2018年11月2-4日に日本大学工学部キャンパスで開催された日本水処理生物学会第55回大会において,「洗浄水自浄型トイレの水質浄化特性、衛生性及び快適性の評価」の演題で口頭発表した横手亮太が,ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。本会では15件のベストプレゼンテーション賞の審査対象となる発表があり,4件の発表がベストプレゼンテーション賞に選ばれました。