から、鈴木様(東洋エンジニアリング株式会社)、佐藤さん、日秋先生(分離技術会会長・日本大学生産工学部教授)