受験生必見!先輩たちが語る生命応用化学科の魅力はこれだ!!

 最終回となるPart3では、生命応用化学科の将来の道について紹介します。どんなところに就職できるのか、どんな進路があるのか、先輩たちの就職活動の体験談を織り交ぜながら、その実態に迫ります。

 

就職率100%!夢が広がる生命応用化学科の将来の道とは!?

山中さん:生命応用化学科で学んで、将来やりたい道をどうやって見つけていくか―。すでに企業から内定をもらっている人も多いから、リアルな就活の話も聞けるかな。ちなみに生命化学系の研究室の人は、研究職に就くイメージがあるけど、実際はどうなのかな?

有馬さん:生体材料工学研究室では医薬品の研究開発をしているけど、私は化粧水の開発を目的とした基礎的な研究をしていることもあって、最初、化粧品会社の製造や研究職がいいなと思った。でも、やっぱり人気の業界だし、学部卒ではなかなか難しいことがわかって。それで、工学部就職セミナーに参加していた企業の中で、興味を持った会社があったから受けてみたの。食品の中の微生物や異物を検査したり、臨床検査や病理検査をする会社で、研究室にある機器と同じものを使って仕事ができるのはいいなと思って。それに研究職ではないけど、実験に携われる検査職にも惹かれたんだよね。

柳沼さん:環境化学工学研究室に所属しているけど、私も最初は化粧品業界がいいなと思ってインターンシップや会社説明会に行ってみたら、なんか自分には合わないような気がしたの。もっと学んだことを活かせる業界はどこかと考えたら、やっぱり製薬会社じゃないかなと思って。私は営業職に就きたかったから文系の人との競争になるけど、製薬会社なら化学の知識を活かせることをアピールできるしね。生命化学系の研究室でなくても、その道には進むことができるってことだね。それに、生命化学系だから100%医薬品関連の企業に就職できるって訳でもないし。

山中さん:そうだな。研究していることが、全て将来の道に直結しているとは限らない。それに、研究しているうちに違う分野に興味を持ったり、別のやりたい道が見つかることもあると思うよ。

柳沼さん:私の研究室では、実験に必要な機器をオリジナルで制作することもあるんだけど、先輩の中には実験機器の開発の方に興味を持った人もいて、その業界に就職したみたい。環境化学系だと、化学メーカーやプラント建設の会社に就職する人、海外で活躍している人も多いしね。

星野さん:就職先が幅広いことは、生命応用化学科の特色だと思う。

■生命応用化学科の主な就職先

川名さん:それに、文系では難しい研究職・技術職にも就けるのは、理系である工学部のメリットだよね。

山中さん:まあ、実際に就職したら、技術開発だったり、生産管理だったり、営業だったり、どこに配属になるかわからない。それによって何が自分に合っているか、本当にやりたいことは何かも変わるかもしれない。

川名さん:そうだね。僕はもともと生物に興味があったけど、大学に入ってから有機化学が化学の原点だと聞いて、有機化学をもっと勉強したいと思うようになったんだ。それで、有機化合物を効率的に合成する方法や触媒の研究をしている分子認識工学研究室に入った訳だからな。

有馬さん:環境化学系や応用化学系は、企業との共同研究が多くて実用化に近い研究に携われるから、将来の道につながりやすいのでは?

山中さん:環境分析化学研究室では、電気化学を専門にしているから応用化学系ではあるけど、僕の研究は、環境に配慮し、有害物質になる六価クロムを使わないめっき加工技術の開発がテーマだから、環境化学と応用化学の2つの分野がオーバーラップしている。内定をもらったのは、めっきなど機械の表面加工処理を手掛けている会社だから、僕の場合、興味のある研究から、やりたい道を見つけて、それができる会社への就職につながっているかな。

川名さん:僕は正直、就活ってどういうものなのか、最初はよくわからなかった。とりあえず、友人についていっていろいろ会社を回ってみたんだ。福島県内で働きたい、せっかく工学部で学んだのだから、それを活かせる企業に入りたいとは思っていた。でも、合同説明会に参加するだけでは、どんな会社なのか感じ取ることができなかった。やっぱり、実際に会社に行って話を聞くことが大事だと思ったよ。

