土木工学科

大学院土木工学専攻の大附遼太郎さんが優秀発表賞(クリタ賞)を受賞

3月17-19日に徳島市で開催された第50回日本水環境学会年会において、大学院博士前期課程1年生の大附遼太郎さんが年会優秀発表賞(クリタ賞)を受賞いたしました。
日本水環境学会年会は(公社)日本水環境学会の全国大会に位置づけられる学術発表会です。本賞は、口頭発表を行う博士前期課程(修士課程)在学の学生会員が表彰対象であり、まず、講演要旨原稿の内容に基づく一次審査があり、そして、一次審査通過者が行うポスター発表に対し学会参加者が投票を行う二次審査により、受賞者が決定されます。表彰対象者174名の中で一次審査通過者は43名、そして受賞者は16名であり、学食排水を浄化処理しているロハスの花壇の1年間の水質浄化特性について発表した大附さんの受賞は、約11倍の競争倍率を乗り越えての受賞でした。

第50回日本水環境学会年会 優秀発表賞(クリタ賞):大附 遼太郎さん
                         (大学院博士前期課程 土木工学専攻1年)
講演題目 : 学生食堂排水を処理する花壇型人工湿地の運転開始から1年間の水質浄化特性

大附君1?大附君2

大附さんの受賞インタビュー記事はこちら