生命応用化学科

CBI学会2016年大会で最優秀ポスター賞を受賞

 CBI学会2016年大会が10月25日から27日に行われ、生命応用化学専攻博士前期課程2年の吉田尚恵さんが、最優秀ポスター賞(Best Poster Award)に輝きました。この賞は、すべての一般発表演題(約120件)の中から最も優れた発表を行った1名のみに与えられるものです。大学の研究者だけでなく、企業や研究機関の研究者も多数発表する中での受賞は、大変名誉なことです。
 吉田さんの発表は「Molecular Simulation Analysis of RNA Aptamer to Human Immunoglobulin G」という演題で、分子シミュレーション解析を用いて、RNAアプタマーと抗体タンパク質(IgG)の結合メカニズムを分子レベルで明らかとしたものです。RNAアプタマーは、抗体に代わる次世代の分子標的薬として注目されている分子です。これまで、治療が困難とされていた疾患に対する治療薬の開発に、吉田さんの研究が活かされようとしています。

img_1224

吉田尚恵さんのインタビュー記事はこちら