学部生2名の受賞は大きな価値がある           

 今年3月に土木工学科を卒業した平山拓海さんと梅津政孝さんが、平成28年度土木学会東北支部研究奨励賞を受賞しました。この賞は36才未満を対象に、当該年度の東北支部技術研究発表会において、優れた研究成果を発表した論文発表者に贈られるものです。本年度の受賞者は7名。企業の若手研究者や大学院生が受賞する中で、工学部から2名の学部生が受賞したことは大変価値があります。

受賞した研究について詳しく紹介するとともに、平山さんと梅津さんの喜びの声をお届けします。

研究奨励賞受賞 平山 拓海さん

「液状化による埋設管の浮上に伴う管周辺砂地盤の変位に着目した模型振動実験」

 大地震によって埋立地や軟弱地盤に発生する液状化における埋設管浮上のメカニズム解明を目的とした研究。小型土槽に埋設管を設置した緩い飽和砂地盤の模型を作製し、環境保全・共生共同研究センターにて地震の揺れを再現できる2次元永久磁石地震波振動台を使って実験を行いました。これまでも、管の比重が軽ければ浮き上がることはわかっていましたが、砂がどのような動きをするのかは解明されていません。実験の結果、管が浮上する際に周辺の砂が管に向かい、かつ下方に回り込んでいる傾向が確認できました。液体から固体へ、固体から液体へ交互に切り替わる砂が管を回り込むよう動くことにより、管は浮上と沈下を繰り返しながら上昇しているものと考えられます。これまでとは違う視点で液状化のメカニズムを解明しようとしたところが高く評価されました。

平山さんの喜びの声

 賞をいただけて嬉しい気持ちはありますが、まさか取れるとは思っていなかったので正直驚きました。土木工学科に入ったのも、大震災で道路が損壊した状況を目の当たりにして、こういう分野の勉強をしたら将来役立つのではと思ったからです。地震に関わる研究ができたので、学んだことを活かしたいと考え、建設コンサルタントの会社に就職しました。土木はいつの時代も必要な分野であり、目には見えなくても人の役に立つ仕事ができるから、やりがいを感じます。将来を意識しながら研究に取り組むことで、道も拓けてくると思いますので、皆さんもしっかり学んでください。

 

 

研究奨励賞 梅津 政孝さん

「ロハスの橋プロジェクトによる種々のコンクリートの耐久性評価」

 東日本大震災からの復興にあたり、社会インフラの長寿命化を念頭に高耐久なコンクリート床版の開発と施工が求められています。実際の道路橋コンクリート床版の施工を想定し、主桁の拘束条件を再現した実物大鋼主桁上コンクリート床版(ロハスの橋)をキャンパス内に6体作製し、実環境下における床版の膨張収縮挙動の計測および透気試験等によるコンクリート表層品質の評価を行いました。約1年間の屋外暴露試験を実施したコンクリート床版からコアを採取し、凍結防止剤散布下で促進される材料劣化に対する耐久性をについて実験的に検討しました。結果、最上級仕様および高耐久仕様のコンクリートは優れた塩分浸透抵抗性、スケーリング抵抗性を有することが確認できました。最上級仕様については、すでに復興道路橋に実装されています。実物大の道路橋を使った実験でより精度の高い検証を行ったことが評価されました。

梅津さんの喜びの声

 研究発表会でやり切ったと満足していたので、賞のことは全く考えていませんでした。賞をいただけたのは自分の実力ではなく、いい研究課題を与えていただいたことや研究室の諸先輩方に支援いただいたおかげだと感謝しております。賞が恩返しになればと思っています。また、研究と教員採用試験の両立は大変でしたが、研究室の先生に鍛えていただいたからこそ、教員になりたいという夢も実現できたのだと思います。“特別な才能がなくてもやればできる”ことを自ら証明できたので、今後はその教訓を生徒たちにも教えていきたいと思っています。