土木工学科

平成26年度 土木工学専攻修士学位論文発表会を行いました

平成26年度 土木工学専攻修士学位論文発表会

 平成27年2月18日、平成26年度土木工学専攻修士学位論文発表会が開催されました。本発表会では博士前期課程(修士課程)2年間の研究成果を取りまとめた修士学位論文の内容について発表されました。1人あたりの発表時間は20分(発表15分、質疑応答5分)と、先週行われた卒業研究審査発表会(大学生)の2倍の時間となっており、質問内容はより専門性が高くなります。
 発表前に修士論文概要が配付され、発表時には修士学位論文が回覧されました。発表会には土木工学科の全教員が参加し、共同研究を行っていた多くの卒業研究生も聴講していました。
 博士前期課程の大学院生は、土木学会の研究発表会や学内の学術研究報告会において発表する経験を積んでいます。これまでの学会発表等の経験を活かし、本発表会では高度な研究成果を分かり易く伝える発表となっていました。また、質疑の内容は専門性に富んでおりましたが、発表者たちは臆することなく的確に回答しており、2年間の大学院生活で培ってきた専門性の高さと自信が伺えました。
 大学院生は、自らの研究のみではなく、卒業研究生の指導を補助する立場にあります。日々悩みながら研究や後輩指導を行った経験は、大学院特有の貴重な経験です。その経験を活かし、社会に資する技術者として活躍されることを期待しております。

平成26年度修士論文発表会image001平成26年度修士論文発表会image002

平成26年度修士論文発表会image003平成26年度修士論文発表会image004