受験生必見!先輩たちが本音で語る “生命応用化学科の魅力はこれだ!”

 高校生の皆さんの中には、生命応用化学科ってどんな学科なのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。そこで、4年生6名による座談会を実施し、 “どんなことを勉強するの?“、“どんなところに就職できるの?”といった受験生の疑問や質問に本音で答えてもらいました。これを読めば、生命応用化学科のことがもっとわかるはず。Part1では、まず大学選びのポイントについて、先輩たちが自分の経験を踏まえてアドバイスしています。受験生の方には必見です


写真左から:柳沼綾香さん(環境化学工学研究室・日本大学東北高校出身)、川名基博さん(分子認識工学研究室・日本大学東北高校出身)、有馬果林さん(生体材料工学研究室・須賀川桐陽高校出身)、山中祐平さん(環境分析化学研究室・小山城南高校出身)、星野有香さん(生体無機化学研究室・茂木高校出身)、柴崎裕也さん(光エネルギー変換研究室・日立第一高校出身)                                         

大学、学部、学科を選ぶときのポイントはココ!      

山中さん今回の座談会は、僕たち4年生が先輩として、高校生の疑問や質問に本音で答えるという企画だから、ざっくばらんに自分の意見や考えを話していこう!

有馬さんまず、受験生の悩みどころって、どうやって大学を選んだらいいのかってことだと思うけど、ポイントって何だろう?

柴崎さんやっぱり、自分の興味のあることから選ぶのが一番大事だと思う。

星野さんそれだと絶対後悔しないよね。

川名さん周りの人の話を聞くのも大事だけど、親の意見に流されては駄目だと思うな。

柳沼さんそう、実際に勉強するのは自分だから、自分で決めないとね。

川名さん大学で選ぶよりも、学部・学科から選んだ方が決めやすい。やりたいことができる学部・学科はどれで、それがある大学はどこなのかって探していくのがいいと思う。

山中さん自分の時、どうだったかってことを考えたら、やっぱり柴崎くんが言ったとおりだな。興味のあることから選ぶべきだと思う。それに、社会に役立つ分野って何かなと考えたら、やっぱり工学だと思ったんだよね。

星野さん私は化学と生物が好きだからという理由のほかに、就職のことを考えると文系より理系の方が有利だと思ったの。

柳沼さんそれは大事なことだね。大学生になって都会で遊びたい気持ちもわかるけど、就職が最終的な目標だから、そこを考えて選ばないと、ただ遊んで終わりの大学生活になってしまう。そこまで考えて選んでほしいな。

有馬さん日大工学部の就職率の高さは強みだし、幅広い分野に就職できるのは、生命応用化学科の魅力の一つ。

星野さん大学院進学率も工学部の中でトップは生命応用化学科。それがこの学科の特徴とも言えるね。

柴崎さん僕は、生命応用化学科は無機・有機・生物など幅広く学べるのがいいなと思って選んだよ。

有馬さん私は高校の時に数理化学科で学んで化学が面白くなったから、実家から通えて化学が学べるところを探したら、ここになったの。

柳沼さん川名くんと私は日大東北高校だったから、推薦枠を利用して受験したんだよね。付属推薦や指定校推薦は、大いに利用した方がいいと思う。

山中さんここに入りたいと決めているなら、推薦で受けた方がいい。方向性を早く決めて、残りの高校生活は入学後の学修に向けて勉強を始めておくといいんじゃないかな。

柳沼さんその前に、学科名に惑わされないようにしてほしいな。生命応用化学科=生物学科だと勘違いしている人もいるみたいだから。

川名さん生物の勉強ができる、化学の勉強ができるって単純に思ったら違う。それだけじゃないのが生命応用化学科だからね。

山中さん幅広い分野を学ぶことができるのが、この学科のいいところだと思うけど、自分が好きじゃない、苦手な分野も学ばなければならない。

星野さん逆に自分の興味のなかった分野でも、実際に学んでみたら意外に面白いと思うかもしれないしね。

柴崎さんそうなんだよ。僕が今、研究室でやっていることは、有機・無機というより物理系だからな。

山中さん無機だったり有機だったり、生物・化学・物理までいろいろ学んでいった中で、自分の興味ある分野を深く追究していくのがこの学科の特色。それをしっかりわかってほしいな。

川名さんそのためにも情報収集が大事だってことを伝えたい。

柴崎さん特にオープンキャンパスには、絶対行った方がいいと思う。

柳沼さん学生の生の声を直接聞いてほしいよね。一番参考になるはずだから。

有馬さん研究室でどんなことをやっているのか見られるオープンラボやオモシロ体験コーナーも、ぜひ体験してほしいな。私の研究室では、細胞を見たり、髪の毛のキューティクルを見たり、研究で使っている顕微鏡で実際に観察できるから、高校生にも化学の面白さをわかってもらえると思う。

星野さん研究室って多分堅苦しいイメージを持っている人が多いと思うけど、全然そんなことないよね。気軽に来てほしいな。

柳沼さん私の研究室は、独自に開発した世界に一つだけの実験装置もあるし、興味を持ってもらえるんじゃないかな。

山中さん見て、聞いて、体験して、たくさんの高校生に生命応用化学科の魅力を知ってほしいよね。

全員:知ってほしい!

・・・to be continued

※次回Part2では、生命応用化学科の魅力に迫ります。