山中さん:僕はビッグサイトで開催された企業の展示会に足を運んで、どんな企業がどんな技術を持っているか、直接話を聞いて調べた。それで、やりがいのある仕事や将来性を重視して会社を選んだんだ。

川名さん:僕も志望した会社の事業内容を知った時、これから益々必要になるなと思った。その技術を持っていれば、将来、途絶えることはないと考えたことが志望した大きな要因になっている。

柳沼さん:そういう考え方は大事だと思う。親は、安定している大手企業を選んで欲しかったみたいだけど、結局働くのは自分だから、自分の目で見て行きたい会社を選んだ方がいい。

山中さん:大手企業だからいいとは限らないしね。今後、大手だってどうなるかわからない。だから先を見て考えないと。この企業の強みは何かを見極めることが大事だと思うな。

川名さん:それと、この会社は自分には無理だと決めつけないでチャレンジした方がいい。僕も自分の成績からするとレベルが高いかなと思ったけど、内定をもらった会社は成績ではなく人物重視で採用する会社だったから。

柳沼さん:成績だけ見る会社もあるし、人間性を重視する会社もあるし、いろいろ採用基準も違うし、まずは企業研究が大事ってことだね。

山中さん:柴崎くんと星野さんは、大学院に進学するんだったね。

星野さん:私も最初は就職しようと思ったんだけど、どの分野にするか絞れなくて、いろいろ考えているうちに結局路頭に迷ってしまって(笑)。それで先生や院生の先輩の話を聞いたら、「研究楽しいよ」とか、「大学院修了の方が給料いいよ」とか言われて。

山中さん:そりゃあ、学部卒と大学院修了で、は企業が求める人材像が違うから、給料も違ってくるよ。

星野さん:私自身も、生体無機化学研究室での骨や歯の生体硬組織の人工材料の研究が楽しくて、1年で終わらせてしまうのはもったいないと思ったし、今持っている知識をもっと高めたいと思ったの。研究成果を出して学会で発表して、スキルをあげたい!だから大学院進学に決めたんだ。

柴崎さん:僕はもともと実験が好きだったから、大学院までいって2年間実験に没頭したいと思ったのが理由かな。就活していたら、実質研究できる期間は半年くらいしかないし。光変換エネルギー研究室では、色素増感太陽電池の研究開発に取り組んでいるんだ。研究室の先生にも相談したけど、もともと「研究は人生そのもの、研究することで人生を学んでいるんだ」って言っていたから、進学には大賛成さ(笑)。

柳沼さん:研究室では、将来に役立つ社会常識やマナー、気配りを学べる場所でもあるよ。

星野さん:私の研究室は、みんなが心地よく過ごせるようにって、会計や連絡係、試薬係などの役割分担を決めて各自が責任を持っている。

有馬さん:研究室も一つの組織だから、いろいろ社会勉強になるし、就活にも役立つと思う。

柳沼さん:それに、就職に関しても先生方が親身になって手助けしてくれるのは、この学科のいいところ。私は、企業で働いた経験がある研究室の先生や大学院生の先輩にもいろいろ教えてもらった。生命応用化学科は、他の学科より大学院生が多いから、先輩からたくさんアドバイスがもらえるのもメリットだね。

山名さん:この学科は、魅力がいっぱいあるってことかな。

川名さん:生命応用化学科を選んだポイントと同じで、学ぶことができる範囲が広いということは、将来の就職においても選択肢を広げることができる。それが一番の魅力なんじゃないかな。

全員:異議なし!

・・・the end

 改めて、座談会に参加してくれた学生の皆さんを紹介します。ご協力いただき、ありがとうございました。                                       

写真左から:柳沼綾香さん(環境化学工学研究室・日本大学東北高校出身)、川名基博さん(分子認識工学研究室・日本大学東北高校出身)、有馬果林さん(生体材料工学研究室・須賀川桐陽高校出身)、山中祐平さん(環境分析化学研究室・小山城南高校出身)、星野有香さん(生体無機化学研究室・茂木高校出身)、柴崎裕也さん(光エネルギー変換研究室・日立第一高校出身)       

生命応用化学科の平成28年度就職状況はこちら