29団体総勢203名による大清掃で、環境美化への意識を高める

 前学期の終了日となる8月2日(水)、各団体及びサークルによる、地域清掃活動を実施しました。毎年行っている部室清掃から範囲を広げ、今年は日頃利用している工学部キャンパス内のほか、安積永盛駅から工学部への通学路を清掃し、地域への貢献を目指しました。
 体育会、学術文化サークル連合会、北桜祭実行委員会を中心に各サークル29団体、総勢203名が参加。これまでは各サークルが個別に部室を清掃していましたが、一堂に会して行うのは初めてのことです。みんなで一致団結して清掃活動に取り組むことで、環境美化への意識をより高めようという狙いもありました。

朝10時、ハットNEに各団体・サークルが    集まりました

  体育会委員長の川合竜之介さんが        清掃の詳細を説明

さあ、部室棟の清掃開始!

各部室では大掃除と断捨離を実行

体育会・学文連は日大通りの清掃に出発!

空き缶や吸い殻が多く捨てられているようです

器楽練習棟でも頑張って清掃していました

折り返し地点の安積永盛駅から反対車線へ

その頃、各サークルの清掃も終盤へ

部室棟からは大量のゴミが運び出されていました

清掃が終わったら全員に飲み物が配付されました

みんな頑張りましたね!お疲れ様でした!!

 

 地域清掃活動に参加した学生は、「思った以上にゴミが多くて驚きました」、「今まで屋外のゴミは気にしてなかったけど、意識するようにしたい」、「ポイ捨てしないように注意喚起していきたいですね」と話していました。 これからも、学生・教職員一同、キャンパス及び地域の環境美化に努めていきたいと思います。