平成29年12月16日(土)に、日本大学工学部で開催された第8回福島地区CEセミナーにおいて、生命応用化学科4年の安達光さんと高橋拓己さんが、ポスター発表優秀賞を受賞しました。今回、日本大学工学部の他、福島大学、山形大学、東京電機大学、福島高専、小山高専で、化学工学に関連した研究を進めている学生による35件(ポスター)の対象発表から、8件が表彰されました。

 安達さんの発表題目は、「脂質修飾ウレアーゼによる尿素合成」で、(国研)産業技術総合研究所(産総研)福島再生可能エネルギー研究所(FREA)水素キャリアチームとの共同研究です。本研究では、再生可能エネルギーを安定供給させる水素キャリアとして期待されている尿素を、常温・常圧下で合成することを目標に、尿素加水分解酵素であるウレアーゼを脂質修飾することにより疎水分子化して有機溶媒中で構造を安定化させ、触媒反応の評価を行いました。

 

 高橋さんの発表題目は、「[N4441][TFSA]の密度・粘度測定」です。本研究では、アンモニウム系イオン液体の[N4441][TFSA]: Tributylmethylammonium bis(trifluoromethanesulfonyl)amideをアニオン交換法により合成し、二酸化炭素をはじめとするガス吸収溶媒として検討する際に必要になる密度・粘度を幅広い温度範囲で測定するとともに、状態式で相関しました。

 

安達さんと高橋さんのインタビュー記事はこちら

産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所(FREA)はこちら

環境化学工学研究室はこちら