生命応用化学科で学ぶ1年生から4年生と大学院生に、学科の魅力や化学の魅力について語っていただきました。

 

先生との距離が近いのが魅力

1年生 久保田 治芳さん(山形県・米沢興譲館高校出身)

 中学・高校から文系の科目は苦手で理系の方が得意でした。中でも高校の時の実験や研究活動が面白かったので、化学をもっと勉強したいと思いました。興味のあることなら熱中できるのではないかと考えて選んだのが生命応用化学科です。だから理科系の授業は受けているだけで楽しいです。それに、大学というと大講義室で先生の話を聞いているだけの授業なのかと思っていましたが、想像と違っていました。少人数クラスで先生と学生との距離も近くて、気軽に相談できたり、先生から話しかけてくれたりします。そこがこの学科の一番の魅力です。また、工学部は北海道から沖縄まで、全国各地から学生が集まっていて、互いに助け合える環境があります。すぐにキャンパスの雰囲気にも馴染めて友達もできました。
 まだ具体的には決まっていませんが、自分の興味のあるものは何か、得意なものは何かを見つけて、それについて深く学びたいと考えています。将来の夢は、研究職に就くこと。半導体の工場で働く父の姿を見て「カッコいいな」と思ったことがきっかけで、自分も研究職を目指そうと考えました。そのためにも大学の勉強をしっかり頑張ります。

 

化学が実社会にどう役立つかがわかる

2年生 中村 祐貴さん(福島県・日本大学東北高校出身)

 工学部のオープンキャンパスに来て、初めて化学を学べる生命応用化学科があることを知りました。もともと化学が得意で、もっと専門的に学びたいと考えていたので、この学科で学んでみようと決意しました。生命応用化学科の魅力は、先生方がユーモア溢れる講義をしてくれることです。例えば、私の中では悪いイメージしかなかったCO2ですが、ドライクリーニングに使われていて、そのため輸入しているのだということも化学工学の授業で初めて知りました。こうした社会の問題や課題を化学のチカラでどう解決していくかが、醍醐味だと思います。単に化学を勉強するだけでなく、化学が実社会にどう役立っているのかがわかるから、学ぶ意義を感じながら授業にも取り組めます。特に環境化学に興味があるので、その分野の研究者になれるように、化学の知識をしっかり身につけるとともに、大学院に進学してより高度な技術を修得したいと考えています。将来は、地球環境の保全に貢献することが目標です。
 好きなことを勉強するのは楽しいです。そのうえ生命応用化学科なら、実社会に直接役立つ研究ができるので、やりがいも感じられます。幅広い分野を学べるので、ここなら、きっと自分のやりたいことが見つかると思います。

 

実験の考察を通して化学の面白さがわかる

3年生 長谷川 萌子さん(千葉県・市立銚子高校出身)

 日本大学は知名度が高く、多くの卒業生が様々な業界で活躍しているから、将来も安心だと思いました。中でも工学部は、自然環境に配慮したロハスの工学を推進していることに共感しました。生命応用化学科を選んだのは、“ものづくり”と“化学”に興味があったからです。この学科の大きな魅力は、先生方との距離が近いこと。直接質問できるだけでなく、一つひとつの質問に対して、丁寧にわかりやすく解説してもらえるので、確実に理解することができます。1・2年次は化学の基礎的な授業が多かったのですが、3年次になって専門分野の授業が増えると、実験の考察などを通して、これまで学んできたことが全てつながっているのがわかり、面白くなってきました。これからは、幅広い化学の専門知識を身につけながら、それを駆使していける能力も身につけたいと思います。また、グローバル社会に対応できるよう、英会話のスキルも身につけていきたいと考え、昨年から学内で開講されている英会話講座を受講しています。春休みには、自力でイギリスへの短期留学も体験しました。
 将来は、企業の商品開発部など、自分の考えた商品をたくさんの方に使ってもらえるように、人々の生活に関わるモノづくりができる仕事に就くことが夢です。

 

未来に役立つ研究に携われる

4年生 高橋 広大さん(秋田県・横手高校出身)

 化学の幅広い分野について、様々な視点から学ぶことができると思い、生命応用化学科を選びました。高校の先生から、日本大学は規模が大きく、たくさんの研究成果を挙げていると勧められたことも決め手になりました。高校時代に生物を勉強していたこともあり、生命化学系の研究をしたいと考えていましたが、大学の授業や研究室見学を通して、環境化学に興味を持つようになりました。特に化学工学の分野について深く学びたいと考え、環境化学工学研究室に入りました。様々な分野を学び、実際に見て感じることで視野を広げ、その中から本当に自分のやりたいことを学べるのが、生命応用化学科の魅力だと思います。最先端の実験設備が整っているのも大きなメリットです。実験を進めていくと、自分が思っていない結果になることがあり、なぜそうなるのかを考えて原因がわかった時に、“化学って面白い”と感じます。もしかしたら未来に、次世代の誰かに役立つかもしれない、そんな研究に携われることもモチベーションにつながっています。
 社会で活躍されている先輩から「スケールの大きな仕事はその分、達成感も大きい」という話を聞き、自分も将来は石油化学系の企業や大規模な発電プロジェクトのプラントエンジニアとして、大きな仕事をしたいと考えています。

 

予想と違う答えに出会えるのも化学の魅力

4年生 スッパプルック ルンファー(タイ王国・パンガー県出身)

 高校の時、実験が面白くて化学が好きになり、化学についてもっと深く理解したいと思いました。将来は、生命応用化学科で学んだことを活かし、人に役立つ化学製品の開発に取り組みたいと考えています。工学部はキャンパスがきれいで、勉強に集中できる環境が気に入りました。外国人だから友達ができるかどうか不安もありましたが、みんなとても親切で、授業でわからないことがあると優しく教えてくれました。同じ学科やサークルの仲間がたくさんできて、一緒に勉強したり、遊んだり、大学生活はとても充実しています。
 化学は無限の可能性を秘めていて、あることをするとある現象が起こるのが面白くて、ますます好きになりました。実験で大失敗することもありますが、予想と違う答えを出してくれるのが、化学の魅力だと思っています。自分で考え、自分の手を動かして実験に取り組んで、成功した時の達成感は気持ちいいです。研究だけでなく、まだ経験したことのない、新しいことにも挑戦したいと思っています。
 私はタイの国費留学生として日本に来たので、将来は祖国に戻り、タイにある日本企業に就職したいと考えています。そして、これまで誰も見たことがないものを創造し、国の発展に貢献したいと思っています。

 

研究を通してコミュニケーション・プレゼンテーション能力アップに

生命応用化学専攻1年 宮下 侑子さん(茨城県・水戸第二高校出身)

 生物と化学が好きになったのは、高校の時。微生物を顕微鏡で観察してから、目には見えない世界に興味を持つようになりました。大学でより専門的な知識や実験のスキルを身につけたいと思い、生命応用化学科に進みました。様々な実験ができるのは、この学科の大きな魅力です。それができる施設や設備が充実していることも魅力であり、メリットだと思います。1年次から3年次までは実験の基礎を学び、4年次には自分のやりたい研究を選択して取り組むことができました。先生と相談し、自分で考えながら研究を進めるので、実験が成功した時には大きな達成感を感じることができました。以前からものづくりに興味がありましたが、将来は研究職や開発職に就きたいと思い、大学院進学を決意。実験スキルを高めることはもちろんのこと、研究発表などを通して、相手の話を理解する力や自分の考えを伝える力を磨き、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を高めたいと考えています。
 現在はナノ粒子医薬品の開発を行っています。ナノ粒子は化粧品の分野にも応用されているもので、これからますます需要も高まっていくでしょう。研究室で身につけた知識や技術を活かして、希望の就職をかなえたいと思います。