将来,世界の科学・技術をリードすることが期待される若手,女性,地域の研究者への研究支援及び「新成長戦略」に掲げられたグリーン・イノベーション,ライフ・イノベーションの推進を目的とした,独立行政法人日本学術振興会(JSPS)公募の「最先端・次世代研究開発支援プログラム」に本学部生命応用化学科 児玉大輔准教授の研究課題が採択されました。

研究課題  イオン液体を利用した二酸化炭素物理吸収プロセスの構築

研究概要  室温程度で駆動可能なガス吸収液(イオン液体)を合成し,ガス溶解メカニズムを解明するとともに,推算モデルからガス吸収効果を明らかにし,低コスト型温室効果ガス吸収プロセスの構築を目指します。