JIA東北学生卒業設計コンクール2017で優秀賞を受賞
本学部から4年連続全国大会出展が決定

 3月28日(火)にせんだいメディアテークで行われた、東北地区の主たる建築系9大学・高専の卒業設計の代表作品が出展する『JIA東北学生卒業設計コンクール2017』(公益社団法人日本建築家協会東北支部主催)で、長谷川周平さん(平成28年度建築学科卒業、浦部研究室:写真右から4人目)が、優秀賞を受賞しました。今後、全国JIA各支部・地域大会から選抜された卒業設計の優秀作品50数点によるJIA全国学生卒業設計コンクール2017に出展します。なお、全国への東北の代表枠は2作品ですが、本学部からは4年連続の出展となります。

 作品名は、『保原駅・前 ―文化と生業がつくる連続体―』で、福島県の保原駅をテーマに、地域の生業や文化の集結点となり、人の賑わいを創出するための建築を計画・設計し提案しています。

JIA東北学生卒業設計コンクール2017はこちら