教育研究上の目的・教育方針

工学部の教育研究上の目的

基礎教育の徹底により、工学の基礎力を修得し、自主的に考察し判断できる発想力及び解析能力を培う。 さらに、工業技術が社会と環境に及ぼす影響を理解することにより、高い倫理観をもって調和のとれた持続可能な社会の実現に貢献できる人間性豊かな技術者を養成する。
また、教育研究活動を通じて地域環境の保護と健康的な生活に工学の立場から寄与し、その成果を社会と地域に還元する。

工学研究科の教育研究上の目的

学問や科学技術の深奥を究め、人類の福祉向上及び人と自然が共生できる豊かな社会の構築に貢献でき、幅広い知識を有する、高度専門職業人及び工学研究者を育成し、もって社会からの負託に応える。

工学部の教育方針

日本大学工学部は教育方針を下記のとおり定めます。

1.アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

日本大学工学部は、日本大学の教育理念である「自主創造」の気風に満ち、自主的に考察して判断できる発想力と解決能力を持つ技術者を養成します。さらに、工学部が提唱する「ロハスの工学※」を理解し、調和のとれた持続可能な社会の実現に貢献できる人間性豊かな技術者の育成を目指します。
そのため、工学の各専門分野の知識や技術を修得する意欲を持ち、様々な分野で幅広く、グローバルに活躍することを意識している次のような人材を求めています。

  1. 本学部のカリキュラムを学修する上での基礎となる知識・技能として高等学校等における学習内容を理解している者。
  2. 自ら考え、行動・創造するための思考力・判断力・表現力等の能力を有し、高い倫理観とグローバルな視点を持つ、人間性豊かな技術者になる向上心がある者。
  3. 基本的なコミュニケーション力を有しており、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ意欲がある者。

また、その入学者選抜に当たっては、知識・技能、思考力・判断力・表現力などの能力や、多様な入学者とともに協働して学修する意欲を多面的に評価するために、一般入試・推薦入試・AO入試など、様々な方式により選抜します。

※ロハスの工学:健康で持続可能な社会実現のために、「人の心と身体、地球にやさしい生き方」を支える工学的技術を研究開発すること。また、それを目的とした学問のこと。

2.教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

日本大学工学部は、アドミッション・ポリシーに基づき選抜した入学者に対し、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を達成するために、導入科目にあたる全学共通初年次教育科目を含む「教養科目」、「外国語科目」、工学の基礎となる「自然科学科目」、さらに2年次以降を中心に4年次まで各学科の特徴ある専門科目による教育を展開しています。具体的には、以下の項目にある教育を行うカリキュラムを編成します。
なお、各授業科目の学修方法、学修課程、学修成果の評価方法、評価基準については、シラバスに明示し、学生に周知した上で、公正かつ厳正に評価を行います。

  • 幅広い知識・教養やグローバルな視野を身につける全学共通初年次教育科目を含む教養科目と外国語科目、また心身の健康を維持・管理する能力や他者とのコミュニケーション能力を養う保健・体育科目では、他人と協働し社会に貢献できる人間性豊かな技術者になる素養を身につける教育を行う。中でも全学共通初年次教育科目では、アクティブラーニングも取り入れながら、自ら考え行動できる自主創造力を養うこと、また、工学にかかわる分野の技術と持続可能な社会の実現とのつながりを意識した幅広い専門教育科目への導入を目的とした教育を行う。外国語科目では、将来的にグローバルに活躍しようという意識を育む教育を行う。保健・体育科目では、豊かな人間関係づくりの土台となる心身の健康を育み、また集団での行動が身につけられる教育を行う。
  • 工学の基礎となり専門分野につながる自然科学科目では、専門教育科目の幅広い理解のために、理数系科目を中心に入学前に学んだ基礎知識の再確認に加え、幅広い専門知識の吸収と高度な展開を促すために、その基礎となる自然科学の理解を深める教育を行う。
  • 専門知識・技術を習得するための専門教育科目及び専門共通科目では、持続可能な社会の実現に向けて自ら考え行動し、工学にかかわる分野で社会に貢献できる専門知識・技術を体系的に身に付けられる教育を行う。
  • 各学科の専門以外に設けられた資格に係わる科目では、上述の学士(工学)の学位取得を目指す教育に加え、キャリア養成の一環として、教員免許の取得のための教職課程、臨床工学技士免許の受験資格取得に向けた臨床工学技士課程の教育を行う。

