2月6日(火)に平成29年度の卒業研究発表会を5会場で開催しました。
およそ1年にわたって取り組んできた成果の発表を行いました。発表時間が質問を含めて1件当たり10分と短い時間の中で,自分たちが取り組むことの目的や実験の成果を,緊張しながらも簡潔に発表していました。

各発表後の教員からの質問には,四苦八苦しながら答える姿もありました。プレゼンテーションを通して,自分の考えや取り組みを伝える難しさ・楽しさを体験する機会にもなったものと思います。今後,就職先や進学先でもプレゼンテーションの機会は多くあります。より良いプレゼンテーション技術を身に付けていってもらいたいと思います。

教員や4年生の他に,1年後を見据えて3年生も参加し,会場の雰囲気や普段聞く機会の少ない他研究室の研究内容を知る,貴重な機会になったと思います。

卒業研究をとおして,問題への取り組み方,考え方,さらには時間管理など,研究内容以外にも多くのことを学んだ1年だったと思います。