電気電子工学科

平成29年度 大学院特別講義を開催しました

 7月6日(木)に,平成29年度 大学院特別講義を開催しました。

 首都大学東京大学院 理工学研究科の多氣昌生教授をお迎えし,「電磁界による健康リスクに関する研究動向」という題目でご講演いただきました。

多氣昌生教授:電磁応用技術研究室

 我々の周りには,目には見えませんが電磁界が溢れています。情報通信技術やエネルギー伝送など,日常の暮らしが非常に便利になっているのも,電磁界の恩恵を受けているためです。その一方で,人体への影響を心配する声も絶えずつきまとっています。

 講義では,特に,健康への影響について,様々な研究や調査結果をもとに説明いただきました。電気・磁気・電波と人類との関わりについての歴史的な内容から,発癌リスクの疫学研究結果の信頼性,大規模な動物実験結果など,非常に興味深い講義でした。