3.卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

日本大学工学部のディプロマ・ポリシーは、「日本大学教育憲章」に従い、「日本大学マインド」及び日本大学の教育理念である「自主創造」を構成する3つの構成要素及びその能力(「自ら学ぶ」、「自ら考える」及び「自ら道をひらく」)を有する者を育成し、工学にかかわる分野で社会に貢献できる人材を輩出するために、以下のように定めます。
アドミッション・ポリシーに基づき入学者を選抜した後、所定の修業年限を満たし、各学科の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」に沿うカリキュラム・ポリシーに基づく教育課程において、規定の在籍期間内で次の各項目を満たした学生に対して、学士(工学)の学位を授与します。

  1. 工学の基礎力に基づいて、自主的に考察し判断できる発想力と解析能力を持ち、他者との協働を通じて課題を解決する能力を有する。
  2. 持続可能な社会の実現のため地球環境の保全や健康的な生活に工学の立場から寄与しようとする意欲と何事にも果敢に挑戦する行動力及び継続的な学習能力を有する。
  3. 各学科の体系的な教育課程において修得できる各専門分野の体系的な工学の基礎力を有する。
  4. 工業技術が社会と環境に及ぼす影響と、多文化や異文化に関する知識や国際社会が直面している問題を理解し、グローバル化する社会の一員として、幅広い教養と高い倫理観をもって解決に導く能力を有する。
  5. 社会性を持つ工学技術者として、常に他者の意見に耳を傾け、自らの意見を相手に伝えることができるコミュニケーション力を有する。
  6. 自己を見つめ、自らの言動を謙虚に振り返り、工学技術者として自己を高めることができる省察力を有する。

工学研究科の教育方針

日本大学大学院工学研究科は教育方針を下記のとおり定めます。

1.アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

博士前期課程:学問や科学技術の深奥を究め、人類の福祉向上及び人と自然が共生できる豊かな社会の構築に貢献でき、幅広い知識を有する、高度専門職業人及び工学研究者を目指す人を求めます。
博士後期課程:学問や科学技術の深奥を究め、人類の福祉向上及び人と自然が共生できる豊かな社会の構築に貢献でき、幅広い知識を有する、高度専門職業人及び工学研究者を目指す人を求めます。

2.教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

日本大学大学院工学研究科は、アドミッション・ポリシーに基づき選抜した入学者に対し、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を達成するために、本学の教育理念である「自主創造」にのっとり、以下によりカリキュラムを編成します。
博士前期課程:広い視野をもち、専攻分野において高度に専門性が求められる職業を担うための能力を培うことを目的として、それに必要な授業科目を①技術者専門科目、②技術者応用科目、③技術者共通科目、④研究関連科目に大別して配置したカリキュラムを編成し、最終的に修士論文を作成します。
博士後期課程:自立して研究活動を行い、専門的な業務に従事するために必要とされる、より高度な研究能力を養うことを目的として、専攻分野における研究課題に取り組んで学位論文を作成するための特別研究を配置したカリキュラムを編成し、最終的に博士論文を作成します。

3.卒業認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

博士前期課程:日本大学大学院工学研究科は、本学の教育理念である「自主創造」にのっとり、本研究科が定めた各専攻の教育課程を修め最終審査に合格した者に修士の学位を授与します。
博士後期課程:日本大学大学院工学研究科は、本学の教育理念「自主創造」にのっとり、その成果を論文としてまとめた「博士論文」について所定の手続きを経た審査に合格した者に博士の学位を授与します。

PAGETOP
Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.