自宅通学(電車通学)

トップ画像

ストレスフリーのキャンパスライフ。 在学中にアプリを開発することが目標。

建築学科2年 高崎 颯太さん
栃木県 黒磯高等学校出身

自宅から大学まで片道1時間30分~2時間かけて通学しています。時間はかかりますが、生活面での負担やストレスがなく過ごせることや、家族のサポートが受けられたり、大好きな弟と遊ぶ時間が確保できるなど、私にとってはメリットだらけです。週末を中心に、アルバイトもしています。移動時間を有効に活用するため、電車内では課題に取り組んだり、インターネットでいろいろな調べものをしています。たいていの作業はスマートフォンで済ませられるので便利ですね。現在の目標は、在学中にアプリを開発すること。やりたいことに打ち込める今だからこそ、絶対に実現して将来へ弾みをつけたいと思っています。

生活のようす

なりたい自分に着実に近づくため、関連書籍もしっかりと読んで勉強。

画像1

いつも学生食堂で昼食を取っています。

画像2

課題は溜めないことが大事。電車の移動時間も有効活用しています!

画像3

建築模型の課題は難しいけど面白い!

画像4

勉強するなら、図書館がおススメ。専門図書も豊富にあります。

画像5

DATA BASE

気になる学生生活をCHECK!

画像1
画像1

OnePoint 情報

日本大学工学部に入ってよかった!

画像2
学生の高い満足度が その魅力を証明しています

2020年度新入生を対象とした「学修満足度向上調査」において、8割以上の学生が日本大学工学部に入学したことに「満足している」という結果になりました。学びの内容やキャンパスの環境、課外活動など、好きなポイントは人それぞれですが、きっとアナタも日本大学工学部で充実した4年間を送れるはずです!

学食もおすすめ!

画像2
おいしい新メニューが多数登場!

2022年4月、ハットNE1階にある学生食堂がリニューアルオープンしました。温玉唐揚げ丼や鉄板とりステーキ、ニラもやし炒め定食など、これまでになかった新メニューが多数登場!毎日の食生活をさらに楽しく、充実させてくれます。