ロハスの工学をテーマに教育・研究・開発を推進する本学部が,学科を横断で展開している「ロハスの家研究プロジェクト」によって設置されたロハスの家1号・2号に続き,「水環境負荷実験棟(ロハスの家3号)」が平成23年3月3日(木)に着工しました。

「ロハスの家3号」はキッチン,バス,トイレ等を備えた床面積92㎡の木造平屋で排水の浄化再使用による通年水自給を目指した木とガラスの実験装置で,平成23年6月末に完成を予定しています。