土木工学専攻の概要

土木工学専攻の概要

環境問題への対応と自然との共生を目指す

高齢化、国際化を迎え、真に豊かな国民生活の基盤を形成するためには、道路や河川・上下水道などの社会資本の整備を進めるとともに、長期的な維持管理をも視野にいれなければなりません。そのためには、土木工学(Civil Engineering)は最も重要な学問です。

土木工学専攻では、地盤・構造・コンクリート系、環境・水工系、計画系などのAdvanced Courseを設けており、それらの基礎理論の習得を基本方針としています。また、今後一層社会的要請が高まる自然環境に関する水質の保全、あるいは、自然災害に関する地すべり、岩盤崩落、水害などの防止対策の問題についても研究しており、各種実験、実例の調査研究を通して、楽しい雰囲気での自由な基礎研究をモットーに、創造性及び人間性豊かな研究者や技術者の養成に努めています。

 

専任教員の研究分野と研究内容

氏名 研究分野 研究内容
教授
岩城 一郎
コンクリート工学 コンクリート構造物の耐久性に関する研究
社会インフラメンテナンス工学
教授
金山 進
海岸工学 波、流れの数理モデルに関する研究
沿岸域、湖沼の水理・水質に関する研究
教授
中村 晋
地震工学
耐震工学
地盤の震動特性に関する研究
地盤・基礎構造物の地震安全性評価法に関する研究
教授
中野 和典
環境生態工学
衛生工学
グリーンインフラ技術に関する研究
汚水・廃棄物処理に関する研究
教授
古河 幸雄
地盤工学 地盤材料の有効利用に関する研究
流動化処理土に関する研究
教授
堀井 雅史
交通計画
交通工学
災害時の道路網復旧計画に関する研究
冬季道路管理システムに関する研究
教授
渡邊 英彦
岩盤工学 岩質材料の破壊挙動とAEに関する研究
岩質材料の劣化特性に関する研究
准教授
朝岡 良浩
水工学
水文・水資源工学
河川流域の洪水・水資源計画に関する研究
気候変動による水環境への影響に関する研究
准教授
子田 康弘
コンクリート工学 コンクリート構造物の補修補強に関する研究
材料劣化したコンクリート構造物の構造性能に関する研究
准教授
仙頭 紀明
地盤工学 土の動力学特性に関する研究
地震時の地盤災害に関する研究
准教授
知野 泰明
土木史 土木思想に関する研究
土木技術史の体系化に関する研究
景観の変遷に関する研究
専任講師
笠野 英行
橋梁工学 鋼トラス橋の格点部の耐荷力に関する研究
鋼橋のリダンダンシーに関する研究
遠赤外線サーモグラフィによる橋梁の非破壊検査手法に関する研究
専任講師
手塚 公裕
水環境工学
水工学
水環境の工学的管理手法に関する研究
水環境の保全を考慮した流域治水に関する研究
PAGETOP

日本大学工学部
〒963-8642 福島県郡山市田村町徳定字中河原1 TEL.024-956-8600

Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.