大学院支援制度および学費

支援制度

本研究科では、一人ひとりの研究をバックアップするために、さまざまな面から経済的サポートを行っています。

奨学金制度

奨学金は、学業成績・人物共に優秀かつ健康であって、将来学術研究者または高級技術者となる者の養成のため、学費を貸与あるいは給付するものです。

日本大学工学部第1種奨学金は、学業成績・人物が優れ、研究のため奨学金の給付が必要と認められる者に年額60万円を奨学金として給付するもので、大学院在学生及び入学を許可された者(ともに博士前期課程に限る)に出願資格があります。募集は毎年4月に行います。
そのほか、日本大学古田奨学金20万円(年額)、日本大学ロバート・F・ケネディ奨学金20万円(年額)がありますが、いずれも工学研究科分科委員会で推薦されます。

それ以外の奨学金についても、募集等は全てポータルサイトまたは掲示にて連絡しますので、見落としのないように各自注意してください。奨学金関係の事務窓口は学生課です。

日本大学工学部第1種奨学金
種別 給付
金額 年額60万円
対象 大学院生
資格 学業及び人物優秀な者
募集時期 4月
 
日本大学大学院工学研究科特別奨学生
種別 給付
金額 年額40万円
対象 大学院生
資格 学業及び人物優秀な者
平成28年度採用数 4名
 
日本大学古田奨学金
種別 給付
金額 年額20万円
対象 大学院生
資格 本学の発展に寄与された故古田重二良先生の功績を顕彰して設置。学業及び人物優秀な者
募集時期 5月
 
日本大学ロバート・F・ケネディ奨学金
種別 給付
金額 年額20万円
対象 大学院生
資格 故ロバート・F・ケネディ米国司法長官の基金のもとに設置。学業及び人物優秀な者
募集時期 5月
 
日本学生支援機構奨学金第一種奨学金(無利子)
募集時期 毎年4月
貸与月額 博士前期(選択)50,000円、88,000円
博士後期(選択)80,000円、122,000円
平成28年度採用数 44名
 
日本学生支援機構奨学金第二種奨学金(有利子)
募集時期 毎年4月
貸与月額 大学院生5万円、8万円、10万円、13万円、15万円から選択
平成28年度採用数 18名

<各種奨学金の支払について>
奨学金は本人指定の銀行口座に振り込まれます。内容等については、直接学生課へ問い合わせてください。

研究科特別経費(学生分)

博士後期課程の大学院生が、指導教員のもとで実施する優れた研究に使用することを要件に、所要経費として年額60万円が補助されます。

工学部ティーチング・アシスタント(TA)

TAは工学部の実習授業の指導補助業務等にあたり、博士前期課程TAは業務の時間数に応じて一定の金額が、博士後期課程TAは月額50,000円(年額60万円)がそれぞれ支給されます。TAを希望する者は、所定の申請書を各専攻主任に提出してください。詳しくは教務課でお尋ねください。

チューター(学部学生等への学修支援)

チューターチューターは主に工学部1年次生の数学・物理・化学等に係る個別学修支援業務にあたり、年額約200,000円が給付されます。対象は博士前期・後期課程の大学院生です。詳しくは教務課でお尋ねください。

リサーチ・アシスタント(RA)

RAは共同研究プロジェクト等に係る研究補助業務にあたり、時給1,500円の手当を支給いたします。対象は博士後期課程の大学院生です(ただし、日本大学工学部ティーチング・アシスタント、チューター及び臨時職員と重複しないものとする)。詳しくは研究事務課へお尋ねください。

ポスト・ドクトラル・フェロー(PD)

PDは研究プロジェクト等の研究分担者として研究業務にあたり、月額40万円を限度として給付されます。対象は博士の学位を取得した者で、採用初年度の4月1日現在で満35歳未満の者です。詳しくは研究事務課へお尋ねください。

海外派遣奨学生

海外派遣本研究科では「日本大学大学院海外派遣奨学生規程」に基づき、心身共に健全で学業成績優秀な学生を、学術の研究・国際交流のため海外へ派遣しています。海外派遣期間は1年間で、奨学金180万円(年度により若干異なる)を給付します。詳しくは教務課でお尋ねください。

大学院生の学協会での発表に伴う交通費補助

学協会にて学生自身が研究発表を行う場合、学協会等の開催地までの往復交通費(郡山駅を起点とし、公共の交通機関を利用)に対して、年度内1回、2万円を上限に交通費を補助します。

 

学生納付金

(1) 授業料等学生納付金の納入について

納入期限:前学期分4月末日(4月上旬郵送)・後学期分9月末日(9月上旬郵送)

※土・日・祝日の場合は、その前日となります。
※日大iクラブ加入者は、指定の口座から自動引落としになります。

(2) 授業料等学生納付金の分納について

分納希望者は、会計課から「分納許可願」を受けとり、所要事項を記入のうえ、所定の期限までに会計課へ提出してください。

平成30年度工学研究科入学者納入金

◇大学院博士前期課程 (単位:円)

1年次(平成30年度) 入学時 後学期
学外者 学内者
入学金 200,000 0
授業料
350,000
350,000
施設設備資金
150,000
150,000
実験実習料
40,000
40,000
日本大学校友会費
(準会員)
10,000
750,000 550,000 540,000
2年次(平成31年度) 前学期 後学期
授業料 350,000 350,000
施設設備資金 150,000 150,000
実験実習料 40,000 40,000
日本大学校友会費
(準会員)
10,000 10,000
550,000 550,000

◇大学院博士後期課程 (単位:円)

1年次(平成30年度) 入学時 後学期
  学外者 学内者
入学金 200,000 0
授業料
315,000
315,000
施設設備資金
150,000
150,000
実験実習料
40,000
40,000
日本大学校友会費
(準会員)
10,000
715,000 515,000 505,000
2年次(平成31年度) 前学期 後学期
授業料 315,000 315,000
施設設備資金 150,000 150,000
実験実習料 40,000 40,000
日本大学校友会費
(準会員)
10,000
515,000 505,000
3年次(平成32年度) 前学期 後学期
授業料 315,000 315,000
施設設備資金 150,000 150,000
実験実習料 40,000 40,000
日本大学校友会費
(準会員)
10,000 10,000
515,000 515,000

(注)学内者とは本大学を卒業した者、または本大学院を修了した者。
(注)修了見込者のみ、修了年度後学期に正会員会費初年度分を納入。

 

PAGETOP
Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.