土木工学専攻の概要

土木工学専攻の概要

環境問題への対応と自然との共生を目指す

高齢化、国際化を迎え、真に豊かな国民生活の基盤を形成するためには、道路や河川・上下水道などの社会資本の整備を進めるとともに、長期的な維持管理をも視野にいれなければなりません。そのためには、土木工学(Civil Engineering)は最も重要な学問です。
 土木工学専攻では、地盤・構造・コンクリート系、環境・水工系、計画系などのAdvanced Courseを設けており、それらの基礎理論の習得を基本方針としています。また、今後一層社会的要請が高まる自然環境に関する水質の保全、あるいは、自然災害に関する地すべり、岩盤崩落、水害などの防止対策の問題についても研究しており、各種実験、実例の調査研究を通して、楽しい雰囲気での自由な基礎研究をモットーに、創造性及び人間性豊かな研究者や技術者の養成に努めています。

 

専任教員の研究分野と研究内容

氏名 研究分野 研究内容
教授
岩城 一郎
コンクリート工学 ●コンクリート構造物の耐久性に関する研究
●社会インフラメンテナンス工学
教授
金山 進
海岸工学 ●波、流れの数理モデルに関する研究
●沿岸域、湖沼の水理・水質に関する研究
教授
仙頭 紀明
地盤工学 ●土の動力学特性に関する研究
●地震時の地盤災害に関する研究
教授
中野 和典
環境生態工学
衛生工学
●グリーンインフラ技術に関する研究
●汚水・廃棄物処理に関する研究
教授
中村 晋
地震工学
耐震工学
●地盤の震動特性に関する研究
●地盤・基礎構造物の地震安全性評価法に関する研究
教授
堀井 雅史
交通計画
交通工学
●災害時の道路網復旧計画に関する研究
●冬季道路管理システムに関する研究
教授
渡邊 英彦
岩盤工学 ●岩質材料の破壊挙動とAEに関する研究
●岩質材料の劣化特性に関する研究
准教授
朝岡 良浩
水工学
水文・水資源工学
●河川流域の洪水・水資源計画に関する研究
●気候変動による水環境への影響に関する研究
准教授
笠野 英行
橋梁工学 ●鋼トラス橋の格点部の耐荷力に関する研究
●鋼橋のリダンダンシーに関する研究
●遠赤外線サーモグラフィによる橋梁の非破壊検査手法に関する研究
准教授
子田 康弘
コンクリート工学 ●コンクリート構造物の補修補強に関する研究
●材料劣化したコンクリート構造物の構造性能に関する研究
准教授
知野 泰明
土木史 ●土木思想に関する研究
●土木技術史の体系化に関する研究
●景観の変遷に関する研究
准教授
手塚 公裕
水環境工学
水工学
●水環境の工学的管理手法に関する研究
●水環境の保全を考慮した流域治水に関する研究
PAGETOP
Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.