教育理念・教育方針

日本大学の目的及び使命

日本大学は、日本精神にもとづき、道統をたっとび、憲章にしたがい、
自主創造の気風をやしない、文化の進展をはかり、世界の平和と人類の福祉とに
寄与することを目的とする

日本大学は、広く知識を世界にもとめて、深遠な学術を研究し、
心身ともに健全な文化人を育成することを使命とする

 

教育理念

日本大学の教育理念・目的は「自主創造」です。
日本人としての主体性を認識し、 その上でグローバリゼーションに対応できる世界的視野で物事を捉え、それぞれが学ぶ領域や活動体験を生かし 「自主創造」の気風に満ちた人材の育成を目指します。

 

工学部の人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

基礎教育の徹底により、工学の基礎力を修得し、自主的に考察し判断できる発想力及び解析能力を培う。 さらに、工業技術が社会と環境に及ぼす影響を理解することにより、高い倫理観をもって調和のとれた持続可能な社会の 実現に貢献できる人間性豊かな技術者を養成する。
また、教育研究活動を通じて地域環境の保護と健康的な生活に工学の立場から寄与し、その成果を社会と地域に還元する。

土木工学科

社会基盤や環境の保全と防災力の向上、資源の循環など、これからの社会システムの基本とすべき事柄を正しく認識した上で、ものづくりに関する基礎技能と、自然環境との共生を図る意識と高い倫理観を有する豊かな人間性を有し、社会基盤の整備・発展に実践的に従事できる技術者を養成する。

建築学科

建築学に関する幅広い知識と、専門性の高い技術、さらに創造力豊かな芸術性を修得して、広く地域社会に通用する協調性のある人間性を身に付けるとともに、建築が果たすべき社会的使命としての倫理観や責任感を持った、実践力や指導力のある建築技術者、建築士、デザイナー、研究者、公務員、教員などの人材を養成する。

機械工学科

機械工学の基礎と専門分野の知識と技術の修得に重点を置き、機械と人間、社会、自然との関係を深く理解し、地球環境保護、資源再利用などの課題に対応でき、健康で持続可能な暮らしのために「ロハスの機械」の知識を身に付けた21世紀の機械エンジニアを養成する。
※ロハス(LOHAS:Lifestyles of Health and Sustainability)

電気電子工学科

基礎学力の充実に基づく論理的課題解決能力を醸成し、今後の社会における新たな変化に対応できる良識ある倫理観を持ち、かつ国際的視野に立って活躍するために必要なコミュニケーション能力に加え、チームワーク力に秀でた第一線で活躍できる情報通信・電気・電子分野の技術者を養成する。

生命応用化学科

21世紀を切り開く持続可能な社会システムの実現に向け、生命・材料・環境等に広く関わる化学の応用分野の幅広い知識及び実験技術を修得し、高い倫理観と問題解決能力を有し、生命や環境に配慮した化学製品や医薬品などの開発・生産・普及活動及び環境保全・リサイクル活動等に従事・貢献できる応用化学・生命化学技術者、教員、公務員、研究者等を養成する。

情報工学科

広い視野の基に論理的思考力と実務処理能力の基本を身に付けた、情報社会の基盤づくりに貢献できる技術者の養成を目的とし、このために自然科学の知識を基礎として、プログラミング、ネットワーク、計算機システム、情報処理などの基礎技術を修得し、問題を論理的に分析し目標の実現を図る論理的思考能力及び他者との的確なコミュニケーション能力を有する人材を養成する。

 

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)教育理念

日本大学工学部は、教育目標を達成するために、次の科目群から構成されたカリキュラムで教育を実践しています。

  1. グローバルな視野を身につけるための外国語科目、教養科目及び体育科目
  2. 工学の基礎となる自然科学を学ぶための基礎科目及び自然科学科目
  3. 専門知識・技術を習得するための専門教育科目

 

日本大学工学部の卒業認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)  

日本大学工学部は、所定の期間在学し、学部及び各学科の人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的に基づ きカリキュラム・ポリシーに沿った所定の教育課程を修め、以下に定める項目を修得した者に学士(工学)の学位を授与する。

  1. 工学技術が社会と環境に及ぼす影響と多文化、異文化に関する知識を持ち、グローバル化する知識基盤社会の一員としても自覚と幅広い教養、及び高い倫理観を有する。
  2. 各学科の体系的な教育課程を学修することにより各専門分野における体系的な工学の基礎力を有する。
  3. 工学の基礎力に基づいて、自主的に考察し判断できる発想力と解析能力を持ち、他者との協働を通じて課題を解決する能力を有する。
  4. 持続型社会の実現のため地球環境の保護や健康的な生活に工学の立場から寄与しようとする意欲と行動力、及び継続的な学習能力を有する。
PAGETOP

日本大学工学部
〒963-8642 福島県郡山市田村町徳定字中河原1 TEL.024-956-8600

Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.