建築学専攻の概要

建築学専攻の概要

環境問題への対応と自然との共生を目指す

04快適な生活空間を創造するためには、建築の生産技術的な知識ばかりでなく、人間同士のコミュニケーションなどの社会科学的な問題や、心地よさとは何かなどの心理的・生理的な問題など、幅広い分野に対して関心を持ち、それらを総合的にまとめあげていく創造力が要求されます。
建築学は、建築に関する学術、技術、そして芸術という多様な領域を包含しています。建築学専攻は、そのような学問的要請に応えるため、学部で学んだ基礎的な知識を掘り下げることはもちろん、人間の生活環境の改善に関する研究、建築の歴史的考察、建物の構造安全、防災や新素材の研究、都市環境に関する研究など、最新の研究設備により社会の進展に対応できるように特色ある教育研究を行っています。さらに、改正建築士法に基づく一級建築士の実務経験要件に対応するインターンシップ制度を導入し、実践教育に力を入れています。

■専任教員の研究分野と研究内容

氏名 研究分野 研究内容
教授
浅里 和茂
鋼構造学 ●鋼構造建物の非線形解析に関する研究
●鋼構造接合部に関する研究
教授
ガン・ブンタラ
応用力学
計算力学
●最前線計算力学に関する研究
●非線形連続体力学に関する研究
●基礎構造の耐震設計に関する研究
教授
鈴木 晃
建築計画 ●Healthy Housingに関する研究
●高齢社会の住宅計画に関する研究
教授
千葉 正裕
構造力学
建築振動学
●建物の近似振動解析法に関する研究
●情報研究棟及びその周辺地盤における地震動観測
●細長い平面形を有する建物の立体振動性状に関する研究
教授
出村 克宣
建築材料学
建築化学
コンクリート工学
●環境調和型建築材料及びシステムの開発
●建築物の耐久性診断法の開発
教授
濱田 幸雄
建築環境工学
応用音響工学
●建物の遮音性能に関する研究
●音楽練習室の音響設計手法に関する研究
●高性能遮音・吸音構造の開発研究
教授
速水 清孝
近代建築史 ●日本近代の都市と建築に関する研究
●建築家を中心とする建築技術者に関する研究
教授
森山 修治
建築設備
建築防災
●病院や住宅の省エネルギーと災害時の生活継続計画の研究
●古民家や歴史的建造物の防災と保護に関する研究
●浜通り地方の津波避難計画に関する研究
特任教授
渡部 和生
建築設計
建築計画
空間デザイン
●空間デザインの実践的研究
●多様な公共空間の設計研究
●現代建築の道程の研究
准教授
浦部 智義
建築計画
空間計画
地域計画
●文化・医療・教育などの施設計画に関する研究
●人の心理・評価と建築的要因の関係性の分析
●地域における施設・建築のあり方に関する研究
准教授
サンジェイ・

パリーク
建築材料学
建築化学
コンクリート工学
●鉄筋コンクリート構造における最新先端建築材料の研究開発
●鉄筋コンクリート構造物における自己修復コンクリートの開発
●建築材料の耐久性・耐力・防火性能評価
准教授
野内 英治
材料力学
連続体力学
●構造物の非線形解析に関する研究
●構造物の極限解析に関する研究

シラバス

PAGETOP

日本大学工学部
〒963-8642 福島県郡山市田村町徳定字中河原1 TEL.024-956-8600

Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.