環境保全・共生共同研究センター

ご挨拶

環境保全・共生共同研究センター長 出村 克宣

  環境保全・共生共同研究センターは平成15年に本学工学部キャンパスに設置されました。同センターには土木建築構造物シミュレーション実験室や水域環境シミュレーション実験室、遠隔計測制御センサー・センサス実験室などを完備しております。
 この施設を活用し、私立大学学術研究高度化推進事業-学術フロンティア推進事業-「地域における社会環境基盤の保全と防災力向上を目指した戦略的なマネジメント手法の提言」などの研究プロジェクトを推し進めることで、環境に優しく、自然災害にも強いまちづくりの発展に寄与しております。
 21世紀を地域再構築の時代と捉え、地域の発展のために一層の努力を続ける所存ですので、学内外の皆様のご協力とご支援をお願いいたします。

出村 克宣 プロフィール

日本大学大学院工学研究科博士後期 課程建築学専攻修了。工学博士。 1982年4月に日本大学助手となり、 専任講師、助教授を経て、2000年 4月同教授となる。2008年4月より工学部長。専門は建築材料学・コ ンクリート工学。

〈所属学会〉日本材料学会、日本コ ンクリート工学会、日本建築学会等

〈受賞歴〉 平成21年度日本コンク リート工学協会賞(功労賞)等

PAGETOP
Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.