夢の遊び場を実現するためにロハスの工学ができることは何か

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image002日本大学工学部では、東日本大震災と原発事故からの復興を目指し、2012年3月から毎年、市民公開シンポジウムとして「ロハスの工学シンポジウム」を開催しています。第3回となる今回は、「PEPな福島Kidsのための夢の遊び場の実現を目指して」をテーマに、基調講演とパネルディスカッションを行いました。

東日本大震災における原発事故以降、福島県内は除染活動が行われ、放射線量の低減が進められていますが、一方で子どもたちの成長に欠かせない安全な運動場・遊び場の確保が求められています。本シンポジウムでは、未来を担う郡山の元気な子どもたち(PEP Kids)にとって夢の遊び場とはどんなものか、またその遊び場を実現するために「ロハスの工学」が成すべきことは何かについて、市民の皆さまとともに考えました。

 

アンケート調査から見えてくる子どもたちの現状と課題とは

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image004基調講演に先立ち、工学部長・工学研究所長である出村克宣教授がご挨拶いたしました。「未来を担う子どもたちの夢の遊び場の実現に向けて、ロハスの工学をどのように融合させていくかが鍵になる。シンポジウムが有意義な議論の場となることを期待します」と述べました。

そして、小児科医・NPO法人郡山ペップ子育てネットワーク理事長の菊池信太郎氏による「福島県郡山市における震災後の子どもたちの生活環境について―アンケート調査―」%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image006題した基調講演を行いました。菊池氏は震災直後の平成24年5月に医師会と郡山市などが連携した「郡山市震災後子どもの心のケアプロジェクト」を立案。同年12月に子どもたちが元気に遊べる屋内遊戯施設「PEP Kids KORIYAMA」をオープンさせました。その後も子どもたちが直面している問題提起と理想的な成育環境モデルを示す活動に取り組んでいます。

菊池氏は、「復興とは元通りにすることではなく、ここから子どもたちが生きていく、よりよい社会をつくっていくことが真の復興」だと強調されました。%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image010そして、震災後行われた子どもたちの運動能力調査や生活環境調査などから、実際子どもたちにどのようなことが起きているのか、現状について詳しく説明されました。特に肥満児の増加に着目し、従来から年々その傾向があるとしつつも、震災を契機に肥満になった子どもがいること、それが運動不足や食事・遊び等の生活習慣の変化に起因することを指摘しました。小児における肥満が将来の健康リスクになることも示唆。子ども目線の考え、遊びの質と量を確保することが重要であると訴えました。

次に、「子どもの心と体の健康に関するアンケートを支援する日本大学工学部の取り組み」について、電気電子工学科の村山嘉延准教授が報告いたしました。ふるさと創生支援センターの取り組み%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image008の一つとして参画している「郡山市震災後子どもの心のケアプロジェクト」では、昨年郡山市在住の児童・生徒約4万人を対象にアンケートを実施。その運営や集計作業に学生約100人がボランティアで参加しました。村山准教授は協力した学生の力によって実現できたことを強調するとともに、このアンケート活動を通して学生自身の成長にもつながったことを一つの成果と捉え、「ものづくり」から「価値づくり」への大切さを伝えました。

 

PEPな福島Kidsのための夢の遊び場を提案

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image012続いてパネルディスカッションの司会を務める土木工学科の岩城一郎教授が、「ロハスの工学」についての説明とパネルディスカッションが企画されたと趣旨として、ふるさと創生支援センターの取り組みの一つである「子どもたちの屋内運動施設のコンセプト設計」の一環であることを説明しました。そして4人のパネリストが、それぞれの研究の視点から夢の遊び場についての話題提供を行いました。

「ロハスの工学の視点で計画する夢の遊び場」・・・・・・・ 建築学科 浦部智義准教授

郡山市の現状、全天候型運動場や中規模屋内運動場、小規模室内遊び場などの例をあげながら、他の課題との連動・複合すること、まちづくりの一環として子どもの環境を考えることが重要であると言及しました。

「エネルギーの視点から考える夢の遊び場」・・・・・・・・機械工学科 伊藤耕祐准教授

エネルギーに対する子どもたちへの適切な教育の必要性を説くとともに、浅部地中熱を利用した屋内競技場を提案。遊びを通して子どもたちから発散されるエネルギーが大人の愛と夢と希望の触媒作用で成長エネルギーに換わる場所が夢の遊び場だと述べました。

「水と農の視点から考える夢の遊び場」・・・・・・・・・・土木工学科 中野和典准教授

昔と現在の遊びを「水」と「農」の視点から比較。農業体験しながら魚とりや虫とり、泥遊びができる田んぼでの自由な遊びの体験を通して、自然の摂理に触れる「水」と「農」を融合させた夢の遊び場「田んぼパーク」を提案しました。

「命を育む教育環境の視点から考える夢の遊び場」・・・・・・・ 郡山女子大学短期大学部 幼児教育学科講師 永瀬悦子氏

児童の自殺や虐待事件など統計からみる命の問題や「命のつながり」の健康教育実践過程、妊娠・出産を焦点にあてた母と子の命の教育などに触れました。そして「共生共存」、「自己実現」をキーワードに、集い・憩い・癒し・成長の場にすることが重要であると説明されました。

 

ロハスの工学の視点で夢の遊び場を考える

4名のパネリストと基調講演者2名によるパネルディスカッションでは、福島のPEP Kidsにとって夢の遊び場とはどのようなものか、その実現のために「ロハスの工学」が成すべきことは何かを議論しました。

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image014

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image016浦部准教授:子育てを考える場合、まずまちづくりから始めることが大切です。被災地ではまちの復興が遅れていて、子どもの居場所をつくる段階にはありません。生きる環境が阻害されている現状を認識してほしい。永瀬先生がおっしゃるように日常性は大事だと思います。小さくてもいいから身近なところに象徴的な質のよい遊び場を一つつくることで、何か動いていくような気がします。夢の遊び場を一言で表すと「想・創」。言葉だけでは想いは伝わりません。まずは創ることが重要だと思います。

 

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image018伊藤准教授:エネルギーは直接子どもとは関係ないと思われるかもしれませんが、子どもが生きていく社会にとって必要なものであり、子どもの視線からエネルギーを考えることが大事です。そのためには大人が夢を持つことも大切で、自分が子どもだったらどうかと考え大人同士で議論することで、よいアイディアがたくさん出てくると思います。菊池先生のお話を聞いて夢の遊び場は「わくわくドキドキ」だと思いました。子どもの成長エネルギーが最大になるためには、大人も含めて「わくわくドキドキ」が必要だと思います。

 

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image020中野准教授:振り返ってみると、子どもの頃は遊んではいけないと言われるところで遊ぶのが楽しかったと思うのです。田んぼで遊んで怒られても、川で遊んではいけないと言われても、子どもは遊びたいわけで、大人の都合で禁じているだけです。だから、大人が先回りしてそんな遊び場をつくってあげたらいいと思います。私が考えた夢の遊び場は「半人工・半自然」。人が手を加えることで維持される里山のように、大人が少し手伝って手を加えながら、自由度もある子どもの遊び場ができればいいと思います。

 

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image022永瀬氏:夢の遊び場とは、誰にでも平等で共通に与えられるものであってほしいと思います。親に連れて行ってもらえなければ行けないところではなく、出前とか出張という形でもよいので、誰にでも提供できるような遊び場であることが望まれます。私は「出会い」がある場所が夢の遊び場だと思います。子どもたちは、人やものとの出会いによって発展したり成長していくと思うのです。学ぶことは変わることだと言われるように、出会いによって変わる、人間の成長をもたらすものだと考えます。

 

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image024菊池氏:今の子どもたちは外で遊ぶことが少なくなってしまいました。外で遊ぶことを制約されてしまったり、ゲームやスマホなど面白い遊びを覚えてしまったからです。そのため、もっと面白いものをつくらなければならない。夢の遊び場は、子どもたちがわくわくドキドキする場所であり、自分たちも作ることにワクワクドキドキするものしなければならないと思います。夢の遊び場をつくるには「子ども目線」が一番大事です。使う人の目線で作っていかなければならないと思っています。

 

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image026村山准教授:遊び場がそのまま学びの場であることが理想的だと考えます。学校がなくなればいいなと思うのです。言い換えれば、学校が別な形に生まれ変わればいいと思っています。生物も進化し続けなければ滅びます。子どもたちのために遊び場をどう変化させるか、じっくり話し合うことが必要ではないでしょうか。「愛されて育つ」場所が夢の遊び場。遊び場で育つということは間違いないと思うのですが、そこで愛されていることを感じながら育つ場所になればいいと思います。

 

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image028岩城教授:私は夢の遊び場を実現するには「チームプレー」が重要だと思います。今さまざまな問題がある中でなかなか進まないのは、みんながバラバラに動こうとしているからだと思うのです。それぞれの視点から提案しながらも、思いを一つにして、チームプレーで一つの形を生み出していくことが次の一歩、また5年後10年後の未来につながっていくものと考えます。継続していくことも大事ですので、今後もこのシンポジウムも続けていきたいと考えています。

 

会場からも質問や感想、貴重な意見をいただきました。

「郡山震災後子どものケアプロジェクトの進捗状況や財政面はどうなっているのか」という質問には、地域の協力やサポートしていただける団体が必要であり、こうしたシンポジウムを通して思い%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image030を共有していきたいと答えました。「アンケートの結果からどうすべきかを国や行政に提示されるのか」という質問には、これから3か月くらいアンケート結果を検討し、関係各所に伝えていきたいという意向を伝えました。その他、「すぐに遊び場としてできるものを考えてほしい」という意見や「行政任せでなく、一人ひとりが子育てに関わり手と手を取り合っていくことで、愛と希望が持てる福島を実現できると今日のシンポジウムに参加して感じました」という感想が聞かれました。

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image032最後に、柿崎隆夫工学研究所次長が閉会のご挨拶をいたしました。「改めて工学部としてやるべきことがたくさんある実感しました。研究開発に携わる者として責任を負っていることも認識しています。5年10年という長期ビジョンで取り組まなければならないもの、来年再来年には実用化されるものなど、我々も両面からアプローチしていることを理解してほしい。また、皆さんがいつでも来られるような大学にしたいと思っています。これからも厳しい決意を胸に刻んで進んでいきます」。

 

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0image034参加された市民の方からも、こんな感想をいただきました。「いろいろな立場の方の意見が聴けてとても新鮮で、母親として保育士として勉強になりました。屋外に魅力的な公園がないので、ぜひロハスの工学の視点で公園を設計してほしいですね。また、今日は託児サービスがあって大変助かりました。自分も何か協力できればいいなと思っています」。

また、機械工学科の学生も「自分が住んでいる福島でどんなことが起こっているのか知りたくて参加しました。さまざまな分野から話や突飛な意見も聴けて大変貴重で面白かったです。使う人の目線でつくるということは、研究開発していくうえでも重要な目的であり、常に意識しなければならないと思います」と話していました。

 

今後も「ロハスの工学シンポジウム」を通して、子どもたちの育つ環境、未来について考える機会を提供するとともに、「ロハスの工学」で夢の遊び場を実現できるよう尽力してまいります。