機械工学科/電気電子工学科 臨床工学技士課程

日本大学工学部
臨床工学
技士課程

日本大学工学部
臨床工学技士課程

日本大学工学部は2013年4月より、国家資格である「臨床工学技士」の受験資格が得られる臨床工学技士課程を機械工学科及び電気電子工学科に設置します。
臨床工学技士課程の主な履修条件は以下のとおりです。

  1. 機械工学科、電気電子工学科に在籍し、臨床工学技士の資格取得を強く希望する平成25年度以降の入学者。
  2. 臨床工学技士課程科目の履修は、2年次から履修する場合のみ許可します。
  3. 臨床工学技士課程を履修するには、次の条件を満たしていることが必要です。

    ※1年次終了時の修得単位数が40単位以上であること。
    なお、履修許可者数には制限があり、機械工学科及び電気電子工学科合わせて50名程度とします。希望者数が50名を超える場合は、1年次終了時の成績に基づき選抜します。

臨床工学技士(国家資格)とは?

医療現場で、生命維持管理装置を扱うスペシャリスト

「臨床工学技士」とは、人工心肺装置や人工透析装置、人工呼吸器、心臓ペースメーカーといった生命維持管理装置の操作及び保守点検などを行う医療機器のスペシャリストです。 生命維持管理装置は、以前は医師や看護師が扱っていましたが、国家資格として1987年に臨床工学技士資格が制定され、翌年に施行されたことを受け、医師の指示の下に臨床工学技士が操作できるようになりました。また、こうした装置の保守・点検については、医師の指示なく独自に行うことが可能です。

“医師のパートナー”、チーム医療の一員として活躍

医療現場には、レントゲン、CT、MRIなどを扱う診療放射線技師、血液検査や心電図・脳波などの検査を行う臨床検査技師、リハビリテーションを行う理学療法士・作業療法士が働いていますが、人の呼吸、循環、代謝といった生命の維持に直接つながる機能を代行・補助する生命維持管理装置を扱う臨床工学技士は、医師や看護師などとともにチーム医療に携わっています。人命そのものに関わることから、臨床工学技士には医学的知識はもちろん、工学的な知識、技術、経験が必要とされています。また、医師の指示に従って医療機器を操作するとともに、その結果を医師に報告するなど、その使命は重要で“医師のパートナー”的な役割を果たしています。

臨床工学技士の主な業務

  • 慢性の腎不全患者に対する透析治療を行う人工透析装置の操作・点検
  • 手術室における、さまざまな手術用機器の事前管理・点検・操作
  • ICU(集中治療室)における、人工呼吸器・心臓ペースメーカー、除細動器などの操作・点検
  • 高気圧酸素療法のための医療機器の操作・点検
  • 病棟・外来で使用する医療機器の管理業務

臨床工学技士免許 取得までの流れ

高等学校卒業(大学入学資格者)
日本大学工学部臨床工学技士課程

機械工学科・電気電子工学科(4年間)

学科卒業修得単位
(機械工学科126単位・電気電子工学科125単位)
+
臨床工学技士課程科目(29科目)53単位

  • 2年次からのみ履修可能
  • 3年次の学年末には病院において5週間の臨床実習を行い、科目(臨床実習)を修得することが必要です。
臨床工学技士国家試験受験

試験日:3月上旬(予定)/4年次在籍中に受験

合格

合格発表日:3月下旬(予定)

臨床工学技士免許取得
主な進路

各種病院/診療所/医療機器メーカー/専門学校教員 他

進む高齢化、新たな産業の一翼を担う医療機器について熟知した臨床工学技士への社会的ニーズが高まる

今後、わが国の高齢化はさらに進み、これに伴い医療の現場で使用される医療機器は、いっそう高度化・複雑化しようとしています。こうした新たな産業のコアになると考えられる医療分野のなかで、医療機器に関する豊富な知識と技術を備えた臨床工学技士に対する社会的ニーズは、ますます高まっています。

