自宅通学(電車通学)

トップ画像

約1時間30分の通学時間を有効活用。 積極的に自分磨きをしています。

機械工学科4年 菅原祐希さん
栃木県黒磯高等学校出身

自宅を出てから大学まで片道約1時間30分の通学をしています。電車内では好きな本を読んだり、課題を済ませたり、レポート提出が近い時はスマートフォンで下書きをメモしたりしています。移動時間を有効に活用できていますし、もともと早寝早起きだったこともあって、長時間の通学はまったく苦になりません。ほとんど家事をしなくて済む分、勉強に集中することができることは、自宅通学ならではのメリットです。機械工学科での専門性の高い学びを通して、知識・技術はもとより自信を深めることもできました。鉄道整備士になるという目標に向けて精進あるのみです。

生活のようす

将来の夢は鉄道整備土。日頃から関連書籍を読むなど準備を進めています。

画像1

昼の定番は学生食堂のランチ。値段もボリュームも大満足です!

画像2

キャンパス内には工学部生御用達のコンビニも

画像3

駅の近くにはDIYもあって便利!

画像4

課題やレポートは電車の通学時間や待ち時間を有効活用

画像5

DATA BASE

気になる学生生活をCHECK!

画像1
画像1

OnePoint 情報

日本大学工学部に入ってよかった!

画像2
学生の高い満足度が その魅力を証明しています

2020年度新入生を対象とした「学修満足度向上調査」において、8割以上の学生が日本大学工学部に入学したことに「満足している」という結果になりました。学びの内容やキャンパスの環境、課外活動など、好きなポイントは人それぞれですが、きっとアナタも日本大学工学部で充実した4年間を送れるはずです!

学食もおすすめ!

画像2
おいしい新メニューが多数登場!

2020年4月、ハットNE1階にある学生食堂がリニューアルオープンしました。サバ焼き定食やソースチキンカツ丼、唐揚げ南蛮など、これまでになかった新メニューが多数登場!毎日の食生活をさらに楽しく、充実させてくれます。