下宿生活

トップ画像

協調性と周囲への気づかいが下宿生活を楽しむコツです。

建築学科4年 齊藤由伸さん
青森県弘前工業高等学校出身

初めての一人暮らしに不安があったこと、学科や学年に関わらず多くの友人をつくり大学生活を充実させたいことから下宿生活を選びました。実際、とてもフィーリングの合う友人ができました。先輩方にもよくしていただき、履修や実習のことなどいろいろと相談していました。硬式野球部の活動にも力を入れているので、食事を準備してもらえる下宿生活は嬉しいですね。気をつけているのは協調性と気づかいです。深夜に大きな音を出さない、洗濯機など共有物は大事に使用するということはもちろん、日常の挨拶を心がけています。周囲との良好な関係性を維持するためにも、挨拶は必須です!

生活のようす

同じ下宿に住んでいた硬式野球部の先輩がプレゼントしてくれた記念写真は宝物。

画像1

開業は1967年。卒業生が遊びに来ることもあるアットホームな下宿です。

画像2

秋季リーグ戦ベストナインに選ばれました!

画像3

将来公務員になることを目指して、勉強に励んでいます

画像4

野球好きの父の影響で幼い頃から野球一筋

画像5
画像2

古川 昇さん・祐子さん

50年以上も営んでいる下宿で、多数くの工学部の学生と関わってきました。一番気を遣うのは健康面です。コロナ禍ということもあり、換気や消毒を徹底しています。また、体調が優れないときは大学指定の病院に送迎いたしますので、ご安心ください。食事はボリュームだけでなく、栄養バランスを考えた安全安心な食材を提供しています。時には叱咤激励もします。4年間の下宿生活がプラスになり、立派な社会人になってほしいと願っています。

DATA BASE

気になる学生生活をCHECK!

画像1
画像1

OnePoint 情報

クラブ活動の割合

クラブ活動に参加すれば大学生活もより充実!

工学部全学生のうち、クラブ活動に参加しているのは63%。約80団体の活動はスポーツから文化系までさまざまで、その人気にも大きな偏りはないようです。(2019年度実績)

画像2
画像3