日本には現在、3万人近くの臨床工学技士の資格取得者が存在しますが、その数はまだ十分であるとは言えません。医療現場にとどまらず、医療機器開発の最前線で活躍するなど、将来の進路は大きく開かれています。

このように社会的に期待される臨床工学技士になるためには、定められた単位を取得し、国家試験に合格する必要があります。日本大学工学部では、2013年4月、機械工学科・電気電子工学科に臨床工学技士課程を設置。工学と医学、それぞれの領域の知識・技術を身につけた、優れた臨床工学技士の育成を目指します。

臨床工学技士課程の特色

社会の要請に応え、優れた臨床工学技士の育成を目指す

4年制大学ならではのカリキュラムで、チーム医療に欠かせないコミュニケーション能力を磨く

臨床工学技士は、医師や看護師らと一緒にチーム医療の一員として活躍するとともに、医師をサポートすることも期待されています。それには、高度な技術とコミュニケーション能力が不可欠です。 日本大学工学部では、4年制大学ならではのカリキュラムにより、工学的な知識・技術はもちろん、幅広い教養も身につけます。その上に、日本大学医学部との連携により、医学的な知識・技術も修得することになるため、これらは医療の現場で、大きな自信と強みになるはずです。この質の高い教育こそが、日本大学工学部で臨床工学技士を目指す最大の特色といえるでしょう。

次世代工学技術研究センターで先端医療機器に触れ、実体験から学ぶ

日本大学工学部には、次世代工学技術研究センターという医療現場の施設・設備に匹敵する環境を備えた研究施設があり、医療工学分野において、日本でもトップレベルの研究成果をあげています。「臨床工学技士課程」では教科書で学ぶだけでなく、最先端の医療機器を実際に操作したり、実験などを通じて命を身近に感じる現場を体験することができます。

日本大学医学部と連携し、工学と医学が融合した教育を展開

日本大学は総合大学であり、医学部も設置されています。「臨床工学技士課程」では医学部の全面的なバックアップにより、専任教員が教育に携わります。工学部と医学部が連携し教育を行うのは、全国的に見ても非常に画期的な試みといえるでしょう。 また、次世代工学技術研究センターには医師が所属しているほか、実習などは日本大学医学部及び福島県内の病院の協力を得て実施されます。より実践的で密度の高い教育を展開します。

工学の専門科目を修めるとともに、国家試験にもチャレンジ

「臨床工学技士課程」は、機械工学科と電気電子工学科に設置されます。エンジニアとして各専門科目を修めつつ、医療について学び臨床工学技士の受験資格を取得し、国家試験を目指すことになります。国家試験に合格すれば、医療機関をはじめ、産業界も注目する資格であることから医療機器の開発などへの道が大きく開かれます。 「医療に役立ちたい」「医療機器を開発したい」といった情熱を持って、工学と医学の融合・連携という新しいジャンルに挑戦する学生に期待しています。

臨床工学技士課程を充実した設備や豊富な研究実績でサポートする「次世代工学技術研究センター」

次世代工学技術研究センターは、2002年、工学部キャンパス内に設置され、工学の研究を活かし、医療の現場に役立つ機器や技術の開発を進めています。医用機器や医療診断機器の開発研究では世界トップレベルの研究実績を誇り、家庭で使えるハンディーな乳がんチェッカーや指先をタッチして血圧を測定するための機器など、世界が注目する技術がここから生まれています。 また、わが国初のバイオメディカル工学の研究拠点にもなっており、学術論文発表をはじめ、特許出願、企業への技術移転なども活発に行われています。 センター内には、日本の工学系大学としては初めて、手術室、X線CT室などを設置。超音波診断装置、内視鏡外科手術システム、人工心肺システムといった最新設備も整っています。大学病院の医療現場に匹敵する充実した環境のなかで、先端機器を実際に使用するなど貴重な体験を積み、臨床工学技士を目指すことができます。