8月2日(水)に,平成29年度 電気電子工学専攻の修士論文中間発表会を開催しました。

当日は,全員がまず3分間のショートプレゼンテーションを行い,その後,ポスターセッション形式で,11名の修士2年生が,約1年半の研究内容と修士論文の方向性などについて発表を行いました。

すべての学生が,多くの教員から質問やアドバイスを受けながら,自分の研究成果を発表していました。研究を進める上で,時には違った視点で質問やアドバイスを受けることはとても重要だと思います。全員が,修士論文の完成に向けて,非常にいい刺激を受けたことと思います。

また,教員による評価も同時に行われ,2名の学生が優秀賞を受賞しました。今回受賞した学生はもちろんのこと,受賞にならなかった学生も,本日のアドバイスや質問を修士論文に反映させ,立派な修士論文に仕上げてくれることを期待